「夢中になる」の5つの英語表現をスラングと一緒にご紹介!

absorbed、オンライン英会話、ネイティブキャンプ

時間を忘れるほど何かに夢中になったり、ハマっている状態を表す英語表現は、スラングを含めていろいろあります。

今回は数ある「夢中になる」という表現の中から厳選し、日常会話や海外テレビドラマ、映画などでよく使われている「absorbed」「into」「crazy about」の3つと、ネイティブスピーカーもよく使っているスラング表現の「addicted to」「hooked on」の2つ、合わせて5つをご紹介します。

いずれも、使い方を覚えるととても便利な単語・フレーズばかりです。それでは実際にどのような言い方があるのか、例文と一緒に以下に解説していきましょう。

absorbed

動詞「absorb」の本来の意味は「〜を吸収する」「〜を取り込む」です。

「absorb」の派生形の形容詞である「absorbed」は、「be absorbed in〜」の形で「〜に夢中になる」という意味で使われます。「没頭している」「熱中している」「ふけっている」などと翻訳されることもあります。

今回ご紹介している中では、比較的フォーマルで文語的な表現です。

We were absorbed in the video game when the doorbell rang.
ドアベルが鳴ったとき、私たちはゲームに夢中になっていた。
He was so absorbed in her that he forgot to meet with the client.
彼は彼女に夢中になりすぎて、クライアントと会うのを忘れた。
Tim was completely absorbed in the book.
ティムはその本にすっかり夢中だった。
That was a very good trip. I was totally absorbed in Okinawa.
とてもいい旅でした。私はすっかり沖縄に夢中になりました。

また、前置詞「in」の代わりに「with」や「by」が用いられることもあります。

He is absorbed with his own thoughts.
彼は自分の考えに夢中になっている。

into~

前置詞「into」の基本的な意味は「〜の中へ」ですが、「〜に夢中で」「〜にはまって」「〜にのめりこんで」という意味でも大変よく使われます。

「〜が大好きで」と訳されることもあります。「be into」あるいは「get into」の形で使われるのが普通です。

My friend took me to the concert. Since then, I've been into rap music.
友だちがコンサートに連れて行ってくれました。それ以来、私はラップミュージックに夢中です。
I’m into swimming. I'm going to compete in the swimming tournament next year.
私は泳ぐことに夢中です。私は来年その水泳大会に出場する予定です。
She really gets into video games. She often stays up all night playing them.
彼女は特にビデオゲームに夢中です。彼女はよく徹夜でゲームをプレーしています。
Her dream is to become an English teacher. She gets into studying English.
彼女の夢は英語の先生になることです。彼女は英語の勉強にのめり込んでいます。

crazy about~

日常会話などで、「夢中になる」という意味でよく使われているのがこの表現です。

「crazy」は元々「正気でない」「頭がおかしい」などの意味ですが、前置詞の「about」をつけて「be crazy about 〜」で、「〜に夢中になっている」「〜に熱中している」という意味になります。

I'm crazy about you. Will you be my boyfriend?
私はあなたに夢中です。付き合ってくれますか?
George was crazy about Nancy. Now they broke up.
ジョージはナンシーに夢中だった。今は別れちゃったけどね。
He goes cafe hopping every Sunday. He is crazy about coffee.
彼は毎週日曜日にカフェ巡りをしているんだ。彼はコーヒーに目がないんだよ。

よく使われるのは「crazy about」ですが、「about」の代わりに「for」「over」が用いられることもあります。また、be動詞の代わりに「go」が使われることもよくあります。

I am crazy about camping alone. Finally I bought a new camper van.
私はソロキャンにはまっています。ついに新しいキャンピングカーを買いました。
She went crazy for him. That’s why she suspected her husband was being unfaithful.
彼女は彼に夢中だった。だからこそ彼の浮気を疑ったんだよ。
She has been crazy over working out since last year.
彼女は昨年からワークアウトに熱中しています。
He goes crazy over that idol. He follows her around everywhere!
彼はそのアイドルに夢中です。彼は彼女のおっかけです。

他の単語と「crazy」をハイフン(-)でつないで、「〜狂の」という意味の複合語を作ることもできます。

He is baseball-crazy.
彼は野球狂だ。

「夢中である」ではなく、「夢中にさせる」と表現したい場合は「make」や「drive」を「crazy」と組み合わせて表すことができます。併せて覚えておくといいでしょう。

You are so sweet. You make me crazy.
なんて優しい人なんでしょう。あなたは私を夢中にさせるわ。
You drive me crazy.
あなたは私を夢中にさせる。
This chess game drives me crazy.
このチェスの試合は私を夢中にさせる。

addicted to~

「addict」は本来、名詞だと「(麻薬などの)中毒者」「常用者」、動詞だと「〜中毒で」「〜を常用して」などという意味です。

これがスラングとして使われると、「be addicted to〜」で、「(趣味や娯楽などに対して)夢中になる」という意味になります。「熱狂的で」「 病みつきで」などと訳される場合もあります。

スラング表現だからといってそんなに警戒する必要はありません。この「addicted to」と次に紹介する「hooked on」は、親しい仲間うちではよく使われるカジュアルなフレーズです。あえてスラング風に日本語に訳すなら、「ハマる」といった感じでしょうか。

He is addicted to her.
彼は、彼女の虜になっている。
I didn’t like the computer but now I am addicted to it.
私はコンピュータは好きではありませんでしたが、今ではハマっています。
She is addicted to TV home shopping.
彼女はテレビショッピングに夢中です。
Sorry, I didn't see you because I was addicted to looking at my smartphone.
ごめんなさい、気づかなかったわ。スマホに夢中になっていたから。
I have become addicted to math after growing up.
大人になってから数学に夢中になった。

hooked on~

今回ご紹介するもう一つのスラング表現「be hooked on」も、「〜に夢中になる」という意味です。

これも日本語にすると「ハマる」という言い方がしっくりくる時もあります。

そもそも「hook」は、動詞だと「〜をひっかける」「〜をホックで留める」などの、名詞だと「かぎ」「フック」などの意味です。ここから連想して「ハマる」「夢中になる」というニュアンスになるのも納得できるかと思います。

I’m hooked on you.
あなたに夢中です。
I am hooked!
ハマってしまった!
He has changed. He is hooked on big money and fame.
彼は変わってしまった。彼は大金や名声のとりこになってしまった。
I am absolutely hooked on fishing.
私はすっかり釣りに夢中です。
Wow! What a beautiful song! I'm gonna get hooked on this melody.
ワオ! なんて素敵な曲なんでしょう! 私、このメロディにハマりそう
I hated green peppers when I was a kid. But now I'm actually hooked on them.
子どもの頃はピーマンが嫌いでした。でも今はすっかり病みつきです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「夢中になる」という意味の英語フレーズの中から厳選した「absorbed」「into」「crazy about」「addicted to」「hooked on」の使い方を例文とともにご紹介しました。

「夢中になる」というフレーズは日常会話の中でもよく登場します。ワンパターンにならないよう、いろいろと使い分けてみるのも面白いのではないでしょうか。

そして自由に使えるようにするためには、まずは何度も例文を音読・暗唱して、自然に口から出るようになるまで練習を重ねてみてください。

そしてオンライン英会話を利用してどんどんアウトプットし、しっかり自分のものにしていきましょう。

nativecamp.net

nativecamp.net