プロフィール

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 448

There's a mistake in the calculation here. 「ここ、計算が間違ってるよ。」 「There's a mistake in the calculation here.」は「ここ、計算に誤りがあります。」という意味です。計算結果が間違っている、あるいは計算途中の手順に誤りがあることを指摘する際に使います。会議でのプレゼンテーションやレポートの添削、学校の授業など、何かをレビューしたり、教えたり、議論したりするシーンでよく用いられます。 You've got the math wrong here. 「ここ、計算が間違ってるよ。」 The calculations are off here. 「ここ、計算が間違ってるよ。」 「You've got the math wrong here.」は、誰かが数学的な問題や計算を間違えた時に使います。特に教育の文脈や数学的な議論の中でよく使われます。 一方、「The calculations are off here.」はもう少し一般的で、数学的な計算だけでなく、データ分析や統計などの文脈でも使われます。これは、正確さが要求されるビジネスや科学の状況でよく使われます。 両方とも誤りを指摘する表現ですが、前者はより教育的な文脈、後者はより専門的な文脈で使われる傾向があります。

続きを読む

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 301

My daughter may not look like it, but she can really eat. 娘はこう見えても、本当によく食べるんです。 このフレーズは、見た目からは想像できないほどたくさん食べることができるという意味を持っています。自分の体型や外見がスリムで小柄でも、実は大食いだということを示す時に使われます。一見、食べ物をそんなに多く摂取しないように見える人が実はかなりの食事量を取ることができる、という意外性を表現する表現です。 Don't judge a book by its cover, my daughter can really pack it away. 見かけによらず、私の娘は本当によく食べますよ。 My daughter might look slender and not much of an eater, but despite appearances, she has quite an appetite. 娘は細身で、食べなさそうに見えますが、見た目によらず、彼女は実はかなりの大食いなんですよ。 「Don't judge a book by its cover, I can really pack it away.」は、見た目よりも食べる能力があることを強調しています。友達とのカジュアルな会話や食事の場でよく使われます。一方、「Despite appearances, I have quite an appetite.」はよりフォーマルな文脈で使われ、自分が思った以上に食事が好きだという事実を紹介するときに使われます。

続きを読む

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 717

「コインランドリー」は英語でLaundromatと言います。 Laundromatは、自分で洗濯や乾燥ができる施設のことを指します。コインランドリーとも呼ばれます。一般的には、自宅に洗濯機や乾燥機がない人、大量の洗濯物や大きな洗濯物(例えば、布団)を洗いたい人が利用します。24時間営業のところも多く、急な洗濯物が出たときや夜間の利用に便利です。また、旅行中や出張中に洗濯をしたいときにも使えます。上手に活用すれば、時間とコストを節約できます。 「コインランドリー」は英語でCoin Laundryと言います。 「コインランドリーは英語でSelf-service Laundryと言います。 Coin Laundryと"Self-service Laundry"は基本的に同じものを指していますが、用語の使い方は地域や文化によって異なるかもしれません。"Coin Laundry"は、洗濯機がコインで動く公共の洗濯所を指す一方、"Self-service Laundry"は、自分で洗濯と乾燥を行う公共の洗濯所を指します。ネイティブスピーカーの間での使い分けは一般的にはなく、主に個々の個人的な選択や地域的な言葉遣いに基づいています。どちらの言葉も自己完結型の洗濯設備を指すため、どちらを使っても通常は問題ありません。

続きを読む

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 204

I don't want to waste this so I'm going to be penny-pinching and use it bit by bit. 「これを無駄にしたくないから、ケチケチ使って少しずつ使うよ。」 「To be penny-pinching」とは、極度に倹約家である、あるいはケチな人を指す表現です。お金に関して非常に厳しく、少額でも節約しようとする様子を描写します。レストランで小銭を数える、安い商品を選ぶ、安上がりな方法を選ぶなど、節約に関連するシチュエーションで使うことができます。ただし、軽蔑的なニュアンスを含むため、使う相手や状況には注意が必要です。 Don't be so tight-fisted with the ketchup. There's plenty more in the fridge. ケチャップにケチケチしないで。冷蔵庫にたくさんあるから大丈夫だよ。 I always use my expensive perfume sparingly because I don't want to be stingy with money. 私はお金をケチケチ使いたくないから、高価な香水はいつも少しずつ使います。 To be tight-fistedと"To be stingy with money"はどちらも「お金にけちな」を意味しますが、微妙な違いがあります。"To be tight-fisted"は物理的なイメージを含んでおり、自分のお金を握りしめて離さないという強い意味があります。一方、"To be stingy with money"は、特定の状況や人々に対する支出に対する節約や制限を指すことが多いです。例えば、レストランでのチップを出さない人は"stingy"と言えます。どちらもあまりポジティブな表現ではないです。

続きを読む

Native Camp

Native Campさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 493

You're such a cheapskate, can't even share a bite. 「本当にケチだな、一口も分けてくれないんだから。」 「You're such a cheapskate.」は「あなたって本当にけちだね」という意味です。ニュアンスとしては、相手がお金を出すことに非常に消極的である、または必要以上に節約する性格を指摘する際に使われます。シチュエーションとしては、例えばレストランで割り勘をする際に、自分の飲食代より少ない額しか出さない人に対して使うことができます。 You're so stingy. Can't you even share a bite with me? 「ケチくさいなぁ。一口くらい分けてくれないの?」 You're such a penny pincher, you can't even share a bite of your food. 「本当にケチくさいなぁ。一口も食べ物を分けてくれないなんて。」 You're so stingyと"You're such a penny pincher"はどちらも他人が金銭面でケチだという意味を持つ表現ですが、ニュアンスに違いがあります。"You're so stingy"は一般的なケチという意味で、物や時間、労力などにも使えます。例えば、「あなたは自分の時間をケチる」など。一方、"You're such a penny pincher"は特に金銭に関するケチを指し、極端に節約をする人を指すことが多いです。例えば、レストランでチップを出さないような人に対して使います。

続きを読む

質問ランキング