英語で「どういたしまして!」の言い方はYou’re welcome!だけじゃない!

 

f:id:nativecamp_official:20180904225553p:plain

握手する人

 

中学校のときに、「どういたしまして!」の英語は「You’re Welcome!」と言います。と習ったことは記憶に強く残っていると思います。

セブ留学をしたことがあるのですが、そのときも先生たちは「You're welcome!」と言っていました。
しかし、毎回 You’re welcome! と言っているのかというとそうでもない。
セブ留学を終え、オーストラリアでワーホリをしているときに気づいたことがありました。

Thank you!の返しが「You’re welcome!」と言っている人がとても少ない!

確かに、日本語で会話をしている時も「どういたしまして!」とは毎回言わないですよね?
「大丈夫!」や「いえいえ!」などなど違う言葉で返答をしている…
日本語だと「大丈夫!」の一言でわりと収まってしまうのですが、英語だとその時のシチュエーションによって返す言葉が違うのです。

ということで、英語で「どういたしまして!」と言いたいときに、どんな言い方があるのかまとめてみました!

 

 

≪「You’re welcome!」はどんな時に使われるのか?≫

「You’re welcome!」というこのフレーズはとても丁寧に伝わる表現です。

フォーマルなシーンやビジネスシーンで使われることが多いのですが、もちろんフランクに友達と話すシーンで使っても違和感はありません。

You're very welcome.
You are most welcome.

VeryやMostが間に入った場合でも、「どういたしまして!」と言う意味になります。
「とんでもございません。」「とんでもない!こちらこそ。」というニュアンスのときにも使えます。
イメージは、「Thank you very much.」とか「Thank you so much」といった感覚と同じです。

知らない人に対してやお店の店員さんなどがよく言ったりします。

ちなみに①
「You are more than welcome.」と聞くことがあるかもしれません。
これは「全然たいしたことないわ、いつでも大歓迎よ!」という感じです。

デパートやレストランなどの店員さんがよく言います。
丁寧かつ少しかしこまったニュアンスがあります。

ちなみに②
「more than welcome.」→「大歓迎」

例文 comments are more than welcome!
   「コメント大歓迎!」

よくブログやYouTubeのコメント欄に書いてあるのを見かけますね!

ちなみに③
「Welcome.」とだけ言う表現もありますが、これは気軽な感じで「どういたしまして」となります。

結構砕けた感じの表現になります。
フィリピンでもよく耳にする表現です。

 

≪カジュアルなシチュエーションに使える返しかた≫

①Anytime! 「いつでも!」

「またいつでも頼ってよ!」というニュアンスで使われます。

例文 Thank you for picking up  my pen!
   「ペンを拾ってくれてありがとう!」

   Anytime! 
   「(どういたしまして!)いつでも。」

②Sure. / Sure thing. 「もちろん!」

少し上から目線のようにも聞こえますが、表現としては「当然のことをしたまでだよ」というニュアンスです。

例文 Thank you for bringing my bottle.
   「私の水筒持って来てくれてありがとう!」

   Sure!
   「もちろん!」

③You bet. 「気にしなくていいよ!」

”bet”は本来、「賭ける」という意味になります。
しかし、「You bet!」は「もちろん」という②のSureと似ている感じで使われます。
特にアメリカ人が言いますね。

例文 Thank you for giving me some snacks!
   「お菓子くれてありがとう!」

   You bet! 
   「いいよー!」

④No problem. 「もちろん!」

「気にしないで、問題ないよ!」というニュアンスで言いたいときに使います。
”problem”は「問題。」という意味ですが、”NO”が付くので「問題ないよ!」のという意味で気軽によく使われます!

例文 Thank you for helping me with my home work! 
   「宿題手伝ってくれてありがとう!」

           No problem! 
   「全然いいよ~!」

⑤No worries. 「心配でないで。問題ないよ!」

これはオーストラリア人が口癖のようにとてもよく言っていました。
二言目にはこのフレーズという印象がありました。

ビジネス、カジュアル。どんな場面でも使えます。
日本語で「大丈夫!」と返答するときの感覚に似ていますね!

