プロフィール

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 163

I hate your persistence, that's what's wrong! 「君のしつこさが嫌なんだ、それが問題なんだよ!」 「I hate persistence.」は「私は粘り強さが嫌いだ」という意味です。このフレーズは、一般的には自分自身や他人の固執やしつこさに対する不満や苛立ちを表現する際に使われます。例えば、同じ問題を何度も解決しようとするある人の行動や、困難に直面しても諦めずに目標に向かって努力し続ける人の姿勢などを指して使うことができます。また、自分自身が困難な状況に立ち向かうことに疲れを感じているときにも使えます。 I can't stand your pushiness, that's what's wrong. 「君のしつこさが我慢できないんだ、それが問題なんだよ。」 I loathe being pestered. That's what's wrong with you. 「しつこく追い詰められるのが嫌なんだ。それがお前の悪いところだよ。」 I can't stand pushinessは、他人が強引であること、自分の意見や思考を無理に押し付けてくることに対する不快感を表現します。一方、"I loathe being pestered"は、一度断ったにも関わらず、何度も何度も同じことを頼まれる、あるいは説得されることへの強い嫌悪感を示します。前者は一般的な性格の特性に対する嫌悪感、後者は具体的な行動への反感を表しています。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 649

That's a custom or tradition in Japan. それは日本の習慣や伝統です。 「Customs and traditions」は「風習と伝統」と訳されます。このフレーズは特定の地域や国、集団などが長年にわたり守り続けてきた独自の行事や習慣を指します。例えば、祭り、結婚式の形式、年始の挨拶などが含まれます。これらはその文化の一部を形成し、その集団のアイデンティティを示しています。このフレーズは、特定の地域や文化の習慣を説明したり、新たな環境に適応しようとしている人にとって重要な情報を提供したりする際に使われます。 That's a conventional practice in Japan. 「それは日本の伝統的な慣習です。」 That's one of the established norms in Japan. それは日本の確立された規範の一つです。 "Conventional practices"は特定の行動やプロセスが社会的に受け入れられていることを指す。ビジネスや特定の業界での一般的な方法や手順を指すことが多い。例えば、ビジネスミーティングでのドレスコードや食事のマナーなど。 一方、"Established norms"はより広範で社会的なルールや期待を指す。これは法律や道徳規範、社会的な慣習などに適用される。例えば、交通ルールや公共の場での行動規範など。 言い換えれば、"conventional practices"は特定の状況やコンテクストでの「一般的なやり方」を、"established norms"はより広い範囲での「社会的なルール」を指す。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 1,046

Why are you making such a sour face? Did something happen? 「なんでそんなにしかめっ面をしてるの?何かあった?」 「Sour face」は、直訳すると「酸っぱい顔」ですが、実際には「不機嫌な顔」や「しかめっ面」を指します。普段は笑顔が多い人が突然しかめっ面をする、あるいは何か嫌なことがあった時に不機嫌な顔をする、などのシチュエーションで使われます。また、他人の態度や行動に対して不快感を表す時にも用いられます。 He scowled at the thought of doing the dishes. 彼は皿洗いをすると思うとしかめっ面をした。 She looked at him with pursed lips, clearly displeased with the situation. 彼女は彼を見つめ、唇を結んで、明らかにその状況に不悦を感じていました。 Scowlは、怒り、不満、不機嫌などの感情を表現する際に使われる表情を指す言葉で、眉をひそめることを含むことが多いです。一方、"Pursed lips"は、唇を結び、不承不承な、困惑した、あるいは考え込むような感情を表現するために使われます。"Scowl"は感情がより強く、一般的に否定的な状況で使われます。"Pursed lips"は、感情がより抑えられ、一般的に考えている、困惑している、あるいは不機嫌な状況で使われます。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 158

He slacked off again today and went home without doing his cleaning duty. 彼は今日もサボって掃除当番をせずに帰ってしまった。 「Slacking off」は、仕事や学業などを怠ける、怠慢になる、サボるという意味の英語のスラングです。自分が責任を持つべき仕事やタスクに対して、十分な努力をしない状態を指します。例えば、仕事中にプライベートなメールをチェックしたり、勉強時間にゲームをしたりする行為が含まれます。「Slacking off」は、職場や学校、家庭など、自分の義務を怠けている場面で使われます。形容詞形の「slack」は、怠惰な、緩慢なといった意味になります。 He's always skipping out on his cleaning duties. 彼はいつも掃除当番をサボっている。 He's always playing hooky from his cleaning duties. 彼はいつも掃除当番をサボってばかりいる。 Skipping outと"playing hooky"は両方とも主に未成年者が学校を無断欠席する行為を指す言葉ですが、ニュアンスには差があります。"Playing hooky"は特に学校をサボることを意味し、悪ふざけや反抗的な行為の一環として使われます。一方、"Skipping out"は学校だけでなく、職場や他の義務からも逃れることを指し、より一般的な用途があります。また、"Skipping out"はしばしば計画的な行動を示すのに対して、"Playing hooky"はより衝動的な行動を暗示することが多いです。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 361

He said he had 55 items, but if you read between the lines, he actually only had 50. 彼は55個のアイテムがあると言っていましたが、行間を読むと実際には50個しかなかったんです。 「read between the lines」の直訳は「行間を読む」で、言葉の裏に隠された意味を理解する、または明示的には言われていないが暗黙的に示されているメッセージを察知することを指します。主に、人々が直接的な表現を避け、間接的、または比喩的な表現を使用する場合に用いられます。例えば、ビジネスの会議や、微妙な人間関係、恋愛の状況などで使われる表現です。 He said he had 55, but he was really just catching the drift to sell his goods. 彼は55個あると言っていましたが、実際は商品を売るためにサバを読んでいただけです。 He was actually selling 50 items, but he fudged the numbers and said he had 55. 彼は実際には50個の商品を売っていましたが、数字をごまかして55個あると言っていました。 Catch the driftは、言葉や行動から相手の意図や考え方を理解することを指します。一方、"Get the hint"は、言葉や行動から示されるより具体的な暗示や示唆を理解することを指します。例えば、誰かが話の中でためらいながら何かを示唆する場合、「catch the drift」を使います。しかし、誰かが具体的な行動や一連の出来事を通じて何かを示唆する場合、それを「get the hint」と言います。

続きを読む

質問ランキング