親御さん必見!サンタさんの手紙、使える英語例文

Christmas letter


世界中の人にとって、クリスマスは間違いなく一年を通して最大のイベントの一つです。

例えば、イギリス。11月に入ると街はクリスマスのデコレーションが早々に飾られます。そして、人々は一年心待ちにしたクリスマスの準備を始めます。

ネット時代とは言え、多くの友人・家族にはまだまだクリスマスカードを書きますし、特に小学校ではクリスマスキャロルを地元の教会で唄うイベント、12月1日からは子ども達が毎日アドベントカレンダー(毎日、日にちの扉を開けると小さなチョコレートが入ってるカレンダー)を楽しんだり、クリスマス伝統行事はいまだ健在なのです。

そして、日本でもクリスマスは大きなイベントですね。

子どものころ、クリスマスが近づくとやけに良い子になったりしてサンタさんからのプレゼントを心待ちにしていました!

さて、現代は子どもがサンタさんへ手紙を送る時代です。

フィンランドのサンタクロース宛に世界中の子ども達から毎年、数十万通の手紙が届きます。

手紙と言えば小学校でも英語教育義務化の時代、子ども達が英語でサンタさんへ手紙を書くことも増えたはずですね。

また、フィンランドやカナダへ手紙を送れない場合、お父さんやお母さんがサンタさんの代わりに返事を書く、なんてこともあるかもしれません。

しかし、子ども達が英語で出したのに、サンタさんからの返事が日本語ではいけません。

サンタさんとして英語で返事を書きたいお父さん、お母さん。
どうやって書けば良いのかしら、、、と悩む必要はありません。
この記事では、子どもからのメッセージに答えられるような、便利な英語表現を紹介します。

 

 

【そもそもサンタさんとは・・・。】

ご存知ですか?日本で呼ばれているサンタクロース、実は国によって呼び方が違うのです。

まずは、呼び方の豆知識からご紹介しましょう。

サンタクロース派?ファーザークリスマス派?

日本では一般的に「サンタクロース」と呼ばれているサンタさん。
実は国によって、以下のように呼び方が違うのです。

サンタクロース/Santa Claus:日本・アメリカ・フィンランドなど
ファーザークリスマス/Father Christmas:イギリス・オーストラリア・ニュージーランドなど

日本の子ども達がサンタさんへ手紙を書くときは、「Dear Santa」で始めれば良いでしょう。
あとは日本語でも良いですが、終わりに書く自分の名前はアルファベットで書くようにお手伝いしてあげたらいかがでしょう。

自分の名前を英語で書く練習にもなりますし、外国へ出す手紙ということをもっと感じられるかもしれません。

 

【子ども達への手紙を書こう】

手紙の受取人は子ども達!
サンタさんからの返事だということを子ども達に伝えるには、封筒から完璧に作らないといけません。

サンタさんは日本語を書けませんから、もちろん英語になります。
英語で宛先を書く場合は名前がはじめにきて、その後に住所となります。

<封筒の宛先例>
To  Riku Nagashima
888 Aoyama, Minato-ku, Tokyo, Japan, 〒222-2222

親が返事を用意すると、消印を押すことができないのが残念なところです。
消しゴムを使って消印風を作ったり、楽天などで消印スタンプを購入してさらに見せ方を完璧にすると良いですね。

本物感を出すよういろいろな工夫をして、お父さんお母さんも楽しんでしまいましょう!

それでは、サンタさんからの返事、具体的にどう書いたら良いか紹介していきましょう。

サンタさんからの手紙で使える英語例文

書き出しは、子どもの名前、そしてメリークリスマス!で始めましょう。 

Dear Riku,
Ho! Ho! Ho! Merry Christmas from the North Pole!
Thank you for your letter, it was lovely!
I enjoyed reading it.
I was checking my list and I can see you are on “the Nice list”. 

陸君へ、
ホウホウホウ!ノースポールからメリークリスマス!
素敵な手紙をどうもありがとう!
楽しく読ませてもらったよ。
今さっき、リストを確認したら、陸は”良い子のリスト”に載ってるね。

そして、パーソナルなことを入れた内容に続きます。

この1年、子どもがした良いことを褒めてあげよう!

