プロフィール

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 943

Looking back, I realize how much I've grown. 振り返ってみると、自分がどれだけ成長したかを実感します。 「Looking back」は、文字通りには「振り返る」の意味で、過去の出来事や経験について思い返す、または考え直すというニュアンスがあります。一般的には自分自身の過去の行動や経験について反省したり、学んだ教訓を共有したりする際に使われます。また、「回想する」や「思い出す」の意味でも使えます。例えば、「Looking back, I realize I made a mistake.(振り返ってみると、私は間違いを犯していたことに気づく。)」のように使います。 In retrospect, I should have studied more for that exam. 振り返ってみると、その試験のためにもっと勉強すべきだった。 Upon reflection, I really enjoyed my high school years. 振り返ってみると、私は本当に高校時代を楽しんでいました。 "In retrospect"は過去の出来事を振り返る時に使われ、その時には分からなかった視点や洞察を得たことを示します。例:「In retrospect, I should have studied harder.」 "Upon reflection"はより深く考えた結果としての洞察や結論を示すのに使われます。これは過去、現在、未来の出来事に対して使うことができます。例:「Upon reflection, I realize I need to apologize.」

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 562

He passed away from heart failure this morning; he seemed fine just yesterday. 彼は今朝心不全で亡くなりました。昨日までは元気だったのに。 心不全は心臓が全身に必要なだけの血液を送り出せなくなる病状を指します。息切れ、むくみ、疲労感などの症状が現れます。病状が進行すると、日常生活にも影響を及ぼす可能性があります。ストレスの多い状況、体調不良時、定期的な医療チェックや治療の話題に使われます。また、比喩的に「心が壊れる」などの感情的な状況を表す際にも使われることがあります。 My pet was fine until this morning, but he suddenly passed away from cardiac insufficiency. 今朝まで元気だったペットが突然心不全で亡くなってしまいました。 My pet, who was fine until this morning, suddenly passed away due to cardiac dysfunction. 今朝まで元気だったペットが、突然心不全で亡くなりました。 "Cardiac insufficiency"と"Cardiac dysfunction"は医学的な用語であり、一般的な日常会話ではあまり使われません。しかし、ネイティブスピーカーがこれらの用語を使い分ける場合、それぞれは異なる心臓の問題を指す可能性があります。"Cardiac insufficiency"は、心臓が体全体に十分な血液を供給できない状態を指す。一方、"Cardiac dysfunction"は心臓の機能が正常に働いていない、より広範な状態を指す。どちらの用語も医療の文脈で使用され、特定の病状や症状を説明するために使われます。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 440

What's your heart rate at right now? 今の心拍数はいくつですか? 「Heart rate」は「心拍数」を意味します。運動中や休息時など、人間の心臓が1分間に何回拍動するかを表す指標です。医療の現場や健康管理、フィットネスなどの分野で使用されます。心拍数は健康状態を評価するための重要な情報であり、正常範囲を超えると心臓に負担がかかる可能性があるため注意が必要です。また、心拍数を測定することで運動強度やストレスレベルなども把握することができます。 What's your pulse rate right now? 「今の心拍数はいくつですか?」 What's your heart rate in beats per minute? 「あなたの心拍数は1分間に何回ですか?」 "Pulse rate"と"Beats per minute"は基本的に同じ心拍数を指す表現ですが、使用する文脈が異なります。"Pulse rate"は医療や健康的な文脈でよく使用され、医師が患者の脈を測定したり、運動後の回復率をチェックする際に使われます。一方、"Beats per minute"はより具体的な数値を示す際や、音楽のテンポを表す際に使用されます。たとえば、DJや音楽制作者が曲の速度を説明したり、フィットネストラッカーが心拍数を表示する際に使います。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 309

I was deeply disappointed by the movie, it looked so promising. 映画には本当にがっかりした、とても面白そうに見えたのに。 「Deeply disappointed」は「大変失望している」という意味で、期待したことや信じていたことが実現しなかったとき、または人や状況に対して強い不満や不信感を抱いたときに使用します。非常に深いレベルでの失望を表すため、軽微なことには使わず、重大な事態や問題に対して使うのが適切です。例えば、信頼していた人から裏切られたときや、大切な試合で敗北したときなどに表現として用いられます。 I'm heartbroken. It looked so promising, but it was a total letdown. 心が折れてしまった。期待していただけに、本当にがっかりした。 I was utterly crestfallen after watching the movie, it looked so promising. 映画を見終わった後、本当にがっかりした。それはとても面白そうに見えたのに。 "Heartbroken"と"Utterly crestfallen"はどちらも非常に悲しいという意味ですが、使用するシチュエーションやニュアンスには違いがあります。"Heartbroken"は主に恋愛的な失望や深い悲しみを表す一方で、"Utterly crestfallen"はより一般的な失望や打撃を表し、かつその度合いが非常に深刻であることを強調します。"Heartbroken"はより日常的に使われる表現で、"Utterly crestfallen"はより文学的な、または強調したい場合に使われる表現です。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 539

2人以上が共に自殺する時には「suicide pact」と言います。 「To have in mind」は、「考えている」、「思い描いている」、「念頭に置いている」などの意味を表す表現です。具体的な計画やアイデアを指すこともありますし、ある種の期待や意図を示すこともあります。例えば、会議で新しいプロジェクトの話題が出たときに、「What do you have in mind?」と聞くと、「どんな考えがあるの?」という意味になります。また、レストランで食事の注文をする前に、「I have in mind to order the steak.」と言えば、「ステーキを頼もうと思っている」という意味になります。 二人以上の人々が一緒に自殺するとき、「suicide pact」と言います。 二人以上の人が一緒に自殺するとき、それを To contemplate と言います。 "To consider"は一般的に何かを考慮に入れる、検討するという意味で使われます。特に深く考えることを強調するわけではなく、一般的な意思決定の過程において使用されます。一方、"to contemplate"はより深く、長い時間をかけて何かを熟考するという意味で使われることが多いです。重大な決定を下す前や、人生の重要な問題について考えるときなどに使用されます。

続きを読む

質問ランキング