ゲームで使える英語表現!〜外国人とオンラインゲームを楽しもう〜

game


最近は、スマホのアプリで行うゲームから、PS4(プレイステーション4)のような家庭用のゲーム機など、様々な形のゲームが増えてきました。

休日はお家でのんびりゲームをしている人も多いのではないでしょうか。

また、海外に住んでいる外国人と対戦したり、世界各地の相手とチームを組んでプレイできたりする、オンラインゲームも流行っていますね。しかし、そのような場合に、いざ外国人と英会話をしながらプレイしてみると、「あれ、こういうとき何て言ったらいいんだろう・・・。」「この英語じゃ通じてない?!」なんてこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、このように「海外の相手とチャットや会話をしながら一緒にゲームを楽しみたい!」あるいは、「外国人の友達と一緒に流行りのゲームをしたい!」といったときに、使える英語について勉強していきたいと思います。

 

 

ゲーム用語の英単語

まずはゲームをする上でキーワードとなってくるゲーム用語から確認しておきましょう。意外に思うかもしれませんが、実はカタカナで浸透している和製英語でも、本来の英語での意味とは違う紛らわしい言葉も数多くあるんです。
的確に伝えるために、一度確認しておくのをオススメします。また今回は、後から調べるときも確認しやすいように五十音順で重要なものを一覧にしました!

普通の日英辞典にはこういった専門用語が載ってないことが多いので、困った時はぜひ参考にしてみてくださいね。

ア行
・アイテム、もちもの:item
・アイテム欄:inventory
・アップデート:update
・打つ:hit / strike / punch / slap / tap / smash / cast
※何を打つか、どのように打つかによって使い分けが変わります。
 hit / strike…打つ
  ※このふたつはほとんど意味上の違いはなく、広く用いられる
 punch …(力を込めて)拳で打つ
 slap …平手で打つ、punchと対になる殴り方
 tap …軽く打つ、軽くたたく
 smash …(力をこめて物を)打ちつける、ボールなどを投げてぶつける
 cast …魔法を打つ

・打ち消す:cancel

カ行
・ガード:guard
・解像度:resolution
・カウンター、反撃・反抗:counterattack
・課金:charge
・キャラ相性:matchup
・クエスト:quest(複数形のquestsで用いられることが多い。)
・ゲージ:bar / meter
・ゲーマー:gamer
・ゲーム機:video game / game console / arcade game
 video game / game console…小型の家庭用ゲーム機
 arcade game…ゲームセンターにある大型のゲーム機

・攻略本:strategy guide
・コンボ:combo

サ行
・再起動:reboot
・召喚:summoning
・初期装備:initial equipment
・装置:device
・セーブする:store
・戦闘不能:knock out
・即死:instant death
・ソーシャルゲーム:social-network game

タ行
・ターン:turn
・体験版:trial version
・探索:exploring
・ダンジョン:dungeon
・特殊技:command normal

ハ行
・必殺技:special move
・ヒットポイント、通称HP:Hit Point
・武器:weapon(複数形のweaponsで用いられることが多い)
・フリーズ、画面が固まる:freeze(分詞frozenで用いられることが多い)
・バトルロイヤル、個人戦:free for all

マ行
・無料ゲーム:free to play

ラ行
・ラスボス:final boss
・リソース:resource
・ログイン:log in
・ログアウト:log off

ヤ行
・余分な:extra

ワ行
・技:move

 

知っておくと便利な英単語・フレーズ集

ゲーム用語の英単語集については確認できましたか?

