• 17/08/10 (木) 12:56

  • Ma****

【アドバイス募集】
今年の2月から英語を10年ぶりくらいに再開し、TOEIC350点から600点レベルに上がったところです。
その後、ネイティブキャンプに入会し、毎日文法かカランを2~6レッスンくらい受け、受講時間はトータル51時間です。
最近、スピーキングを始めましたが、自分のしゃべれなさに絶望しました。
言葉が詰まり、でてきません。
文を作ることができず、言いたいことがでてきません。
さらに教師の方が退屈そうにされていて、ショックを受けました。
ネイティブキャンプで集中して勉強!と思っていましたが、一度休会して少し自習の時間を増やそうかと考えています。
同じような壁にぶつかった方、どう解決したかなどアドバイス頂けませんでしょうか。

コメント:12

並び替え
  • 17/09/23 (土) 12:30

  • Mi**

スピーキングのテキストって最初の方に「絵を見て用途を説明する」というような抽象的な質問があって、くじけません? 後ろに「When」「Who」クエスチョンなどの、わりと答えやすいトピックが、後ろの方にたくさんあるんですよね。

私はレッスンの前にいくつかトピックを比較して見て、大まかに回答を思い浮かぶものから受講しています。日本語でも答えにくいものはスキップです。

私もトピ主さんのような絶望体験をして、このやり方に切り替えたら。取り合えずレッスンが進み、目に見えて楽になっていきました。会話って日本語でもそうですが反射神経の訓練なのだなというのを実感しました。
休会せずに続けて見られてはいかがかしらと思います。
  • 17/09/22 (金) 09:36

  • Hi**

頭は大人で、口は子供って考えるといいかも。
大人と子供の会話でも成り立つのは、易しい言葉を使って話すからですよね?
使っている単語や文法は難しいものでもないけど意味は伝わっているわけです。
そういう訓練を自習として英語の独り言でその日にあったことを誰かに話すように口に出すとか
インタビュー記事を目で追いながら英語で口出すとか、私はそういう練習してからちょっと
楽になりました。
言いたい単語が分からなかったら別の言い方をすることで表現する力がついたし、
日本語って主語がなく話すことが多いけど、英語って基本的に主語が何かしらあるので、
口から出てしまった単語でどんどん文を繋げていくというのを口頭でやるのも良かったです。
もちろん、このままってわけにはいかないので、英語力上昇に合わせて修正していく必要は
ありますけど、何にも言えなくて落ち込んだままよりずっといいかなと思ってやってましたし、
今でも寝る前にその日のレッスンで学んだ単語や表現とかなるべく使って口頭で英語日記を
ボソボソ言ってから寝てます。
  • 17/09/22 (金) 09:08

  • No************

私も TOEFL Speaking や Writing の練習をおすすめします。最初は量がしゃべれないし書けないでしょうから喋れる量を増やすことから始まり、その後スコアを上げるためには、論理的に喋るとか、全体の構成、具体例のあげ方、話の展開の仕方などかなり工夫しないとスコアが伸びません。その過程で、学ぶものが多くあるでしょう。単なる海外旅行英会話やビジネス英語、くだらないおしゃべり以上の訓練ができると思います。とはいえ、TOEIC600点ならかなり難しいでしょうから ETS 公式問題集レッスンを1000時間ぐらい繰り返し、800点までスコアをあげてから Speaking でも良いと思います。
  • 17/09/21 (木) 19:52

  • Da*****

Ma****さん、こんにちは。

 参考になるかどうかは分かりませんが、TOEICと似た試験にTOEFLという試験があります。そのテストはTOEICと違い、スピーキングパートがあります。30点満点で採点され、質問されたことに対して何でもいいから制限時間内(45秒~60秒)に話し続けたら16点は取れます。つまり、何か話していたら16点は取れるのです。

 そこで某大手のTOEFL予備校が8年にわたって3388人のTOEICスコア保持者にTOEFLを受験してもらったところ、スピーキングパートで平均して16点を超えたのは900点以上(16.5点/561人)のスコアの人だけでした。850点~895点の人の平均は14.6点でした(648人)。950点~満点で18.6点(265人)。

 乱暴に言えば何か話し続けていればいいだけのことですが、900点までの人はそれすらもできてない人が多いということです。

 ただ、このデータ(ネットに公開されている)は、TOEFLの準備を全くなしで受けてもらっているため、TOEICの高スコアを持っている方なら、ある程度短期間でスコアは伸びると予想されます。

 TOEFL、IELTSの他にも自宅で簡単に受験できるVersant(スコアはアメリカ大使館やなどにも提出できる)などスピーキングテストはありますので、TOEICのスコアを追い求めず、いろいろ試してみるのも良いと思います。検索すると分かりますが、Versant は国立私立を問わず外国語学部などでも定期試験に組み込まれているようで、学生の撃沈報告、悲報が数多くヒットします(笑)。TOEICやTOEFLの推定スコアも出ますし、24時間自宅でも受験できて20分で終わるので、私も3か月おきくらいに英語力チェックに使っています。

 確かに、TOEFLやIELTSなどのスピーキングパートは、普段の世間話に向かずどちらかというスピーチに近いですが、レッスン中のスモールトークでも「日本人って夜にお風呂入るんでしょ?なんで?」とか聞かれたりもするので、スピーキングの問題集の模範解答を丸々暗記するだけでも、かなり役に立ってます。

トータル51時間はたかだか2日(48時間)とちょっとでしかありません。地道に地道に時間を積み重ねていってください。語学は時間がかかります。お互い焦らずマイペースでいきましょう!
  • 17/08/11 (金) 22:10

  • ta**

単刀直入に言えば自習の時間を増やすべきですね
ここの生徒さんも先生もそんなアドバイス絶対してくれません。
自分の意志で行動するしかありません。
私なら絶対自習の時間を増やします。
TOEICの受験をしているのならまずは800点を目指してください
  • 17/08/11 (金) 20:00

  • ai**

チャットのマークを使って伝える。

その時、
プリーズ チェック ヨア チャット
といえば伝わるかもしれません!

(優しい先生ならば です。)

投稿が制限されています

申し訳ございませんが、
ネイティブキャンプ広場利用ルール 第2条の禁止事項に該当する
投稿が行われたため、当掲示板への投稿が制限されています。