【英会話の基本】弱形・強形ってなに?品詞は英語でなんて言うの?

6aa911d455a2c6f56b02d81c11f1ab88_m

こんにちは。Masaです。

前回のブログでは英会話初心者の方へ、英会話上達のコツを紹介しました。
→ 【英会話上達のコツ】初心者がやるべき3つのこと!?

皆さま、その後、英会話学習はいかがお進みでしょうか。

今回は、英会話学習を助ける、『基本』の話をしたいと思います。

ネイティブキャンプTOPバナー

英会話の基本となる要素とは?

さて、英会話の基本となる3つの要素は、

  1. リスニング
  2. 文法・彙力
  3. スピーキング

です。

このリスニング力、文法・語彙力、スピーキングの3つのスキルがバランスよくとれてこそ、円滑なコミュニケーションが可能になります。

こちらの記事ではリスニング、文法・語彙力を上げる勉強法をご紹介しております。是非参照ください。
→ 【英会話上達のコツ】ネイティブキャンプ講師のおすすめ学習法!

聞き取れない部分は弱形!?

ところで、英会話のレッスン中、相手が何を言っているか分からない時、
自分のリスニング力を責めてしまったという方はいませんか?

でも、「実は聞こえないのではなく、言っていない」場合もあるのです!!

例えば、“ of ”。
この単語を皆さんはどう発音しますか?

カタカナで書けば『オブ』ですよね。

でも是非、辞書を引いてみてください。

辞書に最初に載っている発音記号は
<弱> (ə)v, ə;
なんです。カタカナで表せば『ブ』または『ォ』
実は聞こえないのではなく、言っていないのですね。

皆さんご存知の『オブ』という発音は、強形です。

強形・弱形って何 !?

英語には強形と弱形をもつ単語があります。

例えば前例の ”of ” には、

(弱形) (ə)v, ə;  ブ/ ォ

(強形)  άv, ʌv オブ

ネイティブが会話で使うのは弱形です。

これが聞き取れない原因の一つでもあります。

リスニングで聞き取れないと思った時は、弱形を意識して見てください。

辞書で単語を調べるときは是非、その単語が弱形・強形を持つのか、発音はどうなのかもチェックしてみてくださいね。

ネイティブでも聞き取れない時がある!?

実はネイティブでも日常生活で、たまに完全に聞き取れないことがあるそうです。

では、そんな時どのようにしているかというと、自分の「知識」と「経験」で補っています。

つまり、聞き取ることが出来ないということは、単にリスニング力が劣っているのではなく、英会話の文構造や文法が理解できていないという場合もあるんです。

英会話を学ぶ上で、やはり文法は避けては通れないです。

最低限の英文法知識を身に着けることは、英会話の基本となります。

英文法の基本S・V・O・Cとは?

文法と言えば、まずは文構造を思い浮かべますね。

【SV】【SVC】【SVO】【SVOO】【SVOC】

以上は英語の5文型です。

そんなの簡単だ!!という方。

では、上記の『S』とは何でしょうか?

同じく『V』とは?『O』は?『C』は?

『主語』『述語』『目的語』『補語』

と日本語はすぐに出てくるけれど、相当する英語は知らないという方もおられるのでは、ないでしょうか?

  • S(Subject)・・・・・主語
  • V(Verb)・・・・・動詞
  • O(Object)・・・・・目的語
  • C(Complement)・・・・・補語

といいます。

品詞や用語の英語名って意外と知らない人が多いんですよね。

でも、英文法用語を英語で知っておくことは、英会話学習でとても大事な基本なのです!!

文法用語を知る大切さ?

これから留学を考えているという方、ネイティブキャンプで学習されているという方、

是非、文法用語を英語で覚えられることをお勧めします。

なぜかというと、
例えば、こんな問題があったとします!

(例) She is (     ).

  1. (1). beautiful
  2. (2). beauty
  3. (3). beautifully

答えはもちろん、(1)です。

では、その理由を日本語で説明してみましょう。

動詞<be>はSVかSVCを作るため、空欄には補語が入る、冠詞がない(2)、副詞の(3)は不可」

以上のように、文法を説明するにあたって、文法用語を使うことは避けられないのです。

ネイティブキャンプで学習されている皆さんも、わからない文法を講師に質問したけど、上手く伝わらず聞きたいことが聞けなかった等、講師の説明にわからない単語があったという経験はありませんか。

文法用語を覚えれば、分からない部分の質問がしやすくなります。その結果、英会話の理解や上達も早くなります。

基本文法用語一覧!

それでは魔法の言葉、英文法用語を学んでいきましょう。

【品詞】

Subject(主語)

Verb(動詞)

Object(目的語)

Noun(名詞)

Pronoun(名詞)

Adjective(形容詞)

Adverb(副詞)

Conjunction(接続詞)

Preposition(前置詞)

Interjection(感嘆詞)

Articles (冠詞)

【名詞系】

Number(数詞)

Indefinite article(不定冠詞)

Definite article (定冠詞)

Zero article(無冠詞)

Singular noun(名詞の単数形)

Plural noun(名詞の複数形)

Countable noun(可算名詞)

Uncountable noun(不可算名詞)

Possessive pronoun(所有代名詞)

Relative pronoun(関係代名詞)

【動詞系】

Transitive verb (他動詞)

Intransitive verb(自動詞)

Regular verb(規則動詞)

Irregular verb(不規則動詞)

Infinitive(不定詞)

Gerund(動名詞)

Present participle(現在分詞)

Past participle(過去分詞)

1rd person(一人称単数形)

2rd person(二人称単数形)

3rd person singular(三人称単数形)

Base form(動詞の原形)

Auxiliary verb(助動詞)

【比較級と最上級】

Comparative adverb(比較級副詞)

Superlative adverb(最上級副詞)

Comparative adjective(比較級形容詞)

Superlative adjective(最上級形容詞)

【法】

Subjunctive mood(仮定法)

Indicative mood(直接法)

Conditional mood(条件法)

【時制】

Present tense(現在時制)

Past tense(過去時制)

Future tense(未来時制)

Present simple (現在形)

Present continuous(現在進行形)

Present perfect(現在完了形)

Present perfect continuous(現在完了進行形)

Future simple(未来形)

Future continuous(未来進行形)

Future perfect (未来完了形)

Future perfect continuous(未来完了進行形)

Past simple(過去形)

Past continuous(過去進行形)

Past perfect(過去完了)

Past perfect continuous(過去完了進行形)

【発音】

Pronunciation(発音)

Vowel(母音)

Consonant(子音)

【その他】

Positive sentence(肯定文)

Negative sentence(否定文)

いかがでしたでしょうか?

一度に覚えるのは難しいかもしれませんが、一度目を通すだけでも、きっと
効果がありますよ。

英語の基本を学ぶことは、今後の英会話上達への近道となりますので、是非覚えてみてください!

ネイティブキャンプのレッスンで、わからないセンテンスがあれば、上記を片手に、文法用語を使って納得いくまで質問してみてください。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.