プロフィール

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 464

There's no chance of winning against them. 「彼らに勝つチャンスはない」 「There's no chance of winning.」は「勝つ見込みが全くない」というニュアンスを持つ表現です。ゲームや競技、あるいは討論など、何かを競う状況で、相手が非常に強い、または自分の状況が非常に不利なために、結果的に勝てる可能性がほとんどない、という状況を指すときに使われます。また、比喩的に、ある目標を達成するのが難しい、あるいは不可能であるという状況を表すためにも使われます。 There's no hope of victory for us in this game. この試合で、私たちには勝つ見込みがない。 We're up against a very strong team. It's a lost cause. 我々は非常に強いチームと対戦している。自分たちに勝ち目はない。 「There's no hope of victory」はネイティブスピーカーが競争や戦闘など、勝つことが目的の状況で使います。これは、成功や勝利が非常に難しいまたは不可能な状況を意味します。一方、「It's a lost cause」はある問題や状況が解決不可能であるか、それを改善しようとする努力が無駄であると感じる時に使われます。これは、取り組み自体が無駄であるという強い否定的な意味合いを持っています。

続きを読む

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 294

I definitely have a chance of winning this game against him. 私は間違いなく彼とのこの勝負で勝つチャンスがあります。 「Have a chance of winning」は、「勝つ可能性がある」という意味です。スポーツの試合やビジネスの競争、政治の選挙など、何かしらの勝敗が関わるシチュエーションで使われます。また、絶対的な勝利が保証されているわけではなく、あくまで可能性を示す表現です。なお、この表現は肯定的なニュアンスを持つことが多いです。例えば、「彼は選挙で勝つチャンスがある」、「我々はこの試合で勝つ可能性がある」などのように使います。 I definitely stand a chance of winning this competition against him. 私は彼とのこの勝負で、絶対に勝つ可能性がある。 In this competition with him, there's a possibility of winning for me. この彼との競争では、私には勝つ可能性があります。 "Stand a chance of winning"と"There's a possibility of winning"は似た意味を持つが、ニュアンスと使い方に違いがある。 "Stand a chance of winning"は、競争や試みの成功に対する個別の見通しや可能性を表す。主語(人やチームなど)の能力や状況によって勝つ可能性があることを強調する。例えば、「彼はレースで勝つ可能性がある」など。 "There's a possibility of winning"は、一般的な可能性を示し、特定の結果が起こる可能性があることを指す。これは主語に依存しない、より抽象的な表現である。例えば、「勝つ可能性がある」などと言う場合に使う。

続きを読む

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 369

How many injured or sick persons are there? 「傷病者はどのくらいいますか?」 「Injured or sick person」は、怪我をした人や病気の人を指す表現です。このフレーズは、病院や救急車、または一般的な会話で使われます。怪我や病気の程度は問わず、幅広く使用できます。例えば、軽い風邪から重篤な病状、軽い打撲傷から重大な怪我まで、その状況によって使い分けられます。 How many casualties are there? 「傷病者はどのくらいいますか?」 How many patients do we have? 「患者は何人いますか?」 "Casualty"は主に事故や災害で傷ついた、または死亡した人々を指す言葉で、特に軍事や緊急医療の文脈で使われます。一方、"Patient"は医療施設や医師の治療を必要とする、または受けている人を指します。したがって、交通事故の被害者は"casualty"と呼ばれ、その後病院で治療を受けると"patient"となります。

続きを読む

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 305

We were decontaminating the entire area due to a radiation leak from the facility. 施設からの放射線漏れのため、その地区一帯を除染していました。 「デコンタミネーション」は汚染除去という意味で、特に放射能や有害な化学物質などが付着した場所や物体、人体からそれらを取り除く作業を指します。原発事故後の除染作業や、生物兵器を使用したテロ後の現場清掃、または医療機関での滅菌作業など、専門的な知識と技術を必要とするシチュエーションで使われます。この言葉は、単に清掃や清浄化とは異なり、特に危険な汚染物質を人間や環境から遮断する強い意味合いを含んでいます。 We were conducting a cleanup of contamination across the entire district due to radiation leakage from the facility. 施設からの放射線の漏れのため、その地区一帯で除染作業を行っていました。 We were conducting remediation throughout the entire area due to a radiation leak from the facility. 施設からの放射線漏れのため、その地区一帯で除染作業を行っていました。 "Cleanup of contamination"は主に汚染が既に発生した後の具体的な清掃作業を指すのに対し、"Remediation"は問題の根本的な解決を目指す長期的なプロセスを指します。例えば、油漏れがあった場合、"Cleanup of contamination"は油を除去する作業を指すでしょう。一方、"Remediation"は漏れた油が再び環境に害を及ぼさないようにするための全体的な計画や対策を示すでしょう。日常的な会話ではあまり使われませんが、環境科学や産業の文脈ではよく使われます。

続きを読む

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 436

I need to expel myself from the register now that I'm married. 結婚したので、除籍の手続きを取らなければならないです。 「Expel」は、「追放する」「排除する」などの意味を持つ英語の動詞で、不適切な行動や規則違反を理由に、学校から生徒を追い出す、組織からメンバーを除名するなどの状況で使われます。また、体液やガスなどを体外に排出するという意味もあります。強制的に何かを外に出す、取り除く、というニュアンスがあります。 I have to get myself dismissed from school because I got married. 結婚したので、学校から除籍の手続きをしなければならない。 I need to deregister from school because I'm getting married. 結婚するので、学校からの除籍の手続きを取らなければならない。 "Dismiss from school"は、通常、生徒が学校やクラスから一時的に退出することを指します。例えば、一日の終わり、または特定の行動により早期に送られる場合などです。"Deregister from school"は、生徒が学校から正式に退学することを指し、一般的にはその学校の生徒としての登録を解除することを意味します。この言葉は、生徒が他の学校に転校するか、あるいは教育を全く受けないことを選択した場合などに使用されます。

続きを読む

質問ランキング