パーソナルなことを手紙に書くと、自分のことをサンタさんが知っている!と子ども達は誰もが喜びます。

”君のことをとても誇りに思うよ”という意味で、I am very proud of you Riku that~で始め、それぞれ子どもがこの一年間でしてきた良いことを続けて書きます。

Riku that you have been helping your mum cook dinner very often.
(晩ご飯作るの、お母さんをよく手伝ってるね。)

Riku that you look after your sister very well.
(妹のこと、よく面倒みてるね。)

Riku that you always do your homework before playing.
(遊ぶ前にいつも宿題を終わらせてるね。)

Riku that you carry on practicing Judo and keep on improving.
(柔道の稽古を続けていて、上達しているね。) 

※ここでは、I am very proud of you Riku that~の「Riku that」からご紹介しましたが、「I am very proud of you」も忘れずに書いてくださいね!

 次に、子ども達の一番の関心事”プレゼント”について言及していきます。

子ども達が欲しいプレゼントについてサンタさんからコメントしよう!

I got your wish list. I can see that you love boy stuff!
(君の希望リストを見たよ。なるほど、男の子のためのものが大好きなのがみてとれるよ。)

You love LEGO. They are so nice!
(レゴがとっても好きなんだね、あれはとっても良いね!)

Most children don’t get everything they want for Christmas even boys as good as you.
(君と同じように良い子であっても、ほとんどの子ども達はクリスマスに欲しいと思うもの全部をもらえるということではないんだよ。)

But I am sure you will enjoy a surprise which you do find under the Christmas tree.
(だけど、クリスマスツリーの下にびっくりするものを見つけて喜ぶことになるだろうと思ってるよ。)

I will do my best to bring you something that will make you happy.
(君が喜ぶプレゼントを届けられるように頑張るからね。)

次に、このまま良い子でいるように褒めてあげると良いですね。

欲しいプレゼントがクリスマスツリーの下にくるよう
良い子でいるんだよ! 

I am really looking forward to visiting your house this year.
(今年、君の家に行くことをとっても楽しみにしているよ。)

Even I can’t stay very long as I have to fly all over the world in one night!
(一晩で世界中を飛び回るから、長居はできないけどね!)

Be sure that you stay being a good boy. I know you can do it!
(良い子でい続けるようにするんだよ、君ならそれができるって私は知っているからね!)

最後に、サンタからだというサインをして手紙を終わらせます。
Lots of Love, Santa./ 愛をこめて、サンタより。

 

クリスマスに関する英単語紹介

ここで、クリスマスに関する単語について紹介しましょう。
子どもへの手紙に使える単語もあるかもしれませんね。 

Christmas/ クリスマス
Christmas tree/ クリスマスツリー
Christmas present/ クリスマスプレゼント
Christmas socks/ (サンタがプレゼントを入れる)クリスマスソックス
Reindeer/ トナカイ
Sleigh/ ソリ
Snowman/ スノーマン
Turkey/ 七面鳥
Christmas cake/ クリスマスケーキ
Christmas bell/ クリスマスベル
Poinsettia/ ポインセチア
Christmas wreath/ クリスマスリース
Christmas market/ クリスマスマーケット

 

サンタさんからの手紙は子どもの成長を感じられる機会

今回は、サンタさんからの手紙の書き方について紹介してきました。

子ども達がサンタへ手紙を書くこと、そしてサンタさんから返事をもらうことはとっても大切です。

ただ、プレゼントを貰うという行為を何倍も豊かにすることができます。 

忙しい年末ではありますが、手紙を書くためにこの一年子どもがどのように成長したのか立ち止まって考えることはとても意味のあることだと言えます。 

クリスマスを子ども達との大事な思い出にするため、サンタからの手紙は心を込めて書くと素敵ですね!

クリスマスについてもっと詳しく知りたいという方にオススメなのが、ネイティブキャンプの「異文化コミュニケーション」教材です。
フィリピンでは、「September」「October」「November」「December」と「ber」のつく4ヶ月でクリスマスをお祝いします。

海外のクリスマスについて聞くのも勉強になりますので、ぜひ講師とクリスマスの過ごし方について話してみてくださいね!

最後に、クリスマスに使うSeason’s greetingsを紹介しましょう。

クリスマスに関するSeason’s greetings

クリスマスを祝うための表現方法をみてみましょう。
Merry Christmas!
Happy Christmas!
Happy holidays!
Merry Christmas and a very Happy New year!
Wishing you and your family a very Merry Christmas!
Festive greetings!

クリスマスには外国人の友達、英会話の講師などにぜひ使ってクリスマス気分を味わってくださいね!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.