ゲーム感覚の英語学習アプリ!「英語物語」を紹介します!

英語物語,アプリ.ゲーム

「英語を勉強した方が良いのはわかっているけれど、難しい参考書や問題集は見るのも嫌」
「もっと気軽に勉強できたら良いのに…」

そんな悩みを持っている人におすすめしたいのが、ゲーム感覚で楽しく英語学習を続けられるアプリ「英語物語」です。

とはいえ、初めてアプリを使うときは「本当に効果があるの?」「課金しなくても使えるかな?」と不安になる人もいるでしょう。

そこで今回は、そんな「英語物語」の特徴や魅力について詳しくお伝えしていきます。

アプリを使った学習を考えている人、「英語物語」の内容について興味がある人はぜひ参考にしてくださいね。

英語物語は英語で敵を倒すゲームアプリ

「英語物語」は、ゲーム感覚で英語クイズを解いていくアプリです。

プレイヤーは夢の世界に閉じ込められた主人公「英夫」となって敵キャラクターと戦いながら日本全国を旅します。

「英語物語」では英語の4択問題を通して敵と戦い、登場する敵をすべて倒せばステージクリアです。

制限時間内に正解すれば味方が敵に攻撃できますが、逆に不正解だと敵から一方的に攻撃されてしまいます。

ゲームを有利に進めるには、素早く正確に回答することがカギになるので、自然と単語を覚えられるのです。

学生から社会人までレベルに対応した学習ができる

「英語物語」はゲーム中に出題される英単語のジャンルを細かく指定できます。
出題範囲は受験や学校の試験に対応した「一般」のほか、「英会話」「英検」「TOEIC」など、分野ごとの収録単語は全部で1万5000語以上にのぼります。

自動で難易度を調節してくれる便利機能付き!

ある程度クイズを解き続けると、出題レベルを自動で調整してくれる機能もついています。
同じレベルの問題で正解し続けるとクイズの難易度が上がり、逆に何度も不正解になると難易度がダウンし、簡単な問題から解き直すことができます。

初心者から上級者まで自分にあった単語学習ができる

英語クイズの難易度はプレイヤーが自由に設定することもできるので、初心者から上級者までゲームで遊びながら自分のペースで成長も実感することができます。

難しいものになるとTOEIC900点レベル、英検1級レベルのマニアックな単語も収録していますので、「もっと上を目指したい!」という人にもおすすめです。

いろいろな出題形式で語彙力アップ

「英語物語」では4択クイズ形式で問題が出題されます。

出題方法は最大5種類の中から選ぶことができ、複数の出題形式からランダムに出題することも可能です。

同じ単語でも出題形式が変わると難易度が跳ね上がることがあるので、上級者でも飽きずに遊ぶことができます。

<選べる出題形式>
・英単語を日本語にする
・日本語から英語にする
・対義語
・類義語
・単語の意味を英語で説明

単語だけじゃなく英文法も勉強できる!

「英語物語」で勉強できるのは、単語の意味を確認する問題だけではありません。

発音や英文法の問題も、4択クイズ形式で出題することができます。

もちろん、出題範囲や難易度は単語テストと同じように自分で調節できます。

「単語の意味だけじゃなく発音も知りたい」
「語法も押さえておきたい」
など、さまざまな目的に合わせた学習を可能にしてくれます。

ゆる〜い雰囲気の物語にも英語の字幕と音声が!

「英語物語」では問題だけでなく、ストーリーやキャラクターのセリフにも英語音声がついています。

ストーリーでは英語音声と英語字幕のほか、日本語の字幕も表示できるので、英語が聞き取れなくてもお話を楽しめます。

英語音声は機械音声なので慣れるまで少し時間がかかりますが、英語と日本語を読み比べるだけでも新しい語彙を吸収できます。

読み上げ音声はスピードを自由に設定でき、さらにアメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語の3種類からアクセントを選べるという贅沢な機能付きです。

ストーリーはコメディ風のゆるい雰囲気で進んでいき、教科書では学べないようなスラングも満載。

中には実際の英会話でも使いたくなるような「クスッ」と笑えるフレーズもたくさん登場するので、「英語で物語を楽しむ」という使い方もできます。

気に入った単語は「My単語帳」という機能に登録して自由に復習可能です。

親切な復習機能で楽しみながら弱点強化

「英語物語」ではクイズで間違えた問題を楽しく復習し、弱点を強化できる機能もあります。

ステージごとに出題された問題は全て解説付きで復習できるので、疑問点をしっかり解消してから次のステップに進めるのです。

さらに、答えを間違えた問題は、ステージ終了後にもう一度チャレンジ可能。

再チャレンジで正解すると、ゲーム内で使えるアイテムが貰えます。面倒な復習もご褒美があればやる気がわいてきますね。

復習機能はステージ画面以外でも使えます。間違えた問題だけを集中して解くこともできるので 「今日は復習を頑張る」
「明日は新しい問題に挑戦」
とその日の気分に合わせて遊び方を変えてみても面白いですよ!

