英語でFor exampleだけが「例えば」じゃない?

for example


みなさんこんにちは。

「例えば」を英語で言うと?と聞かれると、学校で習った「For example」 しか出てこないという方多いのではないでしょうか?

しかしこれ以外にも例をあげるときに使える英語表現はたくさんあり、ネイティブは使い分けています。

一つの言葉なのに様々な表現があるのは一見ややこしそうですが、例文や使い方も合わせてご紹介していくので大丈夫です!

会話の中で使えるようになることも大事ですが、まずはどんなフレーズをネイティブが使っているのかを知ることから始めましょう。

 

 

口語文で使われる表現

・For example/ As an example
・For instance

いずれも話し言葉として日常会話で使われる表現ですが、エッセイやビジネス文書などフォーマルな場面でも使えるフレーズです。

For exampleとFor instanceは、同じ意味の「例えば」という意味で使うことができます。しかし使い方に微妙な違いがあります。

「For example」の後には前述の内容に対し、典型的な複数の例をあげるときに使われます。

一方で、「For instance」の後には、事実や出来事など論拠となる一つの例をあげるときに使われます。

いずれも文頭・文中・文末の両方に使えるフレーズです。

文章として書く場合 
文頭― For exampleの後にcomma(カンマ)
文中― For exampleの前後にcomma(カンマ)をつけます。

For example

In a Japanese convenience store, you can buy anything. For example, groceries, sweets, magazines, basic clothes, and stationery items.
「日本のコンビニには何でも揃っています。例えば食料品やデザート、雑誌、基本的な衣料品に文房具などもあります。」

In a Japanese convenience store, you can buy anything; groceries, sweets, magazines, basic clothes, and stationery items.
「日本のコンビニには何でも揃っていて、例えば食料品やデザート、雑誌、基本的な衣料品に文房具などもあります。」
※文中でnamely, however, therefore, that is, i.e., for example, e.g., for instanceを使う場合、これらの前に;(セミコロン)をつけて、2つの文章をつなげることもできます。

As an example 

Here is my resume, as an example.
「例えば、これは私の履歴書だよ。」

He is one of the great cooking experts. As an example of his skills, he can make a terrific Chinese dish.
「彼は素晴らしい料理家の一人です。彼のスキルの一つとして例えば、彼はとても感動するような中国料理を作ります。」

For instance

For instance, reusable straws can reduce the amount of plastic you throw away each day.
「例えば、再利用可能なストローを使うと私たちが日々捨てているプラスチックの量を減らすことができます。」

Vivian : We need to discuss our family’s 2019 resolution more realistically.
Tom : Sure, we can do that.
Vivian : I think we need to change our eating habits to save up enough money to buy a house.
Tom : For instance?
Vivian : We should only go out once a month and bring our own lunch to work.  

【訳】
Vivian : 私たちの2019年の抱負に関して、より現実的に話し合ったほうがいいと思うの。
Tom : そうだね、話し合おう。
Vivian : 家を買うために食生活を見直したほうがいいんじゃないかしら。
Tom : 例えば?
Vivian : 外食は一ヶ月に1回だけ、そしてランチは家から会社に持って行くべきよ。

 

話し言葉の中で「仮に~」と言いたい時に使える英語表現

Let’s say/ Say

Let’s を付けても付けなくても同じ意味で使うことができます。

Let’s say you have only one thing you can bring to a deserted island, what would you choose?
「仮に無人島に一つしか物を持っていけないとしたら、何を選ぶ?」

There is nothing you can’t buy in an AWQ department store. Say you want to buy some food, you go to B1. Say you want to buy a toy, you go to 6F. Say you want to buy a dog, you go to 7F.  Isn’t that amazing?
「AWQ百貨店で買えないものはないんだよ。仮に何か食べ物を買いたい時は地下1階へ。仮におもちゃを買いたい時は6階へ。仮に犬を買いたい時は7階へ。すごくない?」

Let’s suppose/ Suppose

こちらも同様にLet’sを省略することができます。

Our boss is so strict when it comes to making grammar mistakes. Let’s suppose you are writing an email to your boss, you better triple check it before you send it.
「私たちの上司は英文法のミスをすることに関してにとても厳しいです。仮に上司にメールを書く時は、送信する前に3度チェックした方がいいですよ。」
※When it comes to(名詞/名詞句/動名詞)~「 ~のことに関して言えば/~のことになると」

What if?

