プロフィール

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 297

I finally spoke up and gave my boss a piece of my mind. ついに声を上げて、上司にはっきりと意見を言ってやりました。 「I gave my boss a piece of my mind」は直訳すると「私は上司に自分の考えを伝えた」となりますが、ニュアンスとしては「自分の不満や意見をはっきりと上司に伝えた」という意味になります。使うシチュエーションは、自分が上司や状況に不満を抱いていて、それをストレートに伝えるときに使います。しかし、この表現は少し強気なので、場合によっては注意が必要です。 I finally mustered up the courage and told my boss off. ついに勇気を振り絞って、上司にビシッと言ってやった。 I really put my foot down with my boss about the workload. 私は仕事量について上司にビシッと言ってやった。 "I told my boss off"は上司に対して不満や怒りを直接的に表現した場合に使います。一方、"I really put my foot down with my boss"は、自分の意見や主張をはっきりと伝え、譲らない態度を示した場合に使います。前者は感情的な対立を、後者は意見の対立を示すため、使い方は状況や自分の立場によります。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 635

「上座」をhead of the tableと表現します。これは敬意や尊敬の意を示す位置を指します。 「Head of the table」は文字通りには「テーブルの頭」を指しますが、社交の場などでの主要な位置、つまり「主席」や「一等席」を意味します。特に、会議や食事の場などでリーダーや最も重要な人物が座る場所を指すことが多いです。また、比喩的には、ある状況や組織で最も重要な立場にいる人を指すこともあります。 As the guest of honor, you should sit at the head of the table. 名誉のゲストとして、あなたはテーブルの上座に座るべきです。 Please, take a seat at the head of the table. It's reserved for our guest of honor. 「どうぞ、テーブルの頭に座ってください。それは私たちの名誉ゲストのために予約されています。」 "Top of the table"と"bottom of the table"は通常、リストやランキングなどの文脈で使われ、"top"は最も高い位置を、"bottom"は最も低い位置を指します。一方、"head of the table"と"foot of the table"は物理的なテーブルの位置を指す際に使われます。"head"はテーブルの一番目立つ側を、"foot"はその反対側を指すことが多いです。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 656

Is there an upper limit for the commuting allowance? 「通勤手当の上限はありますか?」 「Upper limit」は「上限」という意味で、最大値や限度を指す言葉です。数値や量を示す際に、それ以上は許されない・可能でない、あるいはそれ以上は存在しないといった状況を表します。たとえば、消費者がクレジットカードで支払いできる金額には「上限」が設定されていたり、ある商品を購入できる数量に「上限」があったりします。また、データ分析の分野では、データの範囲を示すために「上限」という言葉が使われます。 Is there a maximum for the commuting allowance? 「通勤手当の上限はありますか?」 Is there a ceiling on the commuting allowance? 「通勤手当の上限はありますか?」 "Maximum"と"ceiling"はどちらもある範囲や限度を示す英語の単語ですが、その使用方法とニュアンスは異なります。"Maximum"は数値や量の最大限度を指す一方、"ceiling"は物理的な天井や抽象的な上限を表します。たとえば、"The maximum speed limit is 60 mph"(最高速度制限は60マイルです)と言う場合、"maximum"は速度の上限を示しています。一方、"The ceiling for the budget is $5000"(予算の上限は5000ドルです)と言う場合、"ceiling"は予算の上限を示しています。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 838

As stated above, we will be proceeding with the event. 上記の通り、イベントを開催いたします。 「As stated above」は、「上記の通り」「前述の通り」などと訳され、文章や会話の中で既に述べられた情報を参照する際に使われます。主に、論文、レポート、ビジネスメールなど、複数の情報を詳細に述べた文書で使用されます。このフレーズを使うことで、読み手に前述の情報を思い出させ、その情報に基づいた新たな情報や意見を提供することができます。 As previously mentioned, we will proceed with the event as planned. 前述の通り、予定通りイベントを開催いたします。 We will be conducting the event as outlined above. 上記のとおり、イベントを開催いたします。 "As previously mentioned" は、先に述べた事柄を再度取り上げるときによく使われます。例えば、会話やプレゼンテーションで、すでに触れたポイントを再度強調したいときに使用します。一方、"As outlined above" は、書かれた文書やメールなどで、上部のパラグラフやセクションで詳述した内容を参照するときに使います。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 400

Our sales have been going up and down recently. 最近、売上が上下しています。 「Go up and down」は、「上下に動く」や「増減する」という意味で使われます。物理的な動きや数値、感情の変化などを表す際に用いられる表現です。例えば、エレベーターが上下に動く様子を「The elevator goes up and down」、株価が上下する様子を「The stock prices go up and down」、気分が浮き沈みする様子を「My mood goes up and down」のように使います。 Our sales have been fluctuating recently. 最近、売上が上下しています。 Our sales have been oscillating this quarter. 今四半期、私たちの売上が上下しています。 "Fluctuate"は主に量や数値が上下することを表すのに使われます。例えば、価格、気温、心拍数などが「fluctuate」します。一方、"Oscillate"は物理的な動きや意見などが一方から他方へと揺れ動くことを表します。例えば、扇風機は左右に「oscillate」しますし、人は二つの選択肢の間で「oscillate」することもあります。"Fluctuate"は変動がランダムまたは予測不能な場合に多く使われ、"Oscillate"は周期的なまたは定期的な動きを表す際に使われます。

続きを読む

質問ランキング