自動販売機を英語で説明してみよう!

自動販売機を英語で、イラスト

日本国内にはいたるところに様々な商品の自動販売機が設置されています。

自動販売機は私たちにとってなくてはならないインフラとしての役割を果たしています。いつも使っている近所の自動販売機がもしもある日なくなったら、とても不便に感じるでしょう。

自動販売機の優れている点は、24時間営業であるということです。

例えば、夜中に必要なものが出てきた時に、もちろんコンビニエンスストアという手もありますが、自動販売機のほうが近くにある、という人も中にはいるでしょう。

また、24時間全自動で営業してくれるので、販売機のオーナーも人件費をかけることなく稼げる人気のビジネスです。

今回はそんな自動販売機についてご紹介します!

なぜ日本には自動販売機がたくさんあるのか

日本は、全国でおよそ500万台もの数の自動販売機が設置されている「自販機大国」です。

日本でそこまで自動販売機が普及する理由として、 「治安が良い」
「自動販売機の横にゴミ箱が置いてある」
「日本人は忙しい」
「人口密度の高さ」
「テクノロジーの進化」
などが挙げられています。

自動販売機と聞いて一番に思いつく商品は「飲料」という方が多いと思いますが、飲み物以外にも、かなり幅広いジャンルのものが販売されています。「こんなものも自動販売機で買えるの?」と驚いたことがある人もいるでしょう。

また、日本に訪れる外国人観光客も、自動販売機の多さにびっくりする人が多いようです。

中には、日本に滞在中に自動販売機を利用することを楽しみに来日する人もいます。

それくらい日本は自動販売機で有名な国です。

そのため、英語で自動販売機について色々と説明できるに越したことはありません。利用方法を英語で説明できるようになっておけば、街中で利用方法がわからず困っている外国人を助けることもできます。

ここからは、日本と海外の自販機事情から、英会話で役立つ自動販売機に関する例文などをご紹介したいと思います!

日本と海外の自動販売機の違い

日本のみならず、海外にも自動販売機はたくさん存在します。海外旅行に行った時に、姿形は違えど、自動販売機らしきものを見たことがある人もいるでしょう。

ここではまず、日本と海外の自動販売機を比較していきます。

日本と海外の自動販売機の違いとしてまず挙げられるのが、外に設置されている自動販売機の台数です。

日本には路上の至るところにある自動販売機も、他の国ではあまり見かけません。海外では、自動販売機が設置されている場所は学校やショッピングモール、駅の中などが多く、路上にたくさん設置されているような国は稀です。

これはやはり、前述したような日本の治安の良さがあってのことだと思います。自動販売機が路上に置かれているということは、いつ何時でも盗難や破壊といった危険性があるように思われますが、日本ではそのようなことはあまり起きません。
(もちろん、自動販売機荒らしが全く起きていないかというとそうではありませんが。)

また、日本の自動販売機にあって海外のものにない違いとして、日本では温かい飲み物と冷たい飲み物が同じ自動販売機で購入できるところです。海外では、温かいものだけ、もしくは冷たいものだけ、のように、それぞれ別の自動販売機で売っているのが通常です。

決済方法にも多少の違いがあります。日本では現金や電子マネーでの決済になりますが、アメリカの自動販売機だと、現金、電子マネー、さらにクレジットカードとデビットカードでも支払いが可能です。

スマホアプリと自動販売機が連携する時代

近年日本では、スマホの電子マネー決済機能はもちろんのこと、技術の進歩により、自動販売機とスマホアプリとの連携も行われ始めています。

例えばコカコーラ社の「Coke On」というアプリを対応自販機で使うことで、ドリンクを購入するごとにスタンプをもらえることができます。スタンプが15個たまると、好きな製品と交換できるドリンクチケットが1枚もらえるシステムになっています。

Coke Onでは様々なキャンペーンが開催されていて、キャンペーンに参加することによって2倍のスタンプがもらえたり、2020年東京オリンピックの聖火ランナーに応募できたりします。

さらに、アプリ内の「Coke Onウォーク」で歩数目標を設定すると、1週間の歩いた歩数目標を達成するたびにスタンプがもらえるというシステムもあります。

なお、現在Coke Onは1500万ダウンロード突破をしています。

スマートフォンアプリを使うのが当たり前の社会になりつつある今、そして自動販売機があるのが当たり前の社会である日本では、これからますますこのようなアプリやユーザーが増えていくでしょう。

日本の自動販売機で買える珍しいもの

日本には、「え、こんなものまで自動販売機で売られてるの?」と思うようなものがたくさん販売されています。ここではそのような、海外から見たら珍しい自動販売機の商品の一部をご紹介します。

・シャンプー
・おもちゃ
・印鑑
・洗車用品
・アイドルグッズ
・乾電池
・カップヌードル
・果物
・日本酒
・タバコ
・おみくじ
・本
・魚の餌
・カバン
・様々な食品

などなど、挙げていくとキリがないくらい幅広い種類のものが日本の自動販売機で売られています。自動販売機だけで生活ができてしまうくらいです。

自動販売機に関する英語を学ぼう

ここでは、自動販売機の使い方がわからない外国人に英語で説明できる例文と、日本の自動販売機の特徴を英語で話すための例文をご紹介します!

