【英語を英語で理解する第2弾】文法用語も英語で覚えよう!

最終更新日:2019-06-16

160722blog

こんにちは、mikaです! 

今回も引き続き、
レッスンに役立つ文法用語とすぐに使える便利フレーズをご紹介したいと思います!

今回は時制に関わる用語です。

時制のミスは文章を構成する時に間違えやすいミスの1つですよね・・
講師の口から文法用語がポンポン出てきて、ますます混乱する・・なんてこともあると思います。

しかし!!これに慣れれば理解できるだけではなく、
自らどんどん質問することもできるはず!
では早速チェックしていきましょう♪

時制を表す用語

 
【現在形】Present tense 【過去形】Past tense 【未来形】Future tense
【現在時制】Present simple 【過去時制】Past simple 【未来時制】Future simple
【現在進行形】Present continuous 【過去進行形】Past continuous 【未来進行形】Future continuous
【現在完了形】Present perfect 【過去完了】Past perfect 【未来完了形】Future perfect
【現在完了進行形】Present perfect continuous 【過去完了進行形】Past perfect continuous 【未来完了進行形】Future perfect continuous

※進行形はcontinuousの代わりにprogressを使う場合もあります。

現在時制:Present simple

現在時制とは、何度も繰り返される行動(反復)や習慣のことを言います。

例)I take a shower every morning.
毎朝シャワーを浴びることは日常繰り返される出来事のため、現在時制を使います。

それでは次の例文を見てみましょう。

She sleeps on the bed.

この場合「彼女はベッドで眠っている」という意味になりますが、厳密に言えば日本語では「普段寝ている場所がベッド」という意味です。

現在形の機能や特徴は「今を中心として、過去から未来にも広がっている」様子を表します。

そのため、上記の例は「今彼女はベッドで眠っている」というよりも、「いつもベッドで寝ている」というニュアンスになります。

現在形と現在進行形の区別は、現在が過去から未来に広がっている状況なのか、今現在ある物事が〈一時的に〉進行している状態なのか(つまりその動作が終わっていない)ということになります。

そして、現在形は未来を表すこともできます。

例えば、駅やTVの時刻表や予定表など、すでに確定していて変化することがないことについては、現在形を用いて未来を表します。

What time does the baseball start tomorrow evening?
ーAt 7. 30.

明日の晩、何時に野球が始まるのですか? ー7時30分です。

The school holidays begin on July 20.
学校の休みは7月20日から始まります。

現在進行形:Present continuous

現在進行形は「~している」という意味で使われます。

しかし、もともと進行している状態を含んでいる動詞は進行形にはなりません。

例えば「know」という単語を辞書で引いてみましょう。

言葉の基本的な意味は「知っている」になりますが、英語表現では「knowing」と進行形にしてはいけません。

つまり現在形は、過去、現在、そして未来でも「知っている」ということになります。

その一方で、現在進行形の使い方は今にフォーカスしています。

Is she taking a shower?
彼女は(今)シャワーを浴びていますか?

You’re spending a lot of money these days.
近頃、あなたはたくさんお金を使っています。

近頃というのは「(たった)今」ではありませんが、現在進行形は上記のように現在という時点を中心に起こっていることに使えます。

表現パターンとしては、厳密に今話しているその瞬間のことでなくても構わないのです。

また、現在進行形は未来との関係もあります。

個人的な予定や行動を表す「(未来の)予定」についても進行形を用いて表現します。

What are you doing on Sunday morning?
日曜日の朝は何をしますか?

I’m running.
ランニングをします。

過去時制と過去進行形:
Past simple and Past continuous

現在とは切り離された過去に起こった出来事や状況のことを言います。

そのため、過去を表す言葉(yesterday, last week等)と一緒に用いられることが多いです。

I played basketball yesterday.
昨日バスケボールをした。

過去進行形は現在進行形と同様に過去のある時点において、ある出来事が進行していた状況を指し、「~していた」という意味になります。

そしてyesterday等の言葉を用い、過去のある時がいつなのか分かるような文になっています。

I was watching TV last night.
昨夜テレビを見ていました。

未来時制:Future simple

未来形とはまだ起きていない出来事について話しています。

受験英語ではwillやbe going to doを学んだと思いますが、willとbe going to doは類似表現でどちらも日本語では「~するつもり」という意味になります。

しかし実際の意味は微妙に異なります。

willは「(その場の思いつきで)~するつもり」と言っているのであり、be going to doの場合、「(今すでに準備を始めていて)~するつもり」ということになります。

I’ll have two cups of coffee, please.
コーヒー2つお願いします。(カフェで注文をするとき)

I’m going to travel next month.
来月旅行に行くつもりです。(すでに準備していること)

willとbe going to doですが、他にも用法があります。

That boat will sink in that heavy sea.
あのボートは荒れ狂う海の中に沈むだろう。

目の前に荒れ狂う海が広がり、ボートが海の中に沈む様子が見て取れます。

そしてボートが海の中に沈むに違いないと思っています。

Look at that boat! It is going to sink.
あのボートを見て!沈みそうだ。

この場合もっと緊迫していて、ボートが海の中に飲まれつつあります。

その結果、ボートが海の中に沈みそうだと言っています。

未来進行形:Future continuous

未来進行形は、今から未来のある時を予測したとき「(その時に)行われている最中だろう」という意味になります。

形は「will be ~ing」となります。

I will be playing football at this time next week.
来週の今頃は、フットボール(サッカー)をしているだろう。

また、現在進行形のように未来進行形でも予定・計画を表すことができます。

例を見てみましょう。

Will you be going to the supermarket this afternoon?
今日の午後、スーパーへお出かけになりますか?

