「must」と「have to」の違い!使い分け方を徹底解説!

Must

「must」と「have to」の意味を、どちらも「~しなければならない」と習った人も多いでしょう。

確かに和訳すると、どちらも「~しなければならない」となる場合が多いです。

しかし実は、この2つの表現には明らかなニュアンスの違いがあるのです。

そこで今回は、「must」と「have to」の違いをご説明していきます。

どちらも日常英会話で頻繁に出てくる表現ですから、これを参考に、この2つの単語を使い分けられるようになりましょう!

「must」の基本的な意味

「must」は、「~しなければならない」という義務と、「~に違いない」という推量を表すはたらきがある助動詞です。

また、「must not」と否定形にすると禁止の意味を持ちます。

例文で見てみましょう。

義務:

I must sleep early tonight.

(今夜、私は早く寝なければならない。)

禁止:

You mustn’t tell anyone about this.

(これについては、誰にも言ってはいけないよ。)

※「must not」を略すと「mustn’t」となる

推量:

You didn’t sleep all night? You must be tired!

(一晩中寝てないって?疲れてるだろう!)

※疲れているに違いないというニュアンスが含まれます。

このうち、推量の「must」は「have to」とは間違えることはないので、今回はそういう表現があるという程度にとどめておいてください。

ちなみに推量の意味の「must」は他の推量を表す助動詞よりも、意味合いが強いです。

この中で一番「have to」と混同しやすいのは、義務の「must」でしょう。

今回は主に義務の「must」にスポットライトを当てていきます。

「must」に隠れたニュアンス

義務の「must」は、他の「~しなければならない」という意味になる表現の中で、一番強い意味だと言われます。

それは、「must」は話し手自身の主観的考えで「~しなければならない」と言っているからです。

たとえば上記の例文「I must sleep early tonight.」の場合、話し手が自分に対して「今日は早く寝なきゃ!」と言い聞かせているような形になります。

その主語を変えて 「You must sleep early tonight.」 と言った場合、話し手が「あなた」に対して 「あなたの状況や意見はともかく、私はあなたが早く寝るべきと思うから、早く寝なさい!」 と言っているようなニュアンスになります。

そのため、強制力が強く感じ、あまり他人に対して義務の意味の「must」を使った表現をすることは好まれません。

「must」の否定形である「must not (mustn’t)」は、義務の「must」をそのまま否定にした形です。

こちらも強制力が強い表現ですが、こちらの場合、強制力を弱めたい場合は「shouldn’t」などを使うため、「have to」と混同することはないでしょう。

「have to」の基本的な意味

では、「have to」はどんな意味かというと、こちらも「~しなければならない」となります。

こちらもまずは、肯定文と否定文で例文をみてみましょう。

肯定文:

You have to speak in English in the meeting. All the attendees are from the UK.

(会議中、あなたは英語で話さなければならない。全ての参加者はイギリス出身です。)

否定文:

You don’t have to speak in English in the meeting. I’ll be there to help you.

(会議中、あなたは英語を話さなくても良いです。私はそこであなたを助けます。)

「have to」を使ったフレーズの否定文は、肯定文を否定したものです。

しかし、「must not」と「not have to」は明らかに意味合いが異なります。

そこに着目すると、「must」と「have to」の違いが見えてくるのです。

「have to」に隠れたニュアンス

「have to」は確かに「しなければならない」という意味ですが、強制の意味はあまりありません。

その場の状況や背景から、話し手が「こういう状況だから、そうするしかない」というような気持ちで「しなければならない」と言っているのです。

「must」とは違い、主観的ではなく客観的なイメージです。

上の例文の肯定文の方を見てみましょう。

これは、会議の参加者がイギリス人オンリーなため、英語で話さなければ通じないので「You have to speak in English.」なわけです。

そして否定文の方は、その「会議の参加者がイギリス人オンリー」という条件が「私」が参加することで解消されました。

そのため 「英語を話さなければならない。」 という状況自体がなくなるので 「You don’t have to speak in English.(英語を話さなくても良い)」 となるわけです。

これが理解できたら、もう一度「must」の意味について参照してみてください。きっと納得できるはずです。


ここで少し余談!