例文 Thank you!
   「ありがとう!」

   No worries!
   「どういたしまして~」「大丈夫~!」

ちなみに①
「I’m sorry.」という謝罪の言葉の返答にも、オーストラリア人はよく使っていました。

ちなみに②
アメリカではDon’t worries、イギリスではNo problemと使われています。

⑥That's alright. 「いいよ!気にしないで!」

何かしてあげて、ありがとうと言われたときに、「いいの!いいの!」というような感じで使います。
相槌のようなフレーズで、かなり砕けたスラングのように日常で使われます。

例文 Thanks for lending me your umbrella. 
   「傘貸してくれてありがとう!」

   That's alright!
   「いいよ!気にしないで!」

ちなみに①
これに似た表現で「You’re right!」という表現があるのですが、これはオーストラリアで”No worries”と同じくらいの頻度で使われています。
オーストラリアでの使われ方としては、本来の意味である「その通り!」「君、正しい!」の意味ではなく、ちょっとした “Thank you” に「問題ない!」「大丈夫です」と返せるフレーズなのです。

“You’re right” は、ちょっとした “Sorry” に返す時にも使われます。

⑦No big deal! 「大したことないよ!」

”big deal”に、否定の”no”を付けることで「大したことない」という意味になります。

”big deal”だけだと「重大なこと」や「大事なこと」という直訳になります。
また、砕けた言い方として”big deal”を”biggie”とも言います。

例文 Thank you for carrying my big baggage. 
    「私の大きな荷物運んでくれてありがとう。」

   It’s not a big deal! 
   「大したことないよ!」

 

ネイティブキャンプアプリストアバナー

≪フォーマル/ビジネスなシチュエーションに使える返しかた≫

①Don’t mention it. 「お礼なんていらないよ。」

”mention” そのままの意味としては「言及する/言う/話に出す」です。
ニュアンスとしては、「お礼を言わなくていいよ、どういたしまして」となります。

カジュアル・フォーマルどちらの会話でも使えます。

「It’s okay.」 などより丁寧な感じの表現になります。
しかし、「するな」という意味の Don’t で始まる文章になるので、目上の人などに対して使うのはあまりオススメできません。

例文 Thank you for treating me to a nice dinner.
   「晩ご飯、ご馳走していただき、ありがとうございました。」

   Don't mention it! 
   「お礼は大丈夫です。」

②It’s my pleasure. 「どういたしまして。」

”pleasure”を直訳すると「喜び」なので、「私の喜びです」と言う意味になります。
文脈によっては「光栄です」「喜んで」のようにも訳せますが、「ありがとう」に対して「お役に立てて嬉しいです。」という意味でのフォーマルな返答として多く用いられています。

敬語として使えるフレーズです。
日本語の「とんでもございません」にも相当するとても丁寧なフレーズの言葉です。

例文 Thank you for your kindness.
   「ご親切にどうも有難うございます。」

   It’s my pleasure. 
   「どういたしまして。」

③Not at all. 「いいえ、まったく構いませんよ。」

”Thank you”を言う必要なんてないですよ。という意味合いが込められています。
日本語で言うと「礼には及びませんよ。」という感じです。

例文 Thank you for taking a picture. 
   「写真撮ってくれてありがとうございました。」

   Not at all. 
   「構いませんよ!」

ちなみに①
主にイギリスでよく使われる表現です。

④I’m happy/glad to help.「お役に立てて嬉しいです。」

助けるために、少し手間や大変さが伴うような事に対して、「ありがとう」を言われた時に使えるフレーズです。

「My pleasure.」よりは頻度が低いですが、「どういたしまして。」にあたいするフレーズです。

例文 Thank you for fixing my PC.
   「パソコン直してくれてありがとうございました。」

   I'm happy to help. 
   「お役に立てて嬉しいです。」

 

シチュエーションによって言い方が変わったり、国によってよく使われているフレーズの違いがありますね。

また、日本人同士でもよく使う言葉だと思うので、是非!今までとは違う、よりしっくりくる言葉で返事をしてみてください!



NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.