What if you won a lottery for 1 million dollars, what would you do?
「もし  宝くじが1億ドル当たったらどうする?」

Risa : I’ll tell him that we’re over because he seems to be cheating on me.
Maria : Wait, are you sure about that? What if you are wrong?

【訳】
Risa : 彼に私たちは終わりよって伝えるわ。だって彼浮気してるっぽいもん。
Maria : ちょっと待って、それ確かなの?勘違いかもしれないよ?

 

例をあげるときや例えを引き出す質問の英語表現

Like「~みたいな」

日常的にネイティブがよく使うカジュアルな表現です。For exampleのカジュアル版のようなイメージで使うといいと思います。フォーマルな場面では使えないのでエッセイなどには書かないように注意しましょう。

I’m craving for something sweet like chocolates.
「チョコレートとか何か甘いものを欲しています。」
※crave 何かを強く欲する。Wantよりも強い表現です。

Anne : I want to do something fun this weekend.
Jenny : Like?
Anne : You know, like going to a festival.

【訳】

Anne : 今週末何か楽しいことがしたいなぁ。
Jenny : 例えば?
Anne : ん~そうだなぁお祭りに行くとか。

▲例をあげるときではなく、文章の繋ぎとして口癖のように使う人も多いです。例えばカリフォルニアの人たちは連呼することで有名です。ただ注意しておきたいのは、多用しすぎるとアホっぽく聞こえるので、皆さんは注意が必要です(笑)

英語学習者としては言葉が出てこなくてlikeを使う場面があると思います。しかしネイティブが連呼しているからといって、真似して口癖にならないようにすることを私はオススメします。

I went to a restaurant the other day. The server was LIKE so rude to me. LIKE you can totally tell that she was LIKE looking down on me from the way she talked to me. Uh, like I’m the customer! Being nice to a customer is LIKE so basic. LIKE I can’t believe that happened to me.  
「この前レストランに行ったんだ。んでそのウェイターがさーなんかちょー失礼なの。なんか彼女が私を見下してるって話し方でわかるっていうか~。私が客なんだけど!って感じ。客に丁寧に接するって、基本中の基本って感じじゃん?てかまじでこんなことが私に起こったなんて信じらんないんだけど。」

↑こんな感じでいちいちセンテンスの間にLIKEを挟んで会話するような教養のない人のようなイメージになります(笑)

日本語で言う「なんか/~な感じ」を連呼するようなイメージでしょうか。

ネイティブの真似をしてネイティブに近づくのは大切ですが、お手本にする相手を見極める力も大事になってくるので、今日はみなさんにシェアしてみました。

Such as「~のような/例えば」

Likeやfor exampleと同じように具体例を挙げる時に使えるフレーズです。
Likeのように例えを引き出す質問としても使えます。
こちらはカジュアル・フォーマルの両方の場面で使うことができます。

またSuch as のあとには基本的に名詞や動名詞が来ます。

There are many countries where you can study abroad to learn English, such as the UK, Canada, the US, or Australia.
「英語を学ぶために留学できる国はたくさんあります。例えばイギリスやカナダ、アメリカやオーストラリアなどです。」

Mari : He is such a picky eater. I can’t stand it.
Ai : Such as?
Mari : He doesn’t like tomato, cabbage, onion, shrimp or chicken. I don’t know what to cook for him.

【訳】
Mari : 彼ってすごく好き嫌いが激しいの。
Ai : 例えば何?
Mari : 例えばトマト、キャベツ、玉ねぎ、エビとか鶏肉。何作ったらいいかわからない。

 

他にもある一緒に覚えておきたい
「例えを聞きたい場合」に使える表現

・Could you give me an example?
・Could you be a little bit more specific?

To give( you ) an example「例を挙げると」

To give an example, between 1995 and 2000, the internet became huge in Japan.
「例えば、1995年から2000年にかけて日本でインターネットは普及しました。」

I’d like to give you an example of what to do and what not to do in the company.
「この会社でして良い事としてはいけない事の例を挙げますね。」

Let me give you an example./ I’ll give you an example.
「例を挙げてあげましょう。」

Let me give you an example of what that means.
「その意味を説明する例を挙げてあげましょう。」

 

書き言葉で使われる表現

ex.

これはexampleの略です。
Exと表記されることもありますが同じです。
ネイティブも使いますがこのあと紹介する2個に比べて使用頻度は少ないように思います。
※英語圏での授業や教科書でexと書かれている場合は、exerciseの意味で「練習問題」という意味です。

▲ちなみに書き言葉ではなくネイティブが良く使うスラングですが、Ex.のピリオドなしだと、former somethingの意味で使うことができます。

ex-boyfriend /ex-girlfriend /ex-wife/ex-husband 「元彼・元カノ・前妻・前夫」となり(エックス)と読みます。My exだけでも大丈夫です。

e.g.

ケンブリッジ英英辞典によるとexempli gratia: a Latin phrase that means "for example". It can be pronounced as "e.g." or "for exampleとあります。

つまり英語ではなく、ラテン語のexempli gratia- for the sake of example-の略です。読み方は(イージー/フォーエグザンプル)です。

「例」という意味ではネイティブはこちらをよく使います。
論文から雑誌やブログまで幅広く使われているので覚えておくと便利です。
意味は「for example」と全く同じで、前述での発言を詳しく説明するときに使います。口語になるとSuch as に置き換えて使うことも可能です。

I play all kinds of sports, e.g., soccer, basketball, and tennis.
「 私はサッカーや野球、テニスなど様々は種類のスポーツをします。」

I have too much stuff, e.g., bags, clothes, and shoes.
「私は物が多いです、例えばカバンや服、靴などです。」

※あくまで例なので全てをリストアップしているわけではありません。

i.e.

こちらもラテン語でid estの略でthat is (to say)「つまり/すなわち」やin other words「言い換えれば」と同じ意味で使われています。

ケンブリッジ英英辞典によるとused especially in writing before a piece of information that makes the meaning of something clearer or shows its true meaning. とあります。

つまり、前述の発言や意見をより明確にするために補って付け加えるときに使います。

I like living in a big city, i.e., New York.
「私はニューヨークなど大都会に住むのが好きです。」

Our relationship didn’t work out. (i.e., He dumped me)
「私たちの関係はうまくいきませんでした。(振られました。)」

The hotel is closed during the low season, i.e., from January to March.
「ホテルは1月から3月の閑散期はお休みです」

I am a vegan, i.e., I do not eat any animal-based products.
「私はビーガンです。動物性のものは食べません。」

さて、気になるe.g.とi.e.の違いですが、ネイティブスピーカーである私のカナダ人の彼によると違いはなく同じように使っていると言います。というのもケンブリッジの説明のように微妙な違いはあるものの、結果として両方とも“例えを使って補っている”わけで相互に使える場面が多いです。

 

まとめ

最後に問題です!

以下の( )の中にはi.e. かe.g. のどちらが入るのでしょうか?またその意味はfor example「例え」なのか、前述を詳しく説明しているThat is「つまり」の文書なのでしょうか?

I do not like eating raw fish, (     ), sushi.
I don’t like Japanese food, (    ), sushi or ramen.

 

-答え-

I do not like eating raw fish, (i.e.), sushi.
i.e. はThat is 「つまり」の意味で使われ、前述を詳しく説明している。

I don’t like Japanese food, (e.g.), sushi or ramen.
e.g.はfor exampleの意味で使われ、例えを紹介している。

 

いかがでしたか?

For exampleしか「例えば」を表す英語表現を知らなかった方は、今回様々な言い回しがあることに驚かれたのではないでしょうか?

全部を一気に覚えようとせずに、一つずつ使える表現を増やして日常会話でどんどん使っていきましょう!

ネイティブキャンプでは「5分間ディスカッション」や「フリートーク」教材などで講師に自分の意見を述べる練習をすることができます。そんな時に「例えばー」と言いたい瞬間はたくさんでてくるはず!
いつも同じパターンになってしまう人は、色々なパターンを試してみるのもいいですよ!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.