「幸せ」に関する英語表現を学ぼう!

happiness


みなさん、こんにちは!

突然ですが、みなさんは普段の会話の中で、どれだけ自分の感情を相手に伝えていますか?

日本語でも英語でも、相手とコミュニケーションを取る際に、自分の“感情”を伝えることは、とっても重要です!

お互いの感情を共有することで、人は、さらにお互いを理解し合い、仲良くなることができますね。

また、スピーチなどでも、「その時自分はどう感じたのか」という“感情”を加えると、臨場感が出やすくなる上、共感も呼びやすくなりますよ!

そこで今回は、感情の一つである「幸せ」をテーマに、「幸せ」を表す英語表現を学びましょう!

加えて、他の感情を表す英単語も紹介しますね!

 

 

*「幸せ」は英語で〇〇

「幸せ」は英語で、何と言うのでしょうか。

最もオーソドックスな表現としては、
「happy」(形容詞)「happiness」(名詞)でしょう。

ただ、「happy」という言葉は、「幸せ」だけではなく、「嬉しい」「楽しい」などの意味も含まれます。

その為、日本語でいうところの「幸せ」や「幸福感」、「心が満たされる感覚」などを伝えたい時に、「happy」という表現だけでは、物足りなさを感じることがあるかもしれません。

そこで今回は、「happy」という表現だけでなく、「幸せ」を表す他の表現もお伝えしていきたいと思います!

「幸せ」に関する単語

happy(形容詞)
意味:「うれしい、楽しい、幸せ、幸福な」など。
例文:I’m so happy! 「とっても幸せ!」

やはり、一番使われるのは「happy」です。
シンプルだからこそ、とびきり感情を込めていうと、気持ちは伝わりやすいでしょう!

ちなみに、“happy” は形容詞で、名詞は“happiness”、副詞にすると“happily” ですよ。

fortune(名詞)
意味:「運、運勢、運命、幸運」など。
例文:He has the (good) fortune.「彼は幸運に恵まれている。」

形容詞と副詞は下記になります。

fortunate(形容詞)「幸運な、幸福な、運に恵まれた」
fortunately(副詞)「運良く、幸運にも、幸いなことに」

lucky(形容詞)
意味:「運が良い、幸運な、ついている」など。
例文:I was a very lucky guy.「僕はとてもついていたんだ。」

名詞は“luck” 「幸運、つき、まぐれ当たり」です。
“Good luck!” で、「幸運を祈る」という意味になりますよ。

pleasure(名詞)
意味:「楽しみ、喜び、満足(感)」など。
例文:I get a lot of pleasure from music.
「私は音楽が大好きです。(直訳 : 私は音楽から大きな楽しみを得ています。)」

well-bing
意味:「(人の)幸福、福利・健康、(国などの)繁栄」
例文:I have a sense of well being.(やや書き言葉)
「私は幸福感を持っている。」
「私は、生きるのに満足しているという感覚がある。」

welfare
意味:「福祉、福利、幸福」
※福祉、福利という意味がメインですが、「(健康・生活の快適さなどが満たされた)幸福」という意味もあります。
例文:He worked hard for the welfare of his family.
「彼は家族の幸福のために懸命に働いた。」

辞書で「幸せ」という単語を調べて出てくる言葉は上記のようなところでしょうか。

次の章では、「幸せな感情」を表す例文を見ていきましょう!

「幸せ」を表す例文集

場面や用途別で、幸せに関する例文を紹介しますね!

【自分or相手が幸せを感じる】
・Wow! I’m the luckiest woman on earth.
「うわー、私最高に幸せだわ。」

ここでは、「lucky」(運が良い、幸運な)の最上級である「luckiest」が使われていますね!
日本語でも「ラッキー」というので、馴染みのある言葉だと思います。
直訳すると、「わぁ、私は地球上で最も幸運な女性だ。」というところでしょうか。

I am [feel] happiest when I am with her.
「私は彼女といる時が一番幸福だ。」

I feel great!
「とってもいい気分!」

You must be happy to have a good wife.
「あなたは良い妻がいて幸せだ。」

ここでは「must be」が「~に違いない」という意味です。
直訳すると、「あなたは良い妻を持っていて幸せに違いない。」となりますよ!

