目的別英単語学習アプリ「I Know!」の使い方を伝授!

f:id:nativecamp_official:20210123224036j:plain

英語学習の中でも欠かせないのが、英単語の学習。
ですが、日常の中で英語が常に話され使われている環境にいない日本において、語彙を増やすことは時に非常に難しいと感じます。

ただ文法だけが完璧になっても、単語を知らなければセンテンスやフレーズを作ることができません。逆に言えば、単語さえ知っていれば、それだけでも相手にヒントを与えて伝えることはできるのです。

そしてもうひとつ、英単語学習をするうえで見落としてはいけない重要な点があります。それは、「自分の目的に合わせた英単語を学習する」という点です。

実は、英単語を学習する上で大切な二点、

①英語でコミュニケーションをとるためには使える単語を増やすこと
②自分が英語を使う目的に合った英単語を学習すること

を念頭に置き、作られた最適なアプリが存在します。

今回この記事では、そんな英単語学習に最適なアプリ、I Know! の使い方と、効果的な使用方法について紹介していきます。

自分はどんな目的で英語を学習するのか? 考えてみよう!

世の中には外国語を学ぶ人がたくさんいます。

ある人は仕事で相手の会社と交渉し、利益を得るために。ある人は留学を控えており、留学先から求められたIELTSやTOEFLのスコアをとるために。またある人は、大好きな趣味の旅行で現地の人とコミュニケーションをとるために。筆者の場合は、年代や自分が身を置く環境によって変化してきています。

例えば、小学生~高校生の頃は大好きなニュージーランドへ旅行に行き、思い出を作るためのコミュニケーションに必要な英単語。大学に入学すると留学のために必要なIELTSのスコアをとるための英単語。大学院で第二言語習得論を専門に研究をしていた時は、論文執筆や学会発表などで使用する教育系・言語学系の専門的な英単語。

そして現在は、子供に英語を教える仕事についているため、子供に教える際に使う英単語や、先生たちとコミュニケーションをとるためのビジネス英単語を必要としています。それと同時に、もはや英語学習は趣味の領域なので、生涯学習としての趣味の英単語学習や、外国人の友達と話す際のスラングなど砕けた英単語学習も必要としています。

筆者の例にもある通り、英語を学習している人達は様々な目的で学んでいるはずです。

そして、このように様々な目的で英語を学んできた私が身をもって体験したことは、英語を使う目的によって本当に必要な英単語は異なるということです!そこを忘れて、ただひたすら分厚い単語帳を購入して最初のページから取り組み始めると、あっという間に三日坊主…。結局学習自体が続かなくなってしまうんですね…。

本末転倒にならないためにも、そして効率よく必要な英単語を習得するためにも、自分がこれから英語を使う場面や環境、状況をしっかりと予測、把握してからその界隈の英単語を学習することで非常に効率よく「使える英単語」になって定着していきます。

とはいっても、海外ほど英語環境に置かれていない日本にいる私たちは、そう簡単に英単語を使えるようにはなりません。

そこで、日本にいながらも(もちろん海外でも)効率よく英単語を使える英単語として取得するために最適なアプリ、「I Know!」を紹介したいと思います。

英単語学習アプリI Know! とは?

I Know!とは、DMM英会話が運営し、2007年にリリースされた英単語学習アプリです。

脳科学に基づいた学習方法で、効率的にしっかりと学習した単語が身につくことで定評のあるアプリです。Android、iOSともにインストールが可能になっています。

I Know!の使い方 (インストールから設定まで)

それでは実際に、アプリをインストールするところから学習を開始するための設定までの流れを紹介していきます。以下の流れに沿ってアプリを開始していきましょう!

まずアプリのインストールから見ていきましょう。

1.最初にアプリをインストールし、立ち上げます。
指示通り画面をスクロールしていくと、以下の画面になります。

f:id:nativecamp_official:20210123224407p:plain

この「英語を学ぶ目的は?」という画面になったら、先ほどお伝えした、「自分は何のために英語学習するのか?」を思い出してください。

もっと英語を流暢に話せるようになりたいのであれば「英会話マスターコース
TOEICで高得点をとりたい場合は「TOEICコース」
仕事で英語を使う機会のある人は「ビジネス英語コース」
旅行先で現地の人とコミュニケーションをとり、思い出に残したい人は「旅行・趣味コース」
留学先で必要な専門的な単語や大学内でよく使う表現、ホームステイ先での表現を学ぶなら「留学準備コース」
英検の級を上げたい人は「英検コース」
そして、ますます試験の内容が変化している「大学受験コース」

これらの8つの中から自分に合ったものを選択します。
(ちなみに、これらのコースは自分の目的の変化に応じて、いつでも変更可能です。)

2.次に、コースの選択を行います。ビジネス英語コースを選択した例を紹介します。
ビジネス英語コースを選択したら、以下の画面に移ります。

f:id:nativecamp_official:20210123224540p:plain


ビジネス英語コースには、「ビジネス英語入門」「ビジネス英語基礎」「ビジネス・フレーズ」「オフィス・コミュニケーション」「キャリア・サクセス」「財務・会計英語」の6つの種類があり、それぞれで学習する英単語のレベルがどの程度かも “Beginner” 又は “Intermediate”で示されています。

”Beginner” と “Intermediate”に相当する単語がどのようなものがあるか知りたい場合、その知りたいコースをクリックすれば具体的な単語の例が出てきますので参考にしてみるといいでしょう。

例えば、英会話マスターコースの中の英会話マスター500コース1をクリックしてみると、have, say, go, all ,get, know、see, well などの単語を学習するとの表記があります。

学習スタート!

