留学に必須な持ち物は?必需品やあると便利なものを教えます!

留学、必須、持ち物

今、日本では多くの学生や社会人の方が英語の必要性を感じ、その英語を学ぶ為に留学をしています。

私も大学生時代に英語の必要性を感じ、アメリカに留学をしました。

その当時、私はろくに留学について調べる事もせずにアメリカへ行きました。その結果今になって「ああしておけばよかったのにな」と後悔する事が沢山あります。

色々後悔する事はあるのですが、今回は留学をするにあたって、持っていくべき物を私の実体験を元に皆様へご紹介していきます。

普段の生活をするにあたって必要な物

日本だとあって当たり前で、もし無かったとしても、コンビニに行けば買えるような物は、灯台元暗しで、案外留学先に持っていく事を忘れてしまうので、注意が必要です。

私が個人的に必要だと思った物は下記の3点になります。

・歯ブラシ
・お箸
・耳かき

なんかとても地味な選出になってしまいましたが、ちゃんとした理由があります。

では、まず歯ブラシから説明をさせていただきます。

日本だと低価格で質の良い歯ブラシをどこでも買う事ができます。

また、種類も豊富でブラシの硬さなども選ぶ事ができます。

しかし、海外ではまず歯ブラシの値段が高いです。

そして種類もそこまで多くありませんし、すぐに傷んでしまいます。

そして何が一番ダメだったかというと歯ブラシの大きさです。

とにかく大きいです。大きすぎてまず奥歯が磨けません。

そのせいかどうかは分かりませんが、私はアメリカに行ってから数ヶ月後に虫歯になってしまいました。

なので私は日本から自分が普段から使用している歯ブラシを数本持参される事をお勧めします。

次はお箸です。

私はご飯を食べる事が好きなので、お箸が大事と言っているだけかもしれないですが、留学というのはいつもと違う環境で生活をする為、小さな事がストレスになりやすいです。

それが私の場合は食事でした。

何を食べるにしても使用するのはナイフ、スプーン、フォークです。基本的にお箸はホームステイ先やレストランには置いていません。

例えば、ホームステイ先でカップラーメンを食べようと思い、お湯を入れましたがお箸がないという事に気づき、仕方なく人生で初めてラーメンをフォークで食べましたが、やっぱりしっくりきませんでした。

食べることが大好きな方はぜひMy chopsticks(お箸)を持参される事をお勧めします。

最後は耳かきです。

私はいつも耳掃除をする時は綿棒ではなく、木やプラスティックでできた耳かきを使用しています。(その方が耳を掃除した感じがするからです。)

しかし、海外にはなぜか綿棒タイプの耳かきしか売っていません。

これには私もびっくりしました。

私は9ヶ月間アメリカで生活をしていたのですが、その間綿棒タイプの耳かきで耳掃除をする事を余儀なくされました。

これはすごく自分の中でストレスでした。

なので、普段耳掃除を木やプラスティックタイプの物を使用されている方はぜひ留学先へ持参して下さい。

勉強するにあたって必要な物

留学をする一番の目的は英語を勉強する事だと思います。

そこで次に勉強をする上で、日本から持って行った方が良い物をご紹介させていただきます。

私が個人的に必要だと思った物は下記の3点になります。

・電子辞書
・ノート
・目薬

「電子辞書なんて今時携帯で代用できるでしょ。」と思われるかもしれませんが、電子辞書は案外役に立ってくれます。

基本的に携帯電話があれば外出先で相手に何か伝えたい時に携帯の翻訳アプリを使用して相手に何かを伝える事ができますが、たまに電波が悪く、思うようにその翻訳アプリが動かない事があります。

そんな時に私は電子辞書を携帯の代わりとして使用し、そのピンチを乗り越えていました。

どんな通信環境でも問題なく使用する事ができる電子辞書は、長い留学生活においてとても重宝しましたので、とてもお勧めです。

ノートも持参した方がいい物の一つとなります。

その理由として、アメリカで販売されているノートは紙が薄く、すぐに折り目などが付いてしまい、ボロボロになるのが早いです。

探せばもっと質の良い物もあるとは思いますが、私達が近所の本屋さんに行って買えるもので質がいいと思えるものはありませんでした。

ノートがボロボロになってしまうと、せっかく勉強して書き留めたものも見返す気持ちが薄れてしまいます。

なので、少し荷物が重くなってしまいますが、数冊は日本からノートを持っていた方がいいと思います。

最後に私が勉強する上で必要だと思うものは目薬です。

長時間集中して勉強していると当然目が疲れますよね。

私は日本にいる時からドライアイでしたので常に目薬を使用していました。

しかし、アメリカ留学の時に日本から目薬を持っていく事を忘れてしまい、仕方なく現地で購入しました。

ただ、当然自分が知っているブランドの物はなく、説明文も英語だし店員に聞いても専門用語ばかりで何を言っているのかよく分かりませんでしたので、なんとなくの感覚で一つ目薬を買いました。

ですが、それが自分の目にあっておらず、あまり効果がありませんでした。

そんな所で嫌な思いするぐらいなら「初めから目薬を持参すれば良かったな」と思いますので、目薬を普段から使用されている方は持参する事を忘れないで下さい。


電子辞書の購入に悩んでいる!という方はこちらのブログがおすすめです!