・They lived a happy life.(形容詞) 「彼らは幸せに暮らした。」
・They lived happily.(副詞) 「彼らは幸せに暮らした。」

You make me happy.  「あなたは私を幸せにする。」

“ make A C ” : 「 (~が) A(人,物,こと)をCにする」
この表現はなかなか便利ですよ。

この表現を使った例文をいくつか紹介しますね。
He made her angry.「彼は彼女を怒らせた。」
She makes us happy. 「彼女は私たちを幸せにする。」
The story made him sad.「彼はその物語を読んで悲しくなった。」
Alcohol makes him talkative.「お酒は彼をおしゃべりにする。」

I’ve never felt happier in my life.
「こんな幸せなことは今まで一度もなかった。」

“never”「これまで(一度も)~したことがない」を使うことで、「こんなにも幸せなことは一度もなかった。」から、「こんな幸せは人生で初めて」のようなニュアンスが生まれます。

I’d never felt happier than I did today.
「私は今日ほど幸福だったことはない。」

こちらも上記と同じく“never” が使われていますね。
さらに、比較級<~er than…>「than…よりも~」も合わせて使われていますね!

This was the happiest day of my life.
「私は今日ほど幸福だったことはない。」

こちらは最上級<the ~est in/of>「in/ofの中で一番 ~」が使われていますね。

【人】
・Everybody wants to be [become / get] happy.
「人はみな幸せになりたいと思う。」

・Everybody desires happiness.
「人はみな幸せを望んでいる。」
“desire”は、「を望む、求める、欲する」という意味の動詞です。

【もの】
・Nothing makes me happier than to listen to beautiful music.
「美しい音楽を聞くことほど幸せなことはない。」

少し解説すると、まず、“nothing”が主語にくることで、「~は何もない」となります。
次に、先ほど説明した“make A C”で「AをCにする」、さらに、比較級が使われていますね。

文を理解するために敢えて後ろから訳していくと、
「美しい音楽を聞くことよりも」than to listen to beautiful music
「私を幸せにすることは、」makes me happier (make me happy)
「何もない」Nothing
総じて、「美しい音楽を聞くことほど幸せなことはない。」となります。

Money cannot buy happiness. /  You can’t buy happiness with money.
「お金で幸せは買えない。」

Does science bring happiness [well-being] to human beings?
「科学は人類に幸福をもたらすだろうか。」

【お祝い】
I hope you will be very happy. 「お幸せに」
I wish you every happiness. 「お幸せに」

この表現は誕生日や結婚祝いなど、お祝いやあいさつの際によく使われますよ!
< wish A B > 「A(人)のためにB(幸福など)を祈る・願う」

I wish you a happy birthday! 「誕生日おめでとう!」
I wish him success. 「彼の成功を祈る。」
I wish her good health.「彼女が健康でありますように。」
I wish you well in all things.「何もかもうまくいきますように。

【フレーズ】
いくつか「幸せ」するフレーズを紹介しますね!

・jump for joy :「喜びのあまり飛び上がる」
例文:She jumped for joy. 「彼女は喜びのあまり飛び上がった。」

・in seventh heaven :「至福につつまれて、有頂天になって」
例文:I was in seventh heaven when I won the game.
「私はそのゲームに買って天にも昇る心地だった。」

・walking on air:「るんるんしている、有頂天になって」
例文:I was walking on air when I won the game.
「私はその試合に勝って天にも昇る心地だった。」

 

「幸せ」の反対表現

ここでは、「幸せ」の反対表現として「不幸」を表す単語をいくつか紹介します。

unhappy(形容詞):「不幸な」 /  unhappiness(名詞):「不幸」

例文:He had an unhappy childhood. 「彼は不幸な幼少時代を送った。」
例文:Our happiness and unhappiness depend on our deeds.

   「人の幸不幸は、その人の行い次第だ。」

否定を表す接頭辞「un-」が付くことによって、happiness / happyの正反対の意味になっています。

misery(名詞):「みじめさ、不幸、悲惨さ、貧困」
miserable(形容詞):「みじめな、非常に不幸な、哀れな」
例文:She will sink into the depth of misery. 「彼女は不幸のどん底に陥るだろう。」
例文:Tom made her life miserable. 「トムは彼女の人生をみじめなものにした。」

misfortune(名詞):「不幸、不運、逆境、災難」
例文 : When I was very young, I had the misfortune to lose my father.
  「私が幼い時、不幸にも父をなくしました。」
例文:Misfortunes [Troubles] never come singly. 
  「不幸は重なるもの」(ことわざ)
※直訳すると、「不幸は必ず1つではこない」ですね。

unfortunate(形容詞):「不運な、不幸な」
unfortunately(副詞):「不幸にも、運悪く、あいにく、残念ながら」
例文:It was a terribly unfortunate incident.
   「それはひどく不運な出来事だった。」
例文:Unfortunately, her dream was shattered.
   「不幸にも、彼女の夢は打ち砕かれた。」

unlucky(形容詞):「不運な、運の悪い」
unluckily(副詞):「運悪く、不幸にも、あいにく、残念なことに」
例文:Stephen was unlucky to have his money stolen.
   「スティーブンは運悪くお金を盗まれてしまった。」
例文:unluckily, he broke his arm. 「不運にも、彼は腕を骨折した。。」

 

他の感情表現

「幸せ」「不幸せ」以外にも、さまざまな感情表現があります。
ここでは、他の感情を表す単語を紹介しますね!

