韓国語の「5W1H」を学んで会話の幅を広げよう!

Korean

韓国語で会話をしていても、一方的に言いたいことを伝えるだけだったり、相づちを打って聞いているだけになってしまっていませんか?

なんで?どうして?など、気になったことを質問することで会話は広がり、お互いのことを深く知り相手との距離を縮めることができます。

今回はこの疑問文を作る基本となる韓国語の5W1Hについて、詳しく説明していきたいと思います。

5W1Hとは?

中学英語で登場した「5W1H」を、ここでもう一度おさらいしておきましょう。

・いつ(When)

・どこで(Where)

・誰が(Who)

・何を(What)

・なぜ(Why)

・どのように(How)

情報伝達に必要な6つの要素の頭文字をとって「5W1H」と言います。

韓国語ではこの5W1Hを육하원칙/六何原則(ユカウォンチク)と呼びます。

韓国語の5W1H一覧表

ハングル 読み
いつ (When) 언제 オンジェ
どこで (Where) 어디서 オディソ
誰が (Who) 누가 ヌガ
何を (What) 무엇을 ムォスル
なぜ (Why) ウェ
どのように (How) 어떻게 オットッケ

日本語と韓国語の5W1Hと語順

5W1Hを詳しく見ていく前に、まずここで、5W1Hと文章作成の語順について触れておきます。

英語の文型では、5W1Hは疑問文の先頭にくるのが基本でしたね。

一方日本語では、

「いつご飯食べた?」

「ご飯いつ食べた?」

この様に「いつ」が先頭でも文中でも、どちらも文法上正しい文章になります。

そして、韓国語も日本語同様、語順が前後しても大丈夫な言語なんです。

上記の例文を韓国語に変えると

「언제 밥 먹었어?(オンジェ パプ モゴッソ?)」

「밥 언제 먹었어?(パプ オンジェ モゴッソ?)」

となり、どちらも違和感のない文章になります。

このように、日本語の語順をそのまま当てはめて文を構成することが可能だという事を覚えておけば、言い回しのパターンを増やすことができ、よりネイティブに近づくことができます。

語順について頭に入れたところで、以下の章では、それぞれの応用形と役立つフレーズなどをご紹介していきます。

いつ(언제)

「何月何日に?」「何時に?」という聞き方もできますが、それらをすべてひっくるめて一言で簡潔に言い表せるのが「いつ?」という尋ね方。

「いつ」は約束する時など日常会話で必須の単語ですので、応用形とともに様々な会話のパターンを頭に入れておきましょう。

例)

「생일이 언제예요?(センイリ オンジェエヨ)」

「誕生日はいつですか?」

例)

「언제 만날까?(オンジェ マンナㇽッカ?)」

「いつ会おうか?」

いつから(언제부터)

「~から」は「~부터(ブト)」をつけて表現する事ができます。

例)

「언제부터 방학이에요?(オンジェブト パンハキエヨ?)」

「いつから休みですか?」

学校の休みは「방학(パンハク)」、会社の休みは「휴가(フュガ)」と使い分けます。

いつまで(언제까지)

「~まで」は「~까지(カジ)」をつけて表現する事ができます。

例)

「휴가는 언제까지예요?(フュガヌン オンジェカジエヨ?)」

「休暇はいつまでですか?」

このような「いつまで」の意の他に、期限を表す「いつまでに」の意味で使う事もできます。

例)

「서류는 언제까지 제출하면 돼요?(ソリュヌン オンジェカジ チェチュルハミョン テヨ?)」

「書類はいつまでに提出すればいいですか?」

いつ頃(언제쯤)

「~頃・くらい」を表す「~쯤(チュム)」を使って表現する事ができます。

例)

「언제쯤 일본에 놀러 와요?(オンジェッチュム イルボネ ノルロ ワヨ?)」

「いつ頃日本に遊びに来ますか?」

どこで(어디서)