では、次に知っておくと便利なフレーズをおさえていきたいと思います。実はこれらのフレーズが、ゲームをする際にとっても役に立つんです。

実際、文法的に正確で完全な英語でなくても、ビジネス上の仕事ではなく、あくまでゲームの範疇なので、語彙力や英語のスキルに自信がなくても気にすることはありません。初心者レベルの語学力でも積極的に話すことで、相手が汲み取ってくれたり感じ取ってくれたりするものです。

また、チームで対戦するゲームではレスポンスのスピードがゲームの勝敗に大きく関わってくることも多いのではないでしょうか。そういった場合は特に、短いフレーズだけでも通じたり、むしろ短い文章のほうが好まれることもありますよね。そういった場面で大活躍してくれるのがフレーズなんです。

今回はゲーム開始から終了までのシチュエーション別で使えるフレーズや応用の利く英単語を会話形式で紹介していきます。

①基本的な表現

まずは会話の中で必須となってくる、一般的な表現について見ていこうと思います。これらは日常的によく使われるものなので、これだけは覚えていて損はないはずです!

ゲーム中だけでなく、顔合わせから終わった後までシチュエーションを問わずに出てくることが多いものを集めてみました。

A「ありがとう。」
Thanks. / Cheers.
B「いえいえ、どういたしまして。」
No problem. / It’s all right. / No worries.

A「ごめん。」
I’m sorry. / It’s my fault. / My bad.
B「気にしないで。大丈夫だよ。」
Never mind. / No problem. / No worries.

A「どういう意味?」
What do you mean? / What does it mean?
A「どうしたの?」
What’s going on? / What’ the matter?
B「~ってことだよ。」
I mean ~. / It means ~.
B 「なんでもないや。」
Nothing.

②相槌の表現

基本的な会話表現を見てきましたが、さらに自然に相槌を打てたらかっこいいですよね。スムーズな英会話に欠かせない、相槌についてもみていきましょう。

「わかった。」
I got it. / I see.

「わからない。」
I don’t know. / I’m not sure.

「どっちでもいいよ。」
Either is fine. / I don’t care.

「もちろん。」
Sure. / Of course.

「その通りだね。 / ちょっと違うよ。」
indeed / exactly / not exactly

「ちなみに・・・。」
by the way / incidentally / for your information

「なんとなく。」
somehow / for no reason

「とんでもない!マジで?」
No way!

「いいえ、結構です。」
No thank you.

③時間や場所に関わる表現

ゲームの中で、いつ?あるいはどこで?といった情報を共有する場面には、誰しもが遭遇するでしょう。

そんなときにとっさに説明できるように、時間や場所に関するフレーズや英単語について、実際に使われることが多い会話の例文とともに確認していきましょう。

場所・時間を表す前置詞
on:~の上  in:~の中  under:~の下
behind:~の裏、後ろ  near:~の側
upstairs:上の階  downstairs:下の階  till / until:~までに 

よく使う単語(特にPUBGなどのオンラインゲームでよく出ます)
Compound:住宅地  warehouse:倉庫  rooftop:屋上  ridge:尾根

「敵が木の後ろにいるから気をつけろよ。」
The enemy is behind the tree, so be careful.

A「目的地に着くまであとどのくらいかかる?」
How long does it take to get to the destination?
B「5分くらいかな。」
It will take about 5 minutes.

A「何時頃寝る? / 何時までゲームできそう?」
What time are you going to sleep? / Until what time are you playing the game?
B「22時までには寝たいな。」
I want to go to bed by 10 pm.

A「君はいまどの辺にいる?」
Where are you now?
B「湖のそばの倉庫の中にいるよ。」
I’m in the warehouse near the lake.

A「こっちに来て。」
Come here.
B「いまそっちに向かいます。」
I’m coming.
B「もう向かってるよ。」
I’m on my way.
※comeとgoの違い

一般的に学校で英語を習うと、“come”は「来る」“go”は「行く」と教えられることが多いのですが、この日本語上の使い分けって曖昧でどちらでもよさそうな感じがしますが、本来の正確な使い分けは、「会話の中心」によって決まるんです。“come”の意味は「(会話の中心となっている場所へ)行く」という意味で、“go”は「(会話の外側へ)行く」ということなんです。