喜び(名詞)

・pleasure
意味:「楽しみ、喜び、満足(感)、誇らしさ、光栄」
※満足感や幸福感を含んだ喜び

・delight
意味:「大喜び、歓喜、楽しみ」
※pleasureよりも大きな喜び。喜びが身体中にあふれて外面に現れている。

・joy
意味:「喜び、嬉しさ、歓喜」
※気分を高揚させ、興奮させるような喜び

・enjoyment
意味:「楽しみ、喜び、楽しむこと、楽しいもの」
※主に「娯楽」を楽しむことから得られる喜び

楽しい(形容詞)

・pleasant
意味:「楽しい、魅力的な気持ちのよい、快い」
※場所・時間・体験などが快適で心地よいこと

・pleasing
意味:「喜びを与える、満足感を与える、楽しい、心地よい、快い」
※主に出来事・場所などが人を喜ばせること

・delightful
意味:「人を愉快にする、とても楽しい、気持ちのよい、喜びを与える」
※時間・出来事・体験などが華やかで特に心をうきうきさせるほど愉快なこと

・enjoyable
意味:「楽しい、愉快な、面白い」

・merry
意味:「陽気な、快活な、うきうきした、楽しい」
※Meryy Christmasのmerryですよ!

わくわくさせる(形容詞)

・exciting
意味:「わくわくさせる、興奮させる、非常におもしろい、刺激的な」

・thrilling
意味:「興奮させる、わくわくどきどきさせる、スリル満点の」

怒り(名詞)

・anger
意味:「怒り、激怒」

・rage
意味:「激怒、憤怒、怒り」
※抑えられないほどの怒り

・fury
意味:「激怒、憤慨、激怒している状態、怒りの爆発」
※気も狂わんばかりの怒り

・indignation
意味:「憤り、憤慨」
※不正や卑劣な行為に対する怒り

悲しみ

・sadness
意味:「悲しみ、悲哀、悲しいこと」
※悲しい気持ち

・sorrow
意味:「悲しみ、悲嘆、悲哀、悲痛」
※死・不幸などに対する悲しみ

・grief
意味:「悲しみ、悲嘆、悲痛」
※強烈で短期間の悲しみ

寂しい(形容詞)

・lonely
意味:「独りぼっちの、寂しい、孤独な」
※ひとりぼっちで寂しいことを強調する語

・lonesome
意味:「寂しい、心細い、孤独な」
※lonelyよりも感情的で、特に親しい人と別れて寂しい場合

・solitary
意味:「孤独な、寂しい、孤独を愛する」

・forlorn
意味:「寂しげな、わびしい、見捨てられた」

落胆 / がっかり

・disappointment(名詞)
意味:「失望、落胆、期待はずれ」

・discourage(動詞)
意味:「~を落胆させる、がっかりさせる、やる気を失わせる」

・lose heart
意味:「落胆する、元気をなくす」

・be depressed
意味:「落胆、意気消沈している」

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

同じ表現でも、言い回し、表現方法を変えてみると雰囲気や伝わり方が異なってきますね!

(例)
・I feel happy.「私は幸せです。」
・I’m the happiest woman on earth.「うわー、最高に幸せだわ。」

加えて、表情やボディランゲージなども感情を伝える重要な要素になりますよ!

(例)
I feel happy. (優しい微笑みで)「私は幸せです。」
I feel so happy!!! (はじける笑顔で)「私はすっごく幸せ!」

ぜひ、その時々の自分の感情に合った表情や雰囲気で、あなたの感情を相手に伝えてあげてくださいね!

そして、ぜひ相手とのコミュニケーションを楽しんでください!
身近な話し相手として、オンライン英会話の講師とコミュニケーションを楽しむのはいかがでしょうか。
日本にいると、外国人観光客に出会うことはあっても、友達を作ったり深い話をするのはなかなか難しいものです。
しかし、オンライン英会話の講師だったら、色々な話を聞いてくれるので、ぜひ試してみてくださいね!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.