Will you…?を使ってしまうと、「~してくれませんか」という依頼の意味にとられてしまうため、相手の予定や計画を訪ねるときは未来進行形を用います。

現在完了形と現在完了進行形:
Present perfect and Present perfect continuous

現在完了形は、過去から現在につながりがあります。

意味は「~した」となりますが、過去形ではありません。

日本語には現在完了形がないため、こういったニュアンスの違いを理解して使いこなすのは、少し難しく感じるかも知れません。

文の形は「has/have + past participle」となります。

それでは現在完了について詳しく説明していきましょう。

I was here at 3:00.
(私は3時にここにいました。)

I am still here now ― at 4:00.
(私は今でもここにいます。ー4時)

2つの文を1つの文としてまとめて書くと以下のようになります。

I’ve been here for an hour.
(1時間ここにいました)

つまり、過去から今をつなげて「今までどうだったのか」ということになります。

しかし、現在形でもありません。
以下の例を見てみましょう。

(×)I don’t decide.(まだ決心していない)

日本語の訳「~していない」につられて現在形で大丈夫のように思えますが、現在形は反復・習慣を表すため上記のように書くと間違いになります。

(〇)I haven’t decided yet.(今はまだ決心し終わっていない)

今までどうだったのかをつなげて考えているので、現在完了形を使います。

現在完了形ですが、以下の用法に分けることができます。

1.完了・結果
(あることをやり遂げて、その結果、今こういう結果である)

2.経験
(ある行為を今までにしてきたこと、経験)

3.継続
(ある状態が、過去のある時から現在まで続いてきたこと)

He has just finished his homework.
彼は宿題をやり終えたところです。(完了・結果)

Have you ever visited London?
ロンドンを訪れたことがありますか?(経験)

I have lived in this apartment since 2000.
私は2000年からこのアパートに住んでいます。(継続)

現在完了進行形は、(今までずっと)~し続けているという意味になります。

動作の継続を表すためには現在完了(has/have + past participle)と進行形 (-ing)を組み合わせます。

How long have you been working here?
どのくらいここで働いているのですか?

過去完了形と過去完了進行形:
Past perfect and Past perfect continuous

過去完了形とは、過去のある時点とその時よりさらに遡った過去(その時以前)をつなげています。

When he telephoned her,(彼が電話をした時)
She had gone out.(彼女は出かけてしまっていた)

過去のある時点とは【彼が電話した時】であり、さらに遡った過去とは【彼女は出かけてしまっていた】ことになります。

つまり、彼女が出かけてしまっていた(過去からさらに遡った過去)~電話をした時(過去)までのことについて述べています。

過去完了形も「完了・結果」「経験」「継続」の用法があります。

1. 完了・結果:
過去のある時点に視点が置かれ(いきさつを経て)その時~していた

2. 経験:
過去のある時点に視点が置かれ、それ以前を振り返って経験を表す

3. 継続:過去のある時点に視点が置かれ、それ以前を振り返って継続を表す

過去完了進行形は、ある過去の時点までの「動作の継続」を表し、その動作が進行中であったと表しています。

He had been driving for an hour when his car broke down.
車が故障した時、彼は1時間ずっと運転していた。

未来完了形と未来完了進行形:
Future perfect and Future perfect continuous

未来完了形は、未来のある時を起点にし、それ以前とつなげて予測しています。

The baseball game will have finished by three.
3時までには、野球の試合は終わってしまっているだろう。

この文で未来のある時は【3時までには】となり、その時までに何があったのかを踏まえて予測しています。

未来完了形も「完了・結果」「経験」「継続」の用法があります。

未来完了進行形は、未来のある時点までの動作の継続となり、(未来のある時点まで)ずっと~し続けているだろうという意味になります。

番外編

【動名詞】Gerund

動詞+ingの形ではあるが名詞の役割を果たす。~することの意味

Ex. I like listening to music.
[私は音楽を聴くことが好きです]
  living room
[生活することのための部屋→居間]

【分詞】Participle

動詞+ing/edを使って前後の名詞を説明する形容詞的な役割を果たす。~する、~しているの意味

Ex.  I heard a man singing. [私は男性が歌っているのを聴いた] 

  boiling water [沸騰している水→熱湯]

【動詞の原形】Verb root, Base form

【規則変化の動詞】Regular verb

【不規則変化の動詞】Irregular verb

【原級】Positive / Positive degree

レッスン中、聞き覚えのある単語はありましたでしょうか?
では早速これらの単語を使って講師に質問してみましょう♪

●“run”の過去形は何ですか?
 What is the past tense of "run"? 

●“better”の原級は何ですか?
 What is the positive (degree) of "better"?

●これは進行形ですか動名詞ですか?
 Is this form continuous or gerund?

●この文章はなぜ過去完了になるのですか?
 Why did you use the past perfect tense in this sentence?

いかがでしたでしょうか?
これで講師に文法的な説明をされても怖くない!ですね。笑

さらに皆様がスムーズに楽しくレッスンに臨めるよう
次回も楽しく学べる情報をお届けしたいと思います!
それではまた!

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.