プロフィール

英語系資格

海外渡航歴

自己紹介

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 215

クローバーを探しているのでしょうかね?「三つ葉のクローバーばかりで四つ葉のクローバーが見つからない」として考えてみましょう。 たとえば「四葉のクローバー」ならば「four-leaf clover」と言います。「三つ葉」、「四つ葉」は形容詞的に「three-leaf」、「four-leaf」と表します。名詞が形容詞的に使われているのですが、このような場合は名詞は単数で表すので「three leaves」ではなく「three-leaf」となるわけです。 構文は、前半は第三文型(主語[I]+動詞[find]+目的語[three-leaf clovers])です。後半は逆説的になるので接続詞(but)の後に前半同様に第三文型の文節を作り「can't」を加えて否定文にします。 例えば"I can only find three-leaf clovers, but I can't find any four-leaf clovers."とすれば上記日本文の意味になります。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 174

「その場の興奮に飲み込まれる」は「get caught up in the excitement of the moment」と表すことが可能です。 構文は、「気を付けて」の「Be careful」のチャンク(語の塊)の後に否定の副詞(not)と副詞的用法のto不定詞(to get caught up in the excitement of the moment:その場の興奮に巻き込まれる)を組み合わせて構成します。 たとえば"Be careful not to get caught up in the excitement of the moment."とすれば「その場の興奮に巻き込まれないように(=吞み込まれないように)気をつけてください」の意味になりニュアンスが通じます。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 72

「万博」は「world exposition」または「international exposition」と言います。1970年の日本万国博覧会は「Japan World Exposition Osaka 1970, Expo'70」という英称があります。 また2025年の日本国際博覧会(略称「大阪・関西万博」)の英称は「Expo 2025 Osaka, Kansai, Japan」が使われています。 構文は、第二文型(主語[Japan World Exposition Osaka 1970]+動詞[be動詞]+主語を補足説明する補語[the most exciting:一番盛り上がった])で構成します。 たとえば"Japan World Exposition Osaka 1970 was the most exciting."とすれば「1970年大阪万博が最も盛り上がりましたね」の意味になりニュアンスが通じます。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 185

「一流シェフ」は「top chef」と言います。またフレンチについては名門の料理教育機関の名にあやかり「cordon bleu chef」という事もあるようです。 「一流シェフの特別メニューだ」は「it's a special menu prepared by a top chef」と表すことが可能です。 また、ご質問を踏まえて「このレストランの呼び物は一流シェフの特別メニューだ」として構文化すると、第二文型(主語[specialty of this restaurant]+動詞[be動詞]+主語を補足説明する補語[special menu])で構成して補語を過去分詞を用いた修飾句(prepared by a top chef)で後置修飾します。 たとえば"The specialty of this restaurant is the special menu prepared by a top chef."とすれば上記日本文の意味になります。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 100

「一揆」は「反乱」のニュアンスで可算名詞の「uprising」で表すことが可能です。たとえば "The citizens staged an uprising against the oppressive government."で「市民たちは抑圧的な政府に対して反乱を起こしました」の様に使う事ができます。 構文は、第二文型(主語[now]+動詞[be動詞]+主語を補足説明する補語[time])に形容詞的用法のto不定詞(to show an uprising of the people:国民の一揆を示す)を組み合わせて構成します。 たとえば"Now is the time to show an uprising of the people!"とすれば「今こそ国民の一揆を示す時だ!」の意味になりニュアンスが通じます。

続きを読む