「どこ」を表す「어디(オディ)」に、場所を表す「~で」を表す「~에서(エソ)」つけた「어디에서(オディエソ)」。

この「어디에서」を縮約したものが「어디서(オディソ)」になります。

どちらも「どこで」を表しますが、「어디에서」は文章でよく使われ、口語では「어디서」がよく使われます。

例)

「고향이 어디예요?(コヒャンイ オディエヨ?)」

「故郷はどこですか?」

「이거 어디서 샀어요?(イゴ オディソ サッソヨ?)」

「これどこで買いましたか?」

どこから(어디서)

「どこから」は「どこで」と同じ「어디에서」「어디서」で表現できます。

例)

「일본 어디서 왔어요?(イルボン オディソ ワッソヨ?)」

「日本のどこから来ましたか?」

どこまで(어디까지)

「~まで」は「~까지(カジ)」をつけて表現する事ができます。

例)

「어디까지 갈거예요?(オディカジ カルコエヨ?)」

「どこまで行くつもりですか?」

どこへ・どこに(어디로・어디에)

日本語で動きの方向を表す言い方が「どこへ」と「どこに」と2つあるように、韓国語にも「어디로(オディロ)」と「어디에(オディエ)」の2つが存在します。

どちらを使っても問題ありません。

例)

「여름휴가 때 어디로 갈까?(ヨルㇺフュガッテ オディロ カルッカ?)」

「夏休みどこへ行く?」

だれが(누가)

「誰」を表す韓国語は「누구(ヌグ)」です。

この「누구」に「~が」を表す「~가」をつけて、「누구가」。それを縮約したものが「누가(ヌガ)」です。

原形である「누구가」は使われず、縮約形の「누가」だけを使用します。

例)

「아까 같이 있던 사람 누구예요?(アッカカチイットン サラㇺ ヌグエヨ?)」

「さっき一緒にいた人誰ですか?」

「누가 그랬어요?(ヌガ クレッソヨ?)」

「誰がそう言ったんですか?」

誰に(누구에게・누구한테)

「誰に」は「누구에게(ヌグエゲ)」「누구한테(ヌグハンテ)」の2つがあり、「한테」の方がやや口語的です。

例)

「누구한테 주려고 산거예요?(ヌグハンテ チュリョゴ サンコエヨ?)」

「誰にあげようと買ったものですか?」

誰と(누구랑)

韓国語には「~と」を表す助詞が、「~와(ワ)/과(カ)」「~하고(ハゴ)」「~랑(ラン)」の3種類あります。

「誰と」と尋ねる時に、日常会話で一番よく使われるのは「누구랑(ヌグラン)」になります。

例)

「누구랑 갈거예요?(ヌグラン カルコエヨ?)」

「誰と行くつもりですか?」

何を(무엇을)

「何」を表す「무엇(ㇺウォ)」に助詞 「~を/~을」をつけて「무엇을(ㇺウォスル)」となります。

筆記試験であれば「무엇을」と書くのが正解ですが、口語では縮約されて以下の様に変化します。

「무엇」→「뭐(ㇺウォ)」

「무엇을」→「뭘(ㇺウォル)」

例)

「꿈은 뭐예요?(クムン ムォエヨ?)」

「夢は何ですか?」

「뭘 가져가면 돼요?(ㇺウォル カジョガミョン テヨ?)」

「何を持って行けばいいですか?」

何で(뭘로)

「なぜ」というニュアンスではなく、「何で」になります。

「무엇으로」が縮約されて「뭘로(ㇺウォルロ)」となります。

例)

「양념은 뭘로 만들었어요?(ヤンニョムン ㇺウォルロ マンドゥルオッソヨ?)」

「ソースは何で作りましたか?」

何に(뭘로)

何でと同じ「뭘로(ㇺウォルロ)」で表現することが出来ます。

注文を取りに来た店員さんがよく使うフレーズです。

例)

