TOEIC®頻出!これだけは覚えておきたいビジネス英単語、フレーズ9選 入門編

こんにちは。インターンのAkioです!

英語を学習する目的の1つとして

  • 将来海外で働きたい、
  • TOEICで高得点を取って、大企業に就職したい

というのが目標の方もいるのではないでしょうか?

女性の画像

今回はそんな方々向けの記事となっております。

TOEICで頻出のビジネス英単語、フレーズを集めてみました。
今回のは入門編として、TOEICを受験する方には絶対覚えておいてほしい基本的な単語、フレーズを選んでいます。

早速一緒にチェックしていきましょう!!

ネイティブキャンプTOPバナー

1.benefits package /ˈben.ə.fɪts ˌpæk.ɪdʒ/
福利厚生

日本語では馴染みのある言葉ですが、英語ではこういう風に言うんですね!
TOEICではbenefits のみで出る事の方が多いかもしれません。

これは知らなければ、なかなか思いつかない単語なので、覚えておいた方がいいですね!

2.resume /rɪˈzuːm/
履歴書

レジュメというと大学の授業で配られるプリントをイメージしてしまいますよね。
そのレジュメと同じかは分かりませんがresumeは履歴書を意味します。

求人票などでよく見る単語です。
同じくCV(curriculum vitae)も履歴書を意味する単語ですがresumeよりは出る頻度が少ないように感じます。

3.CEO  /ˌsiː.iːˈoʊ/
最高経営責任者

いわゆる社長ですね!

ちなみにChief Exuctuive Officerの略です!
CTO(最高技術責任者)はChief Technical Officerの略です。

覚えておきましょう!

4.To whom it may concern 
関係者各位

メールの書き出しで使われます。

5.Travel itinerary
旅行日程

旅行や仕事での出張の日程を描写する問題によく使われます。
TOEICでよく見る問題は
What is NOT including in travel itinerary?
のような感じですね!

6.due date
支払期限、締め切り

レポートの提出や、オンラインショップの代金、公共料金の振り込み期限などとして頻出のフレーズです。
deadlineも同じような意味で使われますね。

7.invoice  /ˈɪn.vɔɪs/
請求書

こちらもオンラインショッピングの請求書のような形式の問題やメールでよく出てきます。
billが使われることもあります。

8.Bankruptcy  /ˈbæŋ.krəpt.si/
破産、倒産

会社が倒産した時に使われます。
insolvencyも似たような意味で使われますね!

以上いかがでしたしょうか?
皆さんの英語学習に役立てば幸いです!!

TOEICのレッスンの説明はこちら

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.