自動販売機は英語で何て言う?

基本的に、自動販売機は英語で「vending machine」と言います。

ですが、売っている中身によってはvending machineと呼ばずに、 「soda machine」
「coke machine」
「coffee machine」
といった呼び方をすることもあります。

動詞で「vend」という単語があり、「売る」「販売する」といった意味があります。また、関連して「行商人」という意味の「vendor」という英単語もあるので、ついでに覚えておきましょう。

自動販売機の使い方を説明してみよう

自動販売機の使い方を説明するのはとても簡単です。フレーズを短くし、1つずつ説明していけばとてもわかりやすくなるので、ぜひ以下の文章を参考にしてみてください。

Choose your drink first.
(まずドリンクを選んでください。)

Insert your money.
(お金を投入してください。)

Most vending machines cannot accept 5,000 or 10,000 yen bills.
(ほとんどの自動販売機では5,000円札や10,000円札を使えません。)

Payment on vending machines can be made using the IC card for the trains and buses, such as Suica and Pasmo.
(SuicaやPasmoのようなバスや電車用のICカードで自動販売機の支払いが可能です。)

Press the button right under the drink you want to purchase.
(購入したいドリンクの直下にあるボタンを押してください。)

Touch the drink you want on the panel.
(パネル上で欲しいドリンクをタッチしてください。)

The button will be red if the item is sold out.
(売り切れの場合はボタンが赤くなります。)

Your drink drops down to the compartment at the bottom.
(下部の扉付きの小部屋にドリンクが落とされます。)

Change will automatically come out.
(お釣りは自動で出てきます。)

<ボキャブラリー>
insert 挿入する
purchase 購入する
sold out 売り切れている
compartment (扉のついた)小部屋
change お釣り
automatically 自動的に
come out 出てくる

日本の自動販売機について英語で説明してみよう

最後に、日本の自動販売機について英語で説明するための英文をご紹介します。

There are nearly 5 million vending machines in Japan.
(日本には500万台近くの自動販売機があります。)

You can find vending machines everywhere in Japan.
(日本ではいたるところに自動販売機があります。)

Many different kinds of products can be purchased from Japanese vending machines.
(たくさんの種類の製品が日本の自動販売機で購入できます。)

Not only do they have drinks, but also shampoo, toys, or even clothes can be bought.
(飲料だけでなく、シャンプーやおもちゃ、はたまた洋服まであります。)

Japanese vending machines have evolved into smart vending machines using advanced payment systems, digital touch displays, internet connectivity, sensors and such.
(日本の自動販売機は、高度な支払いシステム、デジタルタッチディスプレイ、インターネット接続、センサーなどを使用したスマート自動販売機に進化しています。)

Coca-Cola released a smartphone app called “Coke ON”.
(コカコーラは「Coke ON」というスマートフォンアプリをリリースしました。)

You can collect one stamp every time you buy a drink from a Coke ON vending machine while connected to it with the app.
(アプリをCoke ON自販機に接続してドリンクを購入するたびに1つスタンプがもらえます。)

If you collect 15 stamps, you’ll receive a drink ticket.
(15個スタンプを集めると、ドリンクチケットが1枚もらえます。)

<ボキャブラリー>
everywhere いたるところに
evolve 進化する
A called B Bという名前のA

まとめ

では今回の記事のまとめです!

・自動販売機は英語で「vending machine」

・日本には500万台近くの自動販売機がある

・海外では日本のように街中の路上に自動販売機が設置されておらず、基本的には建物内にある

・自動販売機は今も進化し続けていて、スマート自販機なるものも登場し、スマホアプリとの連携もできるようになった

いかがでしたか?私たちの生活には欠かせない自動販売機は、在日外国人や外国人観光客が増えていることから、もはや日本人のためだけのものではなくなりつつあります。近い将来、あらゆる自動販売機に英語表記の説明書きが表示される時代が来るかもしれませんね!

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.