プロフィール

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 653

I can't wait to get my hands on the new product! 新商品を手に入れるのが待ちきれません! 「get one's hands on」は直訳すると「自分の手に入れる」という意味になりますが、実際には「何かを手に入れる」「何かをゲットする」というニュアンスで使われます。一般的には、なかなか手に入らないものや、特に欲しいものを手に入れるときに使われます。例えば、売り切れ続出の商品やレアなアイテム、人気のあるチケットなどをようやくゲットするときなどに使えます。基本的には口語表現で、公式な文章やビジネスシーンではあまり使われません。 I can't wait to acquire the new product. 新商品を手に入れるのが待ちきれません。 I can't wait to obtain the new product. 新商品を手に入れるのが待ちきれません。 "Acquire"と"Obtain"は共に「手に入れる」を意味しますが、ニュアンスや使われる文脈に違いがあります。"Obtain"は具体的なアイテムや物を手に入れるときによく使われ、努力や行動を通じて何かを得ることを強調します。例えば、「チケットを手に入れた」は"I obtained tickets"となります。一方、"Acquire"はスキルや知識のような抽象的なものを得るときや、長い時間をかけて何かを得るときによく使われます。例えば、新しい言語を習得する場合は"I acquired a new language"となります。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 200

Our next match is against the last champions; they are a tough opponent. 次の試合は前回の優勝チームとだから、彼らは手ごわい相手だよ。 「Tough opponent」は「手強い相手」や「強敵」といった意味を持つ英語のフレーズで、スポーツやゲーム、ビジネスなど、何らかの対立や競争が存在する状況で使われます。相手が技術的に優れていたり、粘り強さや戦略的な思考能力があるなど、自分より優位に立つ要素を持っている場合に、その相手を「tough opponent」と表現します。また、その人物が困難を乗り越える強さや勇気を持っているときにも用いられます。 Our next game is against the previous champions, they're a hard nut to crack. 次の試合は前回の優勝チームとだから、彼らは手ごわい相手だよ。 Our next match is against a formidable adversary, the previous champions. 「次の試合は前回の優勝チームという、手ごわい敵と対戦です。」 "Hard nut to crack"は、解決が難しい問題や理解が難しい人を指す一般的な表現です。たとえば、難解なパズルや、意図や感情を読むのが難しい人に対して使います。一方、"Formidable adversary"は、強力で恐ろしい対戦相手や敵を指す表現で、通常は競争や戦闘の文脈で使います。たとえば、スポーツの試合やビジネスの競争での厳しい対戦相手に対して使います。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 91

I see you're pretty busy. Don't be caught off guard, I'll help you out when I'm free. かなり忙しそうだね。驚かないで、私が手が空いたら手伝うから。 「Caught off guard」は、予想外の出来事や状況に遭遇し、驚いたり困ったりする状態を表す英語の表現です。「不意をつかれた」「油断していた」というニュアンスがあります。例えば、突然の質問や出来事に対して準備ができていない状況を表すのに使います。また、何かしらの予想外の攻撃や批判を受けて、対応に困る状況もこの表現を使います。 I can see you're quite busy. I'll help you out when I can, don't be taken by surprise. 「相手がかなり忙しそうだね。私が手が空いたら手伝うから、驚かないでね。」 I don't want to leave you high and dry, so I'll help out when I can. 君を見捨てたりしないから、手が空いたら手伝うよ。 "Taken by surprise"は、予期しない出来事によって驚かされた状況を表す表現です。例えば、突然のプロポーズや急な試験など、予想外の事態に遭遇した時に使われます。一方、"Left high and dry"は、困難な状況において助けを求めても見捨てられ、手助けが得られない状況を指します。例えば、友人に車で送ってもらう約束をしていたのに、その友人が現れずに困ってしまった場合などに使われます。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 181

In English, a person who guards a building, controlling who goes in and out, is called a security guard. 英語では、建物を警備し、出入りを制御する人を「セキュリティガード」と言います。 セキュリティガードは、施設やイベントの安全を確保するための職業です。建物の出入り口での監視や警報システムの操作、必要に応じて警察や消防署に通報するなどの役割を担います。また、不審者の排除や緊急事態発生時の対応も行います。ショッピングモール、オフィスビル、学校、病院、コンサートやスポーツイベント等、人々の安全を守るために必要な場所全般で活動します。彼らの存在は、私たちが安心して生活するための重要な要素です。 会社などの警備をし、人の出入りを見張る仕事は英語では「watchman」と言います。 英語では、会社などで人々の出入りを監視する人のことをgatekeeperと呼びます。 "Watchman"と"Gatekeeper"は、どちらも人や場所を保護する役割を果たす人々を指す言葉ですが、その役割と責任が異なります。"Watchman"は広範囲な監視や警備を担当し、特定の場所や財産を監視・保護します。一方、"Gatekeeper"は特定の入口または出口を管理し、誰が通過できるかを制御します。したがって、"Watchman"は一般的な警備員や夜間警備員を指し、"Gatekeeper"はチェックポイントやゲートでの入退管理を行う人を指すことが多いです。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 447

I hate to say it, but there's no turning back now. 「残念だけど、もう取り返しがつかないよ。」 「There's no turning back now」は、「もう引き返すことはできない」や「これ以上後戻りはできない」といった意味を持つ英語のフレーズです。物事がある一定のポイントを超えてしまい、元の状態に戻ることが難しい、または不可能になったときに使われます。大きな決断をした後や、重要な行動を起こした後などによく使われます。また、物語や映画のクライマックスで、主人公が困難に立ち向かう決意を固める場面などでも使われます。 I'm sorry, but there's no undoing what's done. 「残念だけど、もう取り返しがつかないよ。」 I've tried to find a compromise to avoid parting ways, but the die is cast, I'm afraid there's no turning back now. 妥協点を見つけて別れを避けるために試みましたが、残念ながらもう取り返しのつかない状況です。 「There's no undoing what's done」は行った行為や決定を元に戻すことができないという状況を表すフレーズで、後悔や誤った選択を指摘するときによく使います。一方、「The die is cast」は何か重要な決定を下し、その結果がどうなるかはもうコントロールできないという状況を表す古典的なフレーズで、これから起こる事象に対する決意や覚悟を示すときに使われます。

続きを読む

質問ランキング