プロフィール

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 401

I use a dehumidifier when I'm drying clothes indoors during the humid rainy season. 梅雨の時期、部屋干しの時は除湿器を使っています。 デヒューミディファイヤーは、湿度が高い場所で使う家電製品です。空気中の湿度を調整することで、カビやダニの増殖を防ぎ、快適な生活環境を保つ役割があります。梅雨時期や湿度が高い地域、洗濯物を室内で干すとき、または地下室や防音室など換気が難しい場所で活用されます。また、アレルギー対策としても有効です。空調機能と一体化した製品もあり、一年を通して使うことができます。 I usually use a moisture absorber when air-drying clothes indoors during the humid rainy season, as things don't dry out well. 梅雨の時期は湿度が高く、物がなかなか乾かないので、部屋干しの時は除湿器を使っています。 I use a humidity controller when I'm drying clothes indoors during the rainy season. 梅雨の時期、部屋干しの時は湿度調節器を使っています。 Moisture Absorberは湿度が高い場所で使われ、過剰な湿気を吸収するための製品(例:デシカント、シリカゲル)を指すのに対し、Humidity Controllerは湿度を特定のレベルに保つためのデバイス(例:加湿器や除湿器)を指します。前者は湿度を低減する一方、後者は湿度を上下に調節できます。したがって、Moisture Absorberは特に湿気が問題となる場所(例:クローゼットや地下室)で使われ、Humidity Controllerは室内の快適さを維持するために使用されます。

続きを読む

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 228

We need to stir up the soil first before planting the seedlings. 苗を植え付ける前に、まずは土をすき起こさないとね。 「Stir up」は、「かき立てる」「引き起こす」などの意味を持つ英語のフレーズです。直訳すると「かき混ぜる」となりますが、感情や問題、紛争を引き起こす、または既に存在するものを激化させるといった抽象的な意味合いで使われます。一方で、文字通りの「かき混ぜる」を意味する場合もあり、料理のレシピなどで使われます。例えば、感情をかき立てるときに「He stirred up trouble」(彼は問題を引き起こした)、またはスープをかき混ぜるときに「Stir up the soup」(スープをかき混ぜる)などのように使います。 We need to rake up the soil first before we start planting the seedlings. 「苗を植え付ける前に、まずは土をすき起こさないとね。」 We need to unearth the soil first before we can start planting the seedlings. 「苗を植え付ける前に、まずは土をすき起こさないとね。」 "Rake up"と"unearth"は、何かを探し出すという意味で使われますが、微妙な違いがあります。"Rake up"は主に、過去の問題や不快な事実などを引き出す際に使われ、ネガティブなニュアンスが強いです。「彼は彼女の過去の失敗を掘り返した」など。 一方、"unearth"は、文字通り地中から何かを掘り出すイメージで、新たな事実や発見を見つけ出す際に使われます。これは、ネガティブでもポジティブでもあります。「彼は新たな証拠を発掘した」など。

続きを読む

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 122

My wife earns more than me, actually. 実は、うちの妻の方が私より稼いでいるんだ。 「My wife earns more than me」は「私の妻は私よりも収入が多い」という意味です。男性が女性(特に配偶者)よりも収入が多いというのが一般的なステレオタイプであるため、この表現はそれを逆転させることで意外性や新鮮さを持たせています。使えるシチュエーションとしては、男性が自身の収入について話す際や、ジェンダーの役割についての議論など様々な場面で使用可能です。また、男性が自分のプライドを捨てて妻の成功を認めている、という前向きなニュアンスも込められています。 In our household, my wife brings home the bacon. うちでは、妻のほうが稼いでいるんだよ。 In our family, my wife is the breadwinner. うちの家族では、私の妻が家計を支えています。 "My wife brings home the bacon"はよりカジュアルで口語的な表現で、妻が家族の主な収入を稼いでいることを示しています。一方、"My wife is the breadwinner of the family"はより公式であるかのように聞こえ、同じ意味を持っていますが、より一般的に使用される表現です。どちらのフレーズも同じ状況で使用できますが、前者はよりカジュアルな会話や友人との会話で、後者はより正式な状況や聞き手に対する敬意を示すために使用されます。

続きを読む

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 985

I grew up with three brothers, so I consider myself more masculine. 私は3人の兄弟と育ったので、私は自分自身をもっと男性的だと思っています。 フェミニンとマスキュリンは、それぞれ「女性らしい」「男性らしい」を意味します。これらは性別だけでなく、性格や行動、外見などを表現する際にも使われます。例えば、優雅で感情的な人や物をフェミニンと表現し、強くて活発な人や物をマスキュリンと表現することがあります。また、ファッションやデザインの分野でも使われます。女性的なデザインや柔らかい色合いをフェミニン、男性的なデザインや強い色合いをマスキュリンと表現することがあります。 I grew up with three brothers, so I consider myself more manly, I suppose. 私は3人の兄弟と一緒に育ったので、自分自身をどちらかというと男性的だと思います。 Having grown up with three brothers, I'd say I'm more gentlemanly than ladylike. 3人の男兄弟の中で育ったので、私はどちらかというと男性的だと思います。 "Womanly"と"manly"は一般的に性別のステレオタイプ、つまり一般的に女性や男性の特性と考えられる行動や特徴を指すのに使われます。一方、"ladylike"と"gentlemanly"はより礼儀正しさや上品さを強調します。"Ladylike"は女性が社会的に期待されるような優雅さや繊細さを、"gentlemanly"は男性が社会的に期待されるような優雅さや風度を指すのに使われます。

続きを読む

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 179

Are you trying to show off in front of women? 「女性の前で格好つけてるの?」 「Show off in front of women」とは、女性の前で自分を見せびらかす、自慢するという意味です。自分のスキルや持ち物、成功体験などを強調し、女性に印象を与えようとする行動を指します。このフレーズは、主に男性が女性を引きつけるため、または女性に対する自分の価値を上げるために自己アピールを強化する場面で使われます。しかし、度が過ぎると自慢っぽく見えて逆効果になることもあります。 Are you trying to impress women because you're acting differently than usual? 「いつもと違う態度を取っているけど、女性を感動させようとしてるの?」 Are you strutting your stuff just because there are women around? 「女性が周りにいるからって、自慢げに振る舞ってるの?」 "Trying to impress women"は一般的に女性に好意を示すために努力している状況を指します。それは大きなジェスチャーや才能の披露だけでなく、細かい行動や態度にも当てはまります。一方、"Strutting your stuff in front of women"はより自己主張的で、自己満足型の行動を指します。自分の能力や魅力を誇示する行動、特に他人を圧倒するような方法でそれを行うことを指します。このフレーズは、自慢や誇示的な行動を伴うことが多いです。

続きを読む

質問ランキング