「뭘로 하시겠습니까?(ㇺウォルロ ハシゲッスムニカ?)」

「何になさいますか?」

なぜ(왜)

「なぜ・なんで・どうして」と理由を問う時は「왜(ウェ)」と言います。

友達同士や年下相手になら、「왜?」の一句だけで会話になってしまいます。

年上相手や丁寧に言う時には「요」をつけて「왜요?(ウェヨ?)」と言えば「なんでですか?」の意になります。

例)

「왜 그렇게 생각하는거예요?(ウェ クロッケ センガクハヌンコエヨ?)」

「なんでそう思うんですか?」

どのように(어떻게)

「どうだ」を意味する形容詞「어떻다」の副詞形「어떻게(オットッケ)」が「どのように」になります。

例)

「그래서 어떻게 됐어요?(クレソ オットッケ テッソヨ?)」

「それでどうなりましたか?」

ここで、同じ発音のもうひとつの「オットッケ」についても触れておきます。

「どうする」を意味する「어떡하게 하다」を略した「어떡해(オットッケ)」。

こちらは「どうしよう」という意味で使われます。

例)

「오늘도 안 왔으면 어떡해…(オヌルド アン ワッスミョン オットッケ…)」

「今日も来なかったらどうしよう…」

発音が全く同じでハングルも似ているため、韓国人でもあやふやで違いを説明できない人も多い「어떻게」と「어떡해」。

外国人がきちんと使い分けていたらちょっとかっこいいかも知れません。


ここで少し余談!

下記記事では、韓国の「祝日と記念日」についてご紹介しています!これも知っておくと韓国の方と話がスムーズにできるので、ぜひ参考にしてください♪♪

nativecamp.net


5W1H以外の疑問詞

最後に、5W1H以外でも疑問形を作るのに知っておくと役立つ単語をいくつか取り上げてご紹介します。

どんな(어떤・무슨)

どちらも名詞の前に置いて使います。

特定の人や物の特徴・状態・性格などを尋ねるときは「어떤(オットン)」

不特定の物や対象についておおまかな種類などを尋ねるときは「무슨(ムスン)」を使います。

例)

「그사람 어떤 사람이에요?(クサラム オットン サラミエヨ?)」

「その人どんな人ですか?」

「무슨 일이 있었어요?(ムスン イリ イッソッソヨ?)」

「何かあったんですか?」

どのくらい(얼마나・어느 정도)

「얼마나(オㇽマナ)」は「どのくらい・どんだけ」、「어느정도(オヌチョンド)」は「どの程度」で、おおまかな時間や量を尋ねるときに使います。

例)

「여기까지 얼마나 걸렸어요?(ヨギカジ オㇽマナ コリョッソヨ?)」

「ここまでどれくらい掛かりましたか?」

「일본어를 어느 정도 해요?(イルボノルル オヌ チョンド ヘヨ?)」

「日本語はどの程度できますか?」

いくつ(몇)

後ろにものの単位を付けて「いくつ/몇 개(ミョッケ)」「何時間/몇 시간(ミョッシガン)」のように使います。

例)

「여동생이 몇 살이에요?(ヨドンセニ ミョッサリエヨ?)」

「妹さんは何歳ですか?」

ただし、「何日」のみは「몇 일」ではなく「며칠(ミョッチル)」と変化するので気を付けて下さい。


ここでまた少し余談!

下記記事では韓国語で「時間」にまつわる表現をご紹介しています!かなり使える表現なので、ぜひ一緒に覚えていきましょう♪♪

nativecamp.net


おわりに

質問することは相手との会話に興味があるという意思表示をする事。

質問された相手も悪い気はしませんし、ただ聞いている人と話すよりも会話は盛り上がること間違いありません。

記事を参考に、疑問文を構成するのに必要不可欠な5W1Hをマスターして、韓国語で質問上手を目指しましょう♪