nativecamp.net


いざという時に必要な物

日本にいる時はそこまで意識していなくても必要があればどこかで買ったり、そもそも家にあるような物でも、当然海外に行くと当たり前には手に入らないというものが沢山あります。

これから、いざという時に必要な物を紹介します。

・医薬品
・インスタント食品(日本食)
・クレジットカード

医薬品は、私が留学をした時は必要がないと思い、持って行きませんでしたが、持っていった方が良かったと思う物の一つです。

日本にいる時は健康で、風邪なんて滅多に引かないという人でも、留学というのは知らず知らずのうちにストレスが溜まっているので、風邪を引いてしまう事も珍しくありません。

そして、海外で販売されている風邪薬というのは当然海外で住んでいる人向けに作られているので、我々日本人に合わない可能性があります。

そんな時に日本から風邪薬などを持っていくと重症化する事なく留学生活を送る事ができます。

長い留学生活で、どこかのタイミングで必ず日本食が恋しくなる時がきます。

そんな時に日本からカップラーメンや即席味噌汁などを持っていっていれば、日本を思い出す事ができ、無駄にストレスを抱える事はなくなります。

しかしこれはあくまでも、どうしても日本食が食べたくて仕方がない。という時だけ限定で食べて下さいね。

留学後、初めの1、2ヶ月で全て食べてしまったら後半がしんどくなってしまいますからね(笑)
(実際に私の日本人の友達が留学後すぐに持参していた全ての日本食を完食して、後半どうしようと途方に暮れていました。)

クレジットカードは大半の方が持参されると思いますが、私は最低でも2枚はクレジットカードを持参される事をお勧めします。

また、どちらもキャッシング機能付きであると、よりいいと思います。

クレジットカードが2枚以上必要というのには理由があります。

まず、留学では様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

・クレジットカードが海外のATMに対応していない。
・海外に対応しているが、なぜか正常に使用できない。
・クレジットカードが何らかの理由で使用停止になってしまう。

上記のようにあげだしたらキリがありませんが、様々な原因で持参したクレジットカードが使用できないという事が起こり得ます。

そんな時、日本ならすぐにサポートをしてくれますが、海外にいるとなるとその手続きも複雑化し、とても面倒です。

最悪の場合、日本に帰ってきてから対応しますという事になってしまいます。
(自分は今すぐにでも直してもらいたいのに)

なので最悪の場合を想定し、念の為、2枚以上クレジットカードを持っていく事をお勧めします。

ちなみに私は、サンフランシスコに到着し、初めに乗ったタクシーでスキミング被害に遭い、留学生活で使用するお金が全て不正利用をされて、持ち金が0円になってしまうという最悪のスタートを切りました。
(実話です。)

すぐさま日本に連絡をしましたが、すぐには対応できないという事で、しばらくは日本から持って行っていた現金で生活をしていました。

何が起こるか分からない海外での生活を安全に過ごす為に、常に最悪の事態を想定して動く事が大切となります。

手荷物で持っていける物、持っていけない物

日本から海外に行く時に気をつけないといけない事、それは、飛行機搭乗時の手荷物についてです。

事前知識がないまま当日を迎えてしまうと、少しもったいない思いをしてしまう可能性がありますので、ここで説明をしたいと思います。

まず飛行機に搭乗する際はその航空会社によって手荷物の大きさの制限や重さの制限などがありますので、事前に航空会社のホームページで確認をしておく事が大切です。

手荷物で持っていけるもの

・化粧用、裁縫用のハサミ/ 爪切り

・化粧品や医薬品
(100ml以下まで、へアスプレーなども可)

・アルコール
(アルコール度数が24%以下のもの、それ以上は制限があるので注意が必要)

・マッチ、ライター
(小型のもので一つまでなら持ち込み可)

手荷物で持っていけないもの

・ナイフ類
・ヘアアイロン

(電池を外していれば持ち込み可)
・釣竿
・野球のバット、ゴルフクラブ、スキー板などのスポーツ用品

(60cm以下の長さなら持ち込み可)
・電動ドリルなどの工具類

手荷物、預け荷物のどちらでも持っていけないもの

・殺虫剤
・リチウム電池
・花火、クラッカー
・加熱式弁当

よくやりがちなミスとしては、男性の場合は整髪剤関連の持ち込みです。

一応制限されている量を超えなければ、その整髪料を透明の袋に入れる事で、手荷物として持ち込む事ができますが、正直飛行機の中で髪の毛のセットをする必要はないと思いますので、私の意見としては初めから整髪料は預け荷物として準備を進めるといいと思います。

ちなみに私はサンフランシスコからロサンゼルスへ向かう国際線で、ギャッツビーの洗顔剤、保湿液、ヘアワックス、シャンプー、リンス、ボディーソープを全てサンフランシスコの空港で没収をされました。笑

手荷物に関する知識が全くなかった当時の自分を本当に叱ってやりたい気持ちです。

皆さんはそのようなミスをしないように気をつけて下さいね。

まとめ

留学生活では思っている以上に自分の必要とする物がすぐに手に入らない事が多いです。

留学をしているんだから向こうの生活に慣れなさいと思われる方もいると思いますが、一番大事なのは無理せず、ストレスを抱えず留学生活をする事だと私は思います。

なので、上記に紹介させていただいた物を参考にしていただき、これから留学される皆様には楽しい留学ライフを送っていただきたく思います。

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.