充実の留学ライフ!留学先で友達をたくさん作る方法

留学、友達、外国人

英語学習をされている方であれば、将来的に留学も視野に入れている方や、これから留学に行く予定の方も多いでしょう。

留学先で英語力を向上させたり、充実した留学ライフを送るには、英語で話せる友達の存在が欠かせません。

しかし、実際に留学に行った人による
「なかなか友達ができなかった」
「日本人の友達しかできなかった」

という体験談をよくインターネット上で目にします。

留学先で日本人の友達と常に日本語を話すような生活であれば、日本に住んで英語学習をしているのとあまり変わりませんよね。

せっかく大事なお金と時間をかけて手に入れた英語学習には絶好の環境なので、国際交流を積極的にしたいところです。

そこで、今回は留学先でたくさんの友達を作る方法をいくつかご紹介したいと思います!

日本人のいない環境に身を置く

留学先で英語で話す友達をたくさん作るには、日本人のいない環境に身を置くのが手っ取り早いです。

ここでは、どのようにすればそのような環境に身を置けるのかをご紹介します。

日本人の少ない学校に通う

大体どこの語学学校や大学に行っても日本人留学生はいると思います。

なので、日本人が0人の学校に通う、というのは難しいと思いますが、なるべく日本人の少ない学校を選ぶということはできると思います。

やはり、学校でいつも同じ日本人グループで固まってしまうと、英語を話す機会はグンッと下がります。

英語で話せる間柄なら良いですが、大抵の場合、日本人同士は日本語で話すのが通常でしょう。

また、学校では積極的に日本人以外の生徒に話かけて仲良くなろうとしたほうが良いです。

もちろん話しかけてもらうのを待つという方法もありますが、友達作りは積極性がものを言います。

自ら仲良くなりたいということを相手に伝わるように接することで、相手も心を開いて話してくれるでしょう。

学校で仲良く話すだけではなく、放課後に一緒にどこかへ遊びに行ったり、お互いの家に行くような仲になれる日本人以外の友達がたくさん増えれば、必然的に英語を話す量も増え、留学がどんどん楽しくなるはずです。

日本人のいないシェアハウスに住む

もし留学先で住んでいるところが、日本人のみのシェアハウスだった場合、恐らく家の中では日本語のみの会話になるでしょう。

家にいる時間というのは思っているよりも長いため、その分英語を話す機会を失っているという発想をすると、やはり日本人のいない、もしくは少ないシェアハウスに住むことをお勧めします。

シェアハウスは居住者がお互いに家事などを協力し合って成り立つものなので、そこには必ず言葉でのコミュニケーションが発生します。

そのため、英語で話せる人たちと同じ一つ屋根の下で暮らすことで、日常生活に必要な英語でのコミュニケーション能力がどんどん向上しますし、家の中でしか使わないような英語表現も身につけることができます。

一旦仲良くなってしまえば、もうみんな友達です。

学校で仲良くなった友達を誘って、ハウスメイトと一緒にホームパーティーをするのも良いでしょう。

そうやってどんどん交流していくことで、友達、友達の友達、というように輪が広がっていきます。

もちろんシェアハウスだけではなく、ホームステイという手もあります。

積極的にホストファミリーと話したり、一緒に出かけたり、時には手伝ってあげることで、英語の機会を増やすことができるでしょう。

ただ、友達を作るという点で言えば断然シェアハウスです。

いずれにしても、自分の部屋にこもりっきりでは、どのようなところに住んでも同じになってしまうので、自らどんどん交流して仲良くなっていくことが、英語を話す友達を増やす鍵となります。

日本人のいないところで働く

「ジャパレス」と呼ばれるような日本食レストランでアルバイトをする留学生も多いです。

しかし、そのようなところには同じような日本人留学生が多く働いています。

日本でも、中華レストランで働いている中国人のスタッフが母国語で会話していたり、インド系レストランで働いているスタッフ同士では母国語で会話している光景を見たことがあると思います。

日本食レストランは日本人にとって働きやすい環境だとは思いますが、留学の一番の目的を英語力の向上と考えると、アルバイトをする場所としてベストとは言えないでしょう。

例えばもし、日本人がいないスターバックスのようなカフェでアルバイトをした場合はどうでしょうか。圧倒的に英語を話す友達を作れる可能性が高くなります。

特に学生だと同じ職場のアルバイトスタッフと仲良くなりやすいものです。仕事中のちょっとした手の空いている時間での会話から始まり、仲良くなったら仕事後に一緒にお酒を飲みにいったりするなど、仕事仲間と仕事外でも一緒に時間を過ごすことでさらに距離が縮まり、友達と呼べる仲になれます。

そうすることで、お金が稼げる上に英語もたくさん話せ、その職場で働くのもどんどん楽しくなるなど、まさしく充実した留学ライフが送れるようになるでしょう。

国際交流ができる場所に行く

学校やシェアハウス、職場などで友達は作れますが、やはり毎日同じところにいるだけでは、なかなか友達は増えません。

もちろん、いつも同じ仲間と一緒に過ごすのも楽しいですが、新しい出会いから色々な気づきがあったり、刺激をもらえたりするものです。

そのためには、積極的に知らない人たちと交流できる場に行くのがおすすめです。


留学に行く前に友達を作ろう!日本国内で友達を作るコツはこちらのブログから

nativecamp.net


友達のホームパーティーに行く

学校やアルバイト先でできた友達が
「今度うちでホームパーティーやるから来なよ!」
と誘ってくれるかもしれません。

そういう時は積極的に参加してみることをおすすめします。

海外だと、知り合いだけではなく、友達の友達をホームパーティーに呼んだりするのは特別なことではない国もあります。

つまり、友達のホームパーティーに参加することで、新しい出会いが期待できます。色々なところに顔を出しているうちに、いつの間にか友達の輪が広がっていたということはよくある話です。

友達を介しているというのもあり、お酒を飲んで色々な話をしたり、一緒にゲームをしたりしてるうちにすぐ仲良くなれるというのがホームパーティーの魅力の一つと言えるでしょう。

Meetupのようなイベントに参加する

大抵どこの留学先でも、探せばインターナショナルなイベントはたくさん見つかります。

そのようなイベントには、留学生だけでなく、普段働いている社会人なども来るでしょう。

そのような場所に積極的に足を運び、色々な人たちと出会い、幅広い友人関係を築いていくことができます。

イベントを探すのに便利なのが「Meetup」です。

Meetupは、共通点のある人々を結びつけることを目的として、好きなアクティビティや趣味など、同じことに関心がある人たちが集まるイベントを告知することができるプラットフォームです。

音楽好きな人、本好きな人、プログラミングや語学を学習をしている人など、最初からテーマの決まっているコミュニティイベントが多数あるので、自分の趣味や興味に合ったものを選ぶことで、同じような趣向の人たちと出会うこともできます。

参加者の間で最初から共通言語があるので、仲良くなりやすいというメリットがありおすすめです。

一度コミュニティに入ってしまえば、参加を重ねるごとに顔馴染みの仲間とどんどん打ち解け、親密な仲になれるでしょう。

最初は勇気がいると思いますが、いざ参加してみると意外に気楽ですぐに楽しめてしまうものです。

友達とSNSで繋がっておく

仲良くなった人たちとは、積極的にFacebook、Twitter、Instagram、その他チャットアプリなども含め、何かしらの方法で繋がっておくことをおすすめします。

例えばFacebookで繋がっている友達が、Facebook上で何かしらのイベントを立てるかもしれませんし、自分で何かイベントを主催する場合も、気軽に告知ができます。

友人のSNSの更新情報をもとに、次回会った時に
「そういえばこないだ◯◯に行ったみたいだね、どうだった?」
というような会話もできます。

そのように興味をもってくれることに相手は好意的に思うはずですし、会話も弾むでしょう。

また、ちょっと聞きたいことがあったり、何してるのかが気になったりした時は、チャットアプリやDM機能などを使って簡単にコンタクトを取ることができます。

コンスタントに連絡し合っていることで、繋がりを絶やすことなく交流を続けられるでしょう。

さらに、留学生の多くは、留学期間が終われば自分の国に帰る方が多いでしょう。

別れは寂しいですが、SNSで繋がっておくことでお互いの近況を報告し合えますし、それによっていつかどこかでまた再開できるチャンスもあるでしょう。

ちなみに、「どのSNSが一番良いのか」と疑問に思っている方も多いかと思いますが、今は人の好みによって使っているSNSが違うため、一概にどれが一番良いということは言えませんが、海外国内問わずよく聞かれるのは「Facebookやってる?」です。

ただし、人によっては「Instagramやってる?」と聞いてくる方もいますし、「LINE交換しよう」と言ってくる方もいます。それだけ多様化しているため、誰がどのSNSにいるかの整理は自分自身でする必要があるでしょう。

まとめ

では今回の記事のまとめです!

留学先で友達をたくさん作るコツは、

・日本人の少ない学校に通う
・日本人のいないシェアハウスに住む
・日本人のいない場所でアルバイトをする
・友達のホームパーティーに参加する
・国際交流イベントに参加する
・出会った人たちとはSNSで繋がっておく

いかがでしたでしょうか?

留学先で英語を話せる友達をたくさん作るのは決してハードルの高いことではないことがお分かりいただけたと思います。

留学中にどんどん友達を作れる人に共通して言えることは「交流に積極的である」ということです。何にでも言えることですが、チャンスは自分で動いたぶん、多く訪れます。

留学を充実したものにするのに友達の存在は欠かせません。この記事を参考に、たくさんの友達を作って楽しい留学生活を送れることを願ってます!

Copyright © オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.