プロフィール

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 540

In this region, we have a credit union that takes care of savings and lends money to local small and medium-sized businesses. この地域では、地元の中小企業に対して貯金の世話をしたり、お金を貸し出したりする信用金庫があります。 クレジットユニオンは、非営利の金融協同組合で、メンバーが共通の絆(地域、職業、宗教など)を持つことで結成されます。銀行と同様に預金、ローン、クレジットカードなどのサービスを提供しますが、メンバーが所有者であり、収益は低金利や低料金としてメンバーに還元されます。使えるシチュエーションは、地域コミュニティに密着したサービスが必要なときや、大手銀行の高額な手数料を避けたいときなどです。 特定の地域の中小企業のために貯金の世話をしたり、お金を貸し出したりする場所を指す際には、「信用金庫」と言いますが、これは英語では「Cooperative Bank」と言います。 「信用金庫」と呼ばれ、その地区の中小企業などのために、貯金の世話やお金を貸し出す場所は英語では「Mutual Savings Bank」と言います。 Cooperative BankとMutual Savings Bankは共にメンバー所有の銀行ですが、その形態や目的に違いがあります。Cooperative Bankは通常、特定の地域や集団をサービス対象とし、メンバーの共同利益を追求します。一方、Mutual Savings Bankは普通の預金者が所有者で、利益は預金者に還元されます。ネイティブスピーカーはこれらの違いを認識し、例えば地元のコミュニティに対する投資やサービスが重要な場合はCooperative Bankを、主に貯蓄を増やすことに関心がある場合はMutual Savings Bankを選ぶでしょう。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 125

It's no surprise he's chosen as the captain, he's earned everyone's trust and respect. 彼がキャプテンに選ばれたのは驚きではない、彼は全員の信頼と尊敬を得ているからだ。 「Trust」は「信頼」を意味し、人々が互いの言動を信じることができる関係を表します。友人、パートナー、ビジネス関係者など、人間関係全般で使われます。「Respect」は「尊重」を意味し、他人の意見や価値観を尊重し、人格や能力を認める態度を示します。学校や職場など、他人との交流がある場で使われます。信頼と尊重は互いの理解と共感を深め、良好な人間関係を築くために重要です。 He was chosen as captain because everyone has faith and confidence in him. It's no surprise given his popularity and dependability. 彼がキャプテンに選ばれたのは、全員が彼を信頼し、彼に自信を持っているからです。彼の人気と頼りがいがあるので、それは驚くことではありません。 He's been chosen as captain because of the hope and belief everyone has in him. It's no surprise. 彼がキャプテンに選ばれたのは、皆が彼に対する希望と信頼があるからだ。それは驚くべきことではない。 "Faith and confidence"は自身の能力や他人、またはある状況に対しての確信または信頼を表現します。例えば、自分が仕事をうまくこなせると確信していたり、他人が約束を守ると信じている場合などに使います。一方、"Hope and belief"は未来の出来事に対しての期待や信念を表します。確実さよりも、望みや願望が強く反映されます。例えば、明日天気が良くなることを期待したり、事態が良くなると信じる場合などに使います。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 465

My grandmother is very confident in her faith, she truly believes in Buddha. 私の祖母は自分の信仰に非常に自信を持っており、本当に仏を信じています。 「Confident」は英語で「自信がある」を意味します。自分の能力や見解、行動に対する確信や信頼感を表すときに使います。自己紹介や面接、プレゼンテーションなど、自己のスキルや意見をアピールするシチュエーションでよく使われます。また、友人や同僚、部下などへの励ましや応援の言葉として「You can do it, I'm confident in you(君ならできる、私は君を信じている)」のように使うこともあります。 My grandmother is very self-assured in her faith; she deeply believes in Buddhism. 私の祖母は自身の信仰に非常に自信を持っており、仏教を深く信じています。 My grandmother is full of conviction in her faith and deeply believes in Buddha. 私の祖母は信仰に対して絶対の信念を持っており、深く仏を信じています。 "Self-assured"は、自信があること、自分自身に確信を持っていることを表し、自己評価や自己認識に関連しています。一方、"Full of conviction"は、特定の信念や原則に対する強い信念を示します。例えば、「彼は自己確信があり、自分の能力を信じている」は"self-assured"として表現できます。対照的に、「彼は彼の原則に対して堅固な信念を持っている」は"full of conviction"として表現できます。"Self-assured"は自己に対する自信を、"full of conviction"は特定の信念や価値観に対する自信を表します。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 457

Today, we're going to learn about how muscles expand and contract. 「今日は筋肉がどのように伸び縮みするかについて学習します。」 「Expand」とは「拡大する」「広がる」という意味で、物理的なものだけでなく、事業や視野など抽象的なものにも使えます。例えば、事業を拡大する、視野を広げるなど。一方、"Contract"は「縮小する」「収縮する」を意味し、こちらも物理的・抽象的なものの両方に使えます。例えば、経済が収縮する、契約を結ぶなど。これらは反対の意味を持つため、変化や成長、衰退などを表現する際によく用いられます。 Today, we're going to learn about the ebb and flow of muscle contraction and relaxation. 「今日は筋肉の収縮と弛緩の流れ、つまり伸縮について学習します。」 Today, we are going to learn about the waxing and waning of muscles. 「今日は筋肉の伸縮、つまり筋肉の膨張と収縮について学習します。」 "Ebb and flow"と"Wax and wane"はどちらも周期的な変動や循環を表すフレーズですが、通常は異なるコンテキストで使用されます。"Ebb and flow"はより一般的で、特に潮の満ち引きやビジネスの上下、人々の感情の変化など、自然なリズムや動きを表すのに使います。一方、"Wax and wane"は主に月の満ち欠けを指すことから、具体的な周期性や定期的な増減を示すときに用いられます。また、このフレーズはあまり日常的には使われません。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 1,753

I'm kicking my kid's butt to get them to study. 子どもの尻を叩いて勉強させています。 「Kick someone's butt」は直訳すると「誰かのお尻を蹴る」となりますが、実際には物理的な暴力を示す表現ではありません。主にアメリカ英語で使われ、その人を徹底的に負かす、圧倒する、叱責するといった意味合いで使われます。競技や試合、ビジネスなど競争的な状況で使われることが多く、また叱責や注意の際にも使えます。「彼のお尻を蹴った」は「彼を圧倒的に負かした」や「彼をきつく叱った」などの意味になります。 I'm giving my kid a metaphorical spank on the bottom to motivate them to study. 私は子供が勉強する意欲を引き出すために、比喩的に子供の尻を叩いています。 I'm kicking my kid's rear end to get them motivated to study. 私は子供の尻を叩いて、勉強にやる気を出させています。 "Spank someone's bottom"と"Kick someone's rear end"はどちらも直訳すると、相手のお尻を叩くという意味ですが、使い方やニュアンスが異なります。 "Spank someone's bottom"は、主に親が子供を躾けるときや、冗談めかして使われます。一方、"Kick someone's rear end"は、相手に対して強く非難したり、彼らを征服したり、打ち負かす意味で使われ、より強烈な表現です。また、これは比喩的な表現で、直接的な暴力行為を指すわけではありません。

続きを読む

質問ランキング