プロフィール

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 110

「熟考を重ねる」の意味の複合動詞に「mull over」と「kick something around」が有ります。 先ず「mull over」は「主題に関して深く考える」のニュアンスで"I mulled over the events of the afternoon."とすれば「私は、午後のイベントについて深く考えた(=熟考を重ねた)」の意味になります。 構文は第一文型(主語[I]+動詞[mulled])に副詞句(午後のイベントについて:over the events of the afternoon)を組み合わせて構成します。 次に「kick something around」は「何かについてあれこれ考える」のニュアンスで"Let's kick it around at the next meeting."とすれば「そのことについては次の会合で良く検討してみよう(=熟考を重ねよう)」の意味になります。 構文は「~しよう」の内容なので「Let's」の後に動詞原形(kick)、目的語(it)、副詞(あれこれと:around)、副詞句(次の会議で:at the next meeting)を続けて構成します。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 95

「飛行機事故のことを考えると縮こまります」という文で考えてみましょう。 「縮こまる」は自動詞「cringe」で表すことができます。 構文は、第一文型(主語[I]+動詞[cringe])に副詞句(飛行機事故のことを考えると:at the thought of an air crash)を組み合わせて構成します。 たとえば"I cringe at the thought of an air crash."とすれば上記日本文の意味になります。 また「cringe」には「ぺこぺことへつらう」という意味もあり"He cringed to his employer."とすると「彼は主人にぺこぺこした」の意味になります。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 121

「基本性能」は「basic performance」と表すことができます。 構文は、前半部分は第二文型(主語[price of this product]+動詞[be動詞]+主語を補足説明する補語[high])で構成します。 後半部分は接続詞「but」の後に受動態(主語[basic performance]+be動詞+動詞の過去分詞[compared])に副詞句(旧来品に:to the old product)を組み合わせて「cannot」を加えて否定文に構成します。 たとえば"The price of this product is high, but the basic performance cannot be compared to the old product."とすれば「こちらの製品の価格は高いですが、基本性能は旧製品とは比べものになりません」の意味になりニュアンスが通じます。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 79

「血気さかんな」は形容詞で「vigorous」と表すことができます。 (例文) Meda Toshiie as a young man was vigorous and was called by another name like Yari no Mataza. 青年時代の前田利家は血気盛んで槍の又左のような異名をもって呼ばれていた。 構文は、前半部分は第二文型(主語[Meda Toshiie]+動詞[be動詞]+主語を補足説明する補語[vigorous])で構成します。 後半部分は接続詞「and」の後に受動態(主語[Meda Toshiie-前半部分と共通なので省略]+be動詞+動詞の過去分詞[called])に副詞句(槍の又左のような異名をもって:by another name like Yari no Mataza)を組み合わせて構成します。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 186

「収支計画をたてる」は「make an income and expenditure plan」と表すことができます。 構文は、「~している」の内容なので現在進行形(主語[I]+be動詞+動詞の現在分詞[making]+目的語[income and expenditure plan])で第三文型的に表し、副詞句(来年度の:for the next fiscal year)を組み合わせて構成します。 たとえば“I am making an income and expenditure plan for the next fiscal year.”とすれば「来年度の収支計画を立てています」の意味になりニュアンスが通じます。

続きを読む

質問ランキング