プロフィール

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 379

The guy tried to dine and dash, but the restaurant staff caught him. その男は食い逃げしようとしたが、レストランのスタッフに捕まった。 「Dine and dash」はレストランやカフェなどで食事をした後、勘定をせずに逃げるという行為を指すスラングです。主に若者の間で使われ、非常に不適切で違法な行為を示します。例えば、友人との会話の中で「あの店でdine and dashしたら、絶対に捕まるよ」と使うことができます。 I can't believe those guys just skipped out on the bill! 信じられない、あの人たち、食い逃げしたよ! The man decided to dine and dash, leaving the restaurant staff in a tough situation. 「その男性は食い逃げを決断し、レストランのスタッフを困難な状況に置いた。」 「Skip out on the bill」はレストランやバーなどで、支払いをせずに立ち去ることを指すスラング表現です。「Burn the bill」は一般的に使われる表現ではありませんが、おそらく多額の請求書・負債を無視する、または破棄することを指すと解釈できます。「Skip out on the bill」は飲食店での具体的な行動を、「Burn the bill」は抽象的な金銭的な問題を指すという違いがあります。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 379

I guess that didn't mix well, I have a stomachache. 「食べ合わせが悪かったみたい、お腹が痛いんだ。」 「That doesn't mix well」は、「それはうまく混ざらない」という意味です。物質や成分がうまく混ざり合わない状況を指すだけでなく、人間関係や考え方が合わないときにも使われます。また、飲食物が一緒に摂取すると体調を崩すといった状況にも使えます。たとえば、「アルコールと薬はうまく混ざらない」など。 I guess that doesn't go well together, my stomach is upset. どうやらそれらの組み合わせは良くなかったようだ、お腹が痛い。 I think those flavors clashed and that's why my stomach's upset. その味が合わなかったから、お腹が痛くなったみたい。 「That doesn't go well together」は一般的な組み合わせがうまくいかないときに使われ、食べ物だけでなく色やアイデアなども含みます。一方、「Those flavors clash」は特に食べ物や飲み物の味が互いに競合し、一緒になると良くないという意味で使われます。したがって、「Those flavors clash」は「That doesn't go well together」よりも具体的な状況で使われます。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 152

You're so gluttonous, always eyeing my food after you've finished yours. 本当に食い意地が張ってるね、自分の分を食べ終わった後でもいつも私の食べ物を狙っているんだから。 「gluttonous」は、食べ物に対する過度な欲求や貪欲さを表す英語の形容詞です。主に、食べ物に対する欲望が強すぎる人や、食事の量が多すぎる人を指す時に使います。また、それは比喩的にも使われ、物事に対する過度の欲求や貪欲さを表すこともあります。例えば、「彼は知識に対してgluttonousだ」などと言うと、彼が知識を貪欲に求めすぎていることを示します。このようなシチュエーションで使うときには、大抵は否定的な意味合いを含みます。 You're such a greedy eater, always eyeing my food after you've finished yours. 「本当に食い意地が張ってるね、自分の分を食べ終わった後もいつも私の食べ物を狙ってる。」 You really have a voracious appetite, always eyeing my food after you finish yours! 「本当に食欲旺盛ね、いつも自分の分を食べ終わった後で私の分を狙ってるし!」 "Greedy eater"は一般的に食事をする際に他人のものまで欲しがる、または自分の分以上に食べる人を指します。この表現は少し否定的な意味合いを含んでいます。一方、"Having a voracious appetite"は非常に大量の食物を食べる能力または欲求を持つことを示すより中立的な表現です。この表現は、単に食事量が多いことを指すので、否定的な意味合いは必ずしも含まれません。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 335

I became a nurse because I heard it provides a job with a steady income. 看護師になった理由は、安定した収入を得られる仕事だと聞いたからです。 「A job with a steady income」は「安定した収入がある仕事」を指します。毎月決まった金額を稼げる仕事や、給料が一定している職業などを指すことが多いです。例えば、正社員のような形態の雇用で、一定の時間働けば一定の収入が得られるような状況を言います。また、起業家やフリーランスのように収入が不安定な職業とは対照的な意味合いも含まれます。特に、生活の安定やローンの審査、結婚の際などに使われることが多いです。 I decided to become a nurse because I heard it's a stable job. 「看護師になった理由は、食いっぱぐれがない安定した仕事だと聞いたからです。」 I became a nurse because I heard it's a job that puts food on the table. 私が看護師になった理由は、それが「食いっぱぐれがない仕事だ」と聞いたからです。 "A stable job"は安定した仕事を指し、安定した収入や長期的な雇用が保証されている状況を指します。一方、"A job that puts food on the table"は直訳すると「食卓に食べ物を置く仕事」で、生計を立てるのにギリギリ足りるだけの仕事、つまり収入が低くても生活費を賄うだけの最低限の仕事を指します。ネイティブスピーカーは、自分の仕事の安定性や収入について話す際にこれらの表現を使い分けます。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 401

I'm looking for a long-lasting lipstick that won't fade away. 色落ちしない口紅を探しています。 ロングラスティングリップスティックはその名の通り、長時間色やつやが持続する口紅のことを指します。飲食をしたり、会話をしたりしても色落ちしにくく、何度も塗り直す手間が省けます。したがって、長時間メイクの持続性が求められる場面、例えばパーティーや結婚式、長時間の仕事や旅行などで特に役立ちます。また、一日中キレイな口元を保ちたいという女性にとっては日常使いにも適しています。ただし、保湿力に欠けるものもあるため、唇のケアも忘れずに行うことが大切です。 I'm looking for a smudge-proof lipstick. 色落ちしない口紅を探しています。 I'm looking for a transfer-resistant lipstick. 「色落ちしない口紅を探しています。」 "Smudge-proof lipstick"と"Transfer-resistant lipstick"は、どちらも口紅が綺麗に残る性質を指す言葉ですが、微妙に異なるニュアンスがあります。"Smudge-proof lipstick"は、口紅が塗りたての状態を保つこと、つまり飲食や話すことで口紅がぼやけたり、他の部分に広がったりするのを防ぐことを意味します。一方、"Transfer-resistant lipstick"は、口紅が他の物体(例えばカップや相手の頬など)に移らない性質を指します。したがって、飲食の際や他人にキスをする際などには"Transfer-resistant lipstick"の方が適していると言えます。

続きを読む

質問ランキング