プロフィール

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 252

My mood depends on the weather, so I hope we continue to have sunny days. 私の気分は天気によりますので、晴れた日が続くことを願っています。 「私の気分は天気次第です」というフレーズは、その人の感情や気分が天気によって大きく影響を受けることを示しています。たとえば、晴れた日には元気が出る、雨の日には気分が落ち込むなど、天候によって気分が変動する人がこの表現を使うことが多いです。また、特定の天気がその人の感情や行動に影響を与えることも暗示しています。この表現は、自分の感情状態を説明するため、または自分がどうしてそのような気分になっているのかを他人に説明するときに使われます。 The weather really affects my mood, so I hope we continue to have sunny days. 天気は本当に私の気分に影響を与えますので、晴れた日が続くことを願っています。 My spirits rise and fall with the weather, so I really hope we continue to have sunny days. 「私の気分は天気に左右されるので、晴れの日が続くことを本当に願っています。」 「The weather really affects my mood」は天気が自分の気分に大きな影響を与えることを一般的に表現する文です。具体的な変化(良くなる、悪くなる)は示していません。例えば、晴れた日も曇った日も気分が変わるということが該当します。一方、「My spirits rise and fall with the weather」は天気が自分の気分を具体的に上下させることを示しています。天気が良いと気分が上がり、悪いと下がるという意味です。したがって、自分の気分が天気によって具体的にどのように変わるかを伝えたい時には後者を使います。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 602

I attend a tea ceremony practice once a week. 私は週に一度、お茶のお稽古に通っています。 「茶道の稽古」や「茶道の練習」とも表現できる"Tea ceremony practice"は、日本の伝統的な文化である茶道の技術や作法、心構えを身につけるための訓練や反復練習を指します。具体的には、お茶を点てる手順、おもてなしの心、空間の使い方などを学びます。使えるシチュエーションは、茶道教室や茶道のクラブ活動、自宅での練習など。また、茶道に興味がある人が、茶道の基本を学ぶための入門クラスやワークショップに参加する際にも使えます。 I'm attending weekly classes for learning the art of tea ceremony. お茶の芸術を学ぶためのクラスに週に一度通っています。 I attend tea ceremony lessons once a week. 私は週に一度、お茶のお稽古に通っています。 Learning the art of tea ceremonyは、日本の伝統的な茶道の技術や精神を学ぶという一般的な表現です。一方、"Tea Ceremony Lessons"は、具体的な授業や教室の設定を示す表現で、特定の時間や場所で行われる茶道の指導を指します。前者は学びのプロセス全体を包括的に表現し、後者はその学びが構造化された形(レッスン)で行われることを強調します。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 303

You're too kind with your flattery, but I enjoy it. あなたのお世辞は優しすぎるけど、それが好きだよ。 「Flattery」は、他人をほめたたえる、またはお世辞を言うことを指す英語の単語です。人を喜ばせるためや、調子を合わせるために使われます。ポジティブなニュアンスもありますが、誠意がなくお世辞のみで言われる場合は、少しネガティブなニュアンスも含むことがあります。例えば、上司に出世するために無理にほめる場面や、商談で相手を引き立てるために使うなど、目的を持って使われることが多いです。 You're too kind with your sweet talk, but I know I don't look that young. 「お世辞はいいよ、でも私がそんなに若く見えないことくらい知ってるわよ。」 You don't need to butter me up, I know I look young. 「お世辞はいいよ、自分が若く見えることは知ってるから。」 "Sweet talk"は、誰かを説得したり、何かを手に入れたりするために、褒めたり、お世辞を言ったりする行為を指します。通常は恋愛や親密な人間関係の文脈で使われます。 一方、"Butter someone up"は、特に上司や権力を持つ人々に対して、自分の利益のためにお世辞を言う行為を指します。この表現は、通常、ビジネスやプロフェッショナルな環境で使われます。そして、"Butter someone up"の方が少し悪質さを含んだニュアンスを持ちます。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 194

Hey, I don't want to talk about work when we're drinking. Let's just relax and have a good time. 「ねえ、お酒飲んでる時は仕事の話はしたくないんだ。リラックスして楽しもうよ」 「私たちが飲んでいるときに仕事の話をしたくない」というフレーズは、カジュアルな飲み会やパーティーなどの非公式な状況で使用されます。これは、その時間を楽しみ、リラックスするために仕事から離れたいという思いを表しています。また、プライベートな時間を大切にし、仕事とプライベートを分けたいという意思を示しています。仕事のストレスやプレッシャーから一時的にでも逃れ、友人や同僚との人間関係を深めたいというニュアンスもあります。 Let's not discuss work over drinks, okay? I'd rather enjoy our time off. 「お酒の席で、仕事の話はしないでほしいな。休みの時間を楽しみたいの。」 Hey, work chatter isn't welcome at the bar. Let's enjoy our drinks and relax. 「ねえ、居酒屋では仕事の話はお断りよ。お酒を楽しみ、リラックスしましょう。」 「Let's not discuss work over drinks」は仕事仲間とのカジュアルな飲み会でよく使われます。これは直接的に、「飲み物を飲みながら仕事の話をしないで」という提案をしています。一方、「Work chatter isn't welcome at the bar」はもう少し口語的で、バーやパブなどの環境で使われます。こちらは、「バーでは仕事の話は歓迎されない」という一般的な規則や慣習を示しています。両方とも仕事から離れてリラックスする時間を大切にするという同じ意図を持っていますが、前者はより個人的な提案で、後者はより広いコンテキストでの声明です。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 675

Ako showed up just as we were about to have a private conversation. She can be such a pain in the neck. ちょうど二人で話そうとしたときにA子が現れた。彼女は本当にお邪魔虫だ。 「Pain in the neck」は、直訳すると「首の痛み」ですが、英語のイディオムとしては「面倒な人」や「迷惑なこと」を表します。日本語の「頭痛の種」に近いニュアンスです。具体的な使い方としては、例えば仕事で難解な問題や手間取る作業、または困った同僚や友人を指して使います。例: "This project is a real pain in the neck."(このプロジェクトは本当に面倒だ) Aiko is such a nuisance, I wanted to have a chat with you alone. 愛子って本当に邪魔で、二人で話したかったのに。 Aiko showing up when we were about to have a private conversation is such a pain in the backside. A子が私たちが二人で話そうとしたときに来たのは、本当にお邪魔虫だ。 Nuisanceは、一般的な迷惑や不快な事態を指す一方で、"Pain in the backside"はより口語的で、特定の人や事象が非常に迷惑で、ストレスを感じさせることを強調した表現です。"Nuisance"は公式な状況や書面で使われることが多く、"Pain in the backside"はカジュアルな会話や親しい人々との会話でよく使われます。ただし、"Pain in the backside"は若干失礼な表現と受け取られる場合もあるため、相手や状況によっては注意が必要です。

続きを読む

質問ランキング