ホーム画面に戻り、学習モード、学習する単語数、学習する単語の種類を選択しスタートボタンを押します。

問題の種類としては、英単語の意味を日本語の選択肢から選ぶ問題、英語の選択肢から一つ正解を選んで文章の空欄を埋める問題、音声を聴いて意味を答える問題、空欄に英単語をタイピングして埋める問題があります。

f:id:nativecamp_official:20210123224613p:plain

また、自分の学習がどのくらい進んでいるのか、自己管理として「連続学習日数」と「アイテムプログレス」を確認することができます。

f:id:nativecamp_official:20210123224633p:plain

 
アプリを開いて学習した日の曜日に色がつくため、さぼってしまった日が一目瞭然。これで自分をいい意味で追い込んで連続学習をキープすることができますよ!(笑)

また、アイテムプログレスをみると、まだまだ、あと一歩、マスターという称号があります。

アプリを始めたばかりの頃は「まだまだ」のみで、ある程度続けてきて進歩率が80%になると「あと一歩」に、そしてその上の「マスター」になるには進歩率が100%に到達しなければいけません。

自分がアプリで学習してきた総学習時間をチェックすることも、モチベーション維持のためにお勧めします。

総学習時間は、「アチーブメント」という欄で確認ができますよ。アプリを始めたばかりの頃は、このようにまだ総学習時間が表示されず真っ白のままです。

f:id:nativecamp_official:20210123224650p:plain

費用について

ここではアプリ I Know!の費用について説明したいと思います。

I Know!にはユーザーが選択しやすいよう、様々な支払いの方法が存在しています。2019年10月から、プレミアムプランの新価格に変更されました。以下、価格はすべて税込みとなっております。

<自動更新1か月プラン>
1,510円/月 (PCサイトご契約時)
1,530円/月 (アンドロイドアプリ内課金時)

<3か月プラン>
3,920円/月 (iOSアプリのみで販売)

<12か月プラン>
9,530円/月 (PCサイトご契約・アンドロイドアプリ内課金時)
10,000円/月 (iOSアプリ内課金の場合)

※詳しくはI Know!公式サイトをご覧ください。
https://support.iknow.jp/hc/ja/articles/360000455481


ここで少し余談!

下記記事では、英文法を学ぶのに最適な「forest」についてご紹介しています!ぜひ英語学習に役立てて下さい♪♪

nativecamp.net


I Know!ビジネス英語コースを実際に体験してみた!

今回はビジネス英語コースを選択し、実際に学習を行ってみました!

まず学習モードをQuiz based training on words (クイズ形式の単語・フレーズ問題)、学習する問題数を5、学習する問題の種類をAll (すべて)のように選択しました。

f:id:nativecamp_official:20210123224719p:plain


問題が開始されると、以下のような空欄を、正解である単語を自分でタイプして埋める問題が出題されました。このタイプの問題は自分でタイプするだけあって、難易度の高い問題になります。

f:id:nativecamp_official:20210123224737p:plain

f:id:nativecamp_official:20210123224749p:plain

 
また、以下のようにまず英単語が画面に表示され、その意味を選択肢の中から選ぶという問題も出題されました。こちらは選択式のため、比較的難易度は低い問題です。

f:id:nativecamp_official:20210123224805p:plain

f:id:nativecamp_official:20210123224817p:plain

 
問題を選択した数だけ繰り返すと、最後に以下の画面と共にセッションが終わります。

f:id:nativecamp_official:20210123224828p:plain

そして、出題された単語の習得度が以下の画面で表示されます。たくさん学習すればするほど緑の色が埋まっていき、満タンになったらその単語の学習は完了という意味になります。

f:id:nativecamp_official:20210123224841p:plain


ここでまた少し余談!

下記記事では、リスニングドリルの使い方についてご紹介しています!皆さんのリスニング力向上に役立つはずなので、ぜひ英語学習に役立てて下さい♪♪

nativecamp.net


まとめ

さて、今回は英語を学習する上でとても重要な「自分の目的に合った英単語の学習」が可能になるアプリ、I Know!の具体的な設定の方法、使い方と費用について紹介しました。

やみくもにただ大量の英単語を覚えればいいわけではないこと、自分の英語を使う目的を理解した上でその分野で多く使われる英単語を重点的に学習することで効果的に、効率よく使える英単語が見につきます。

まさに、I Know!というアプリは目的別に、様々な種類の問題形式を通し学習管理も行いつつ、自分に必要な英単語を学習することができる、最高のアプリなんですね。

英語学習には、自分がどうして英語を学んでいるのかしっかりと理解している必要があります。それが、数々存在する効率的な英語学習を行うための秘訣のひとつと言えるでしょう。

一つのコースを終了したら、目的や目標を設定し直して違うタイプのコースに挑戦してみるのもいいでしょう!みなさんもぜひI Know!をインストールしてみてください。