プロフィール

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 262

I'm having trouble understanding the focus of your story. あなたの話の焦点が分からないんだ。 「Focus」は英語で、「焦点を当てる」「集中する」などの意味を持っています。主に、特定の事象や活動に注力する際に使われます。たとえば、あるプロジェクトや課題に対して集中力を向ける場合、「I need to focus on this project.(このプロジェクトに集中する必要がある)」というように使います。また、カメラの焦点を合わせるという意味でも使用されます。個々の状況や環境により、焦点を合わせる対象や集中する内容が変わるため、多岐にわたるシチュエーションで使える便利な単語です。 I can't really follow your story because the center of attention keeps shifting. あなたの話は中心が絶えず変わるので、ついていくのが難しいです。 I'm having trouble following your train of thought. あなたの話の主旨がつかめません。 "Center of attention"と"Spotlight"はどちらも注目の中心にいる状態を表すが、微妙な違いがある。"Center of attention"は一般的に人々がその人に集中しているときに使われる。一方、"Spotlight"は主にパフォーマンスやプレゼンテーションの文脈で使われ、その人が目立つべき瞬間や場所にいることを指す。例えば、誕生日パーティーの主役は"center of attention"で、スピーチをする人は"spotlight"に立つ。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 302

Many trees were burned down due to the wildfire. 山火事のため、多くの木々が焼失した。 "Burn down"は主に2つの意味を持つ英語表現です。1つは文字通り「(建物などが)全焼する」を意味し、火事や災害、故意の放火などで建物が焼け落ちる様子を描写します。もう1つはプロジェクト管理において、目標に対する進捗状況を「バーンダウンチャート」として視覚化することを指します。どちらの場合でも、何かが徐々に減っていく、あるいは消えていく状況を示すために使われます。 Many trees went up in flames due to the forest fire. 山火事のせいで多くの木々が焼失しました。 Many trees went down in flames due to the wildfire. 山火事のせいで多くの木々が焼失しました。 "Go up in flames"は物事や計画が突然、完全に失敗する、または破壊されることを指す表現です。例えば、「彼のプロジェクトは炎上した」は、彼のプロジェクトが大失敗したという意味になります。 一方、"Go down in flames"は同様に失敗を表すフレーズですが、こちらは特に壮大かつ壮烈な失敗、または公然と恥をかくような状況を指すことが多いです。例えば、「彼は試合で炎の中に沈んだ」は、彼が試合で大敗したという意味になります。 両者は似ていますが、"go down in flames"はより大きな失敗や公の場での失敗を強調する傾向があります。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 236

It seems they were burned to death in the fire. 火災で焼死したみたいだ。 "Burned to death"は直訳すると「焼死する」または「火事で死ぬ」などとなり、文字通り火事や火傷などにより死亡することを指します。非常に強い恐怖や悲劇を連想させる表現なので、事故報告やニュース、ホラー小説、映画のシーンなど、死亡を伝える必要がある深刻なシチュエーションで使われます。また、比喩的に大変な苦痛や困難を経験する様子を表すのにも使われることがあります。 It seems like they were incinerated in the fire. 火災で焼死したみたいだ。 It seems like they were cremated alive in the fire. 「火災で生きたまま焼死したみたいだ。」 "Incinerated"は物体やものが燃やされて灰になることを指す一般的な言葉です。例えば、廃棄物処理施設でゴミが「incinerated」(焼却される)といった使い方です。一方、"Cremated alive"は文字通り「生きたまま火葬される」ことを指しますが、非常に特殊な、または残酷な状況を指すため、日常的には使われません。生きたまま焼かれる表現は、映画や小説などのフィクションで見られることがあります。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 537

When I was in elementary school, I used to throw trash into the incinerator. 小学生の頃、私はゴミを焼却炉に投げ込んでいました。 「Incinerator」は、日本語で「焼却炉」を指します。主にゴミや廃棄物を焼却するために使用され、環境保護や衛生管理の一環として利用されます。しかし、焼却炉から出る有害なガスやダイオキシンの問題もあり、その管理や規制も重要な課題となっています。シチュエーションとしては、都市のゴミ処理施設や工場、病院などで見ることができます。また、エネルギー回収を目的とした施設では、焼却熱を利用して発電を行うこともあります。 I used to throw garbage into the burner when I was in elementary school. 小学生の頃、私はゴミを焼却炉に投げ込んでいました。 When I was in elementary school, I used to throw garbage into the crematory. 小学生の頃、私はゴミを焼却炉にほおり込んでいました。 "Burner"は一般的に燃焼装置やストーブなどを指す用語で、料理や暖房など日常的に使用されます。一方、"Crematory"は死体を火葬するための施設を指し、特に葬儀または葬儀関連の会話で使用されます。したがって、これら二つの単語は、それぞれ異なる文脈とニュアンスで使用されます。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 251

Do you want to go get some grilled chicken skewers? I'm really craving them. 「焼き鳥食べに行かない?すごく食べたくなってきたんだ。」 "Grilled chicken skewers"は、直訳すると「焼き鳥の串焼き」を意味します。鶏肉を串に刺し、焼き網やグリルで焼いた料理を指します。BBQパーティーやアウトドアイベント、屋外フェスティバルなどでよく提供されます。また、家庭でも簡単に作れるため、日常の食事やパーティーメニューとしても使えます。さらに、居酒屋や焼き鳥屋などのレストランでもよく見かけます。味付けは様々で、塩味やタレ味、バーベキューソースなどが一般的です。 Do you want to go grab some yakitori? 「焼き鳥食べに行かない?」 Do you want to go out for some Japanese BBQ Chicken Skewers? 「焼き鳥を食べに行かない?」 ネイティブスピーカーは、日本の料理店や日本の文化に精通している時に「Yakitori」を使います。それは特定の日本の料理スタイルを指し、通常は串に刺した鶏肉を特別なたれで焼いたものを指します。一方、「Japanese BBQ Chicken Skewers」は、より一般的な表現で、日本のBBQスタイルの鶏肉の串焼きを指します。この表現は、日本料理に不慣れな人々や初めて日本のBBQ料理を試す人に対して使われることが多いです。

続きを読む

質問ランキング