基本は無料!スキマ時間で遊びながら勉強できる

いろいろな便利な機能と学習コンテンツが利用できる「英語物語」ですが、アプリは基本的に無料で使えます。

課金できるアイテムもありますが、無料の範囲内でも楽しく遊べるので安心です。

例外的に、「1日に数時間はゲームに没頭していたい」という人なら試しに数千円程度課金しても良いでしょう。

スキマ時間の学習に最適

「英語物語」では、ひとつひとつのステージを数分程度でクリアすることができます。

ストーリー部分を含めても1ステージ5分以内で終わらせることができるので、「忙しすぎてゲームなんてできない」という人でも大丈夫。

通勤中の電車内、お昼休み、テレビの合間のCMなどのスキマ時間を活用して勉強することができます。

ゲームとしても楽しい要素が満載!

「英語物語」の魅力は、英語学習コンテンツだけではありません。

ゲーム性が高く、楽しめる要素もしっかり盛りこまれているので、楽しみながら英語学習を習慣化することができます。

ゆるキャラをコレクションして育成できる!

「英語物語」ではご当地の「ゆるキャラ」を使ってバトルしますが、ゆるキャラはなんと全1,500種類以上も存在します。キャラを集めるコレクション要素も楽しむことができます。

さらにはお気に入りのゆるキャラを強化したり、進化させたりするRPG要素もあります。ゆるキャラの強化には、ステージクリアで手に入るアイテムが複数必要なので、何度もステージをプレイして繰り返し英語クイズに挑戦しましょう。

ガチャ・期間限定イベントなどソーシャルゲーム要素も満載

ステージクリア以外でも、ガチャでゆるキャラを入手できたり、ログインするごとにアイテムがもらえたりといったソーシャルゲームおなじみの要素もふんだんに盛り込まれています。

さらには季節ごとのキャンペーンや他プレイヤーとの協力ができる機能も揃っているので、ゲームにハマりつつも語彙力を鍛えることができるのです。


ここで少し余談!

下記記事では、Youtubeを使って英語力を向上させる方法をご紹介しています!オススメのチャンネルもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい♪♪

nativecamp.net


英語物語の評価と口コミはどうなの?

ここまで「英語物語」の実際にプレイした人の評価が気になりますよね。

そこで、Google PlayとApp Storeで「英語物語」に関するユーザーの評価を調べてみました。

実際の口コミは以下のリンクから確認できます。
App Sore(https://apps.apple.com/jp/app/id805477882
Google Play(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.frecre.englishstory

2020年12月時点の評価はGoogle Playでは平均4.6、App Storeでは平均4.7とかなりの高評価!(ともに最大評価は「5」) 「英語物語を2年間使い続けて、500点だったTOEICのスコアが750点を超えた」
「毎日プレイしているうちに、問題を読んでから答えるまでの時間が短くなった」
などといったレビューも多く見受けられました。

開発者がユーザーの要望に丁寧に回答してくれる!

さらに素晴らしいのは、ほぼ全てのコメントにデベロッパーからの返信がついている点でしょう。

「開発者にユーザーの声が届いているんだ」という信頼感が持てますし、「これからプレイヤーの声が反映されて、もっと使いやすくて面白いゲームになるかも」と今後に期待できますね。

スマホゲームとしてはかなり長寿な「英語物語」

「英語物語」は、2021年1月でサービス開始から7周年になります。

1年を待たずにサービス終了となるゲームアプリも多い中で7年間ものサービス運営ができているのは、それだけユーザー数が多く、しかも長期間にわたりプレイされている証拠です。

公式サイト(https://eigomonogatari.com/e-learning/)によると2020年11月時点で合計200万ダウンロードを突破しているとのこと。その人気ぶりがうかがえます。

日本e-Learning大賞を受賞!教育アプリとしても評判

「英語物語」は、教育アプリとしての評価も高く、2020年11月に「第17回日本e-Learningアワード」で「デジタルトランスフォーメーション特別部門賞」を受賞しています。
https://www.elearningawards.jp/award-winner

この賞はインターネットを使った教育サービスの中から、特に成功したサービスを表彰するもの。「英語物語」が教育界からも大きな注目を集めていることがわかります。


ここでまた少し余談!

皆さん、Instagramを使って英語力を伸ばせることをご存知ですか?下記記事で、その方法をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい♪♪

nativecamp.net


まとめ

今回は英単語や発音、文法をゲーム感覚で学べるアプリ「英語物語」について紹介しました。

「英語物語」では受験英語はもちろん、日常英会話やTOEICや英検などの資格試験の頻出単語も収録されています。

ゲームの形をとってはいますが膨大な収録問題数に加え、学習をサポートする便利な機能も実装されていて、「学習用」としても優秀なアプリです。

小学生向けからTOEIC900点超レベルまでさまざまな難易度の問題を収録しているので、出題形式や問題の範囲を調節すれば、英語が苦手な人も得意な人も楽しめます。

もちろん、単純にゲームとしてストーリーを楽しんだり、キャラクターを集めたりする楽しみもあります。

ゲームを楽しみながら英語の知識を身につけたい人、英語に苦手意識がある人にはぜひ試していただきたいアプリです。

受験英語から英検、TOEICまで幅広い学習コンテンツをカバーしているので、学生から社会人まで幅広い世代の人におすすめです。

この記事を読んで「英語物語」に興味を持たれた方は、ぜひ一度ダウンロードして遊んでみてくださいね。