皆さん便利なフレーズ「in case」の使い方ご存知ですか?下記記事でご紹介しているのでぜひ参考にしてみて下さい♪♪

nativecamp.net


「must」と「have to」の違いと使い分け方

ここで、ここまでの内容をまとめてみましょう。

つまり、「must」と「have to」の違いを一言で表すと、下記のような感じです。

「must」=主観な判断で話者が「そうするべきだ」と思っている

「have to」=状況や背景から判断し、話者が「そうせざるを得ない」と思っている

こうして見ると、この2つの違いがよくわかるのではないでしょうか。とは言え、言葉だけで理解するのは難しいでしょう。

ここからは、いくつかの例文で「must」と「have to」を見比べてみましょう。比べてみると、2つの違いが感じ取れるようになるはずです。

例文で見比べてみよう!「must」と「have to」

(1)

must:

You must study harder! Or I will not buy you anything anymore!

(もっと勉強しなさい!じゃないと、もう何も買ってあげないよ!)

have to:

You have to study harder. The exam is next week.

(もっと勉強しないと。テストは来週だよ。)

こちらのフレーズでは、「must」の方は、親が子に対して勉強しろと命令しているようなニュアンスです。

対して「have to」は、来週テストがあるから勉強するべき・した方が良いと思っていることを、少し強めに伝えるような感じです。

(2)

must:

I must clean my room today. It’s really messy!

(今日は部屋の掃除をしなくちゃ。本当に散らかってるの!)

have to:

I have to clean my room today. My friend is staying over tonight.

(今日は部屋の掃除をしないといけないんだ。友達が泊まりにくるから。)

こちらのフレーズだと、ちょっと難しいかもしれませんが、「must」は特に理由はない・もしくは自分のために「今日こそは掃除をする!」という宣言をしています。

一方、「have to」は友達が泊まりにくるという事実があるために、掃除しなければならない状況だということを表しています。

なんとなくわかってきたでしょうか?

過去形はどうなる?

ここまで、すべて現在形で説明をしてきたので、過去形だとどうなるのか疑問に思っている人もいるでしょう。

「must」を使った文章も「have to」を使った文章も、過去形だと「had to」を使って表します。なぜなら「must」には現在形しか存在しないからです。

つまり I must sleep early tonight.(今夜は早く寝ないといけない。) を過去形にすると I had to sleep early last night.(昨夜早く寝ないといけなかった。) となります。

ただ厳密に言うと「must」と「have to」にはニュアンスの違いがあるので、「must」を過去形にしたい時、なんでもかんでも「had to」と言えば良いわけでもありません。

実際の会話だと、昨日「I must sleep early tonight.」と思っていて実際に早く寝たのなら I slept early last night.(昨夜早く寝ました。)
I told myself that I must sleep early.(私は自分に「早く寝なさい」と言い聞かせました。)
でしょう。

英語では時制を合わせるというルールがありますが、「must」は過去形がないので例外なんです。

しかし過去形については、あまりあれこれ考えると混乱してしまうので、ひとまずは「must」を過去形にしたい場合は「had to」と思って大丈夫です。

「must」の感覚がしっかり身につけば、過去形にする時に「had to」以外の表現をしたくなることも出てくるでしょう。


ここでまた少し余談!

下記記事では、これもまた便利なフレーズ「kind of」の使い方をご紹介しています!どんどん使えるフレーズを増やしていきましょう♪♪

nativecamp.net


まとめ

中学英語では、ほぼ同じ意味だと習うこともある「must」と「have to」ですが、実はそのニュアンスにはちゃんと違いがあるんですね。

特に「must」は強制力が強いため、使いどころには気をつけたいもの。

使い分けられる自信がないうちは、他人に対しては「have to」や、もう少し柔らかい表現になる「should(助言・提案)」を使うことをおすすめします。

Copyright © オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.