だからこそ、「いまそっちに行くよー!」と言いたいときは、“come”を使うのが適切なんです。

つまり、もしもそこで“go”を使ってしまうと、相手からは「あれ?どこにいくつもりなんだろう?」と誤解されてしまいかねないのです。もちろん、会話の文脈から相手が汲み取ってくれたりもするので、実際は間違えてしまっても意味は通じることでしょう。

④相手にお願いをしたいとき

ゲームの最中でも他の場面でも、何か相手に頼み事をしたり、ゲームのアイテムで欲しいものを相手にお願いしたりするとき、どのように頼めばいいか悩んじゃいますよね。そんな時の手助けになるのがここで取り上げたフレーズです。

「応急処置キットで治療してくれる?」
Can you cure me with your first aid kit?

「そっちに向かってもいい?」
Can I go there?

「ちょっと待っててー」
Just a minute. / Wait a minute.

A「このアイテムがほしいな。もし持ってたらくれない?」
I need this stuff. If you have it, please give me yours?

B「はい!これ使ってー!」
Here, take it.

⑤チーム対戦で使えるフレーズ

オンラインゲームでは特に、チーム対戦で協力プレイが必要になってくるものも多くありますよね。スムーズにチーム内のメンバーと交流するためには、どんなふうに英語で声をかけてあげればいいのかここで確認しておきましょう。

A「どうすればいいかな?」
What should I do?
B「援護するよ。」
I’ll cover you. / I’ll follow you.

A「やらかしちゃった」
I screwed up.
B「惜しかったね / 頑張ったよね」
It was so close. / It was a nice try.

「頑張ろうね」「応援してる」「ファイト」
Go for it!

「その調子」「いいぞいいぞ」
Right on! / That’s it! / Keep it up!

「よくやった」「お疲れ様」
Good job. / Nice job / All right! / Good game!

⑥ログインしたときの挨拶

ゲームを開始する際にはどのように声をかければいいのか、自然に挨拶できるように使えるフレーズについても確認していきましょう。

「やぁ」
Hi / Hello / Hey guys / Hi there

「最近どうなの?」
What’s up with you? / What’s new?

「久しぶり」
Long time no see! / It’s been a while.

⑦離席・ログアウトするときのひとこと

ゲームを中断するとき、相手にひとこと言ってから何て言って離席するか、また戻ったときに相手に何て言えばいいのか、もし困ったらこれらのフレーズを使ってみてはいかがでしょうか。

A「ただいま」
I’m back. / I’m back to the keyboard.
B「おかえり」
Welcome. / Welcome back.

A「シャワー浴びてすぐ戻ってくるね / お風呂に入ってくる」
I’ll take a quick shower. / I’ll have a bath.
B「ごゆっくりどうぞ」
Take your time. / Have a good rest.

「ちょっと離れるね」
Away from the keyboard

「少し休憩します」
I’ll take a little rest. / I want to take a short break.

「すぐ戻ります」(比較的短時間の離席)
be back soon / be right back / be back immediately afterward

「あとで戻ります / 2時間後に戻ります」(比較的長時間の離席)
be back later / 2 hours later / 2 hours afterward

「もう寝なくちゃ」
I have to go to bed.

「そろそろ落ちるね」
I am off. / I’m going to take off. / I’m about to leave.

「おやすみ」
Good night. / Have a nice dream

「またね」
See you. / Bye. / See you later.

 

まとめ

今回は、ゲームを通して海外の人と仲良くなるときに大活躍するフレーズや、知っておくと便利な英単語について学習していきましたが、いかがでしたか?

ゲーム中の英会話は、留学経験や、ネイティブレベルの英語力が求められるわけではないので、まずは気軽にやり取りしてみるのがおすすめです。

英語を使って海外の人と一緒にゲームをする際はぜひ参考にしてみてくださいね。

ネイティブキャンプの5分間ディスカッション55番「Computer (Online) Games」では、オンラインゲームについて講師と話すことができます。

好きなゲームの話などで盛り上がれたら楽しいですよね!
ぜひ挑戦してみてください!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.