プロフィール

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 95

「常務取締役」は「managing director」と表すことができます。 「Bのやつ」は「鈴木のやつ」と仮置きして「Good old chap Suzuki」と表します。は「Good old chap」は「ねぇあの~のやつ」の表現に用いるフレーズです。 構文は、第一文型(主語[Suzuki]+動詞[seems])に副詞的用法のto不定詞「ベンチャー企業の常務取締役である:to be the managing director of a venture company」を組み合わせて構成します。 たとえば“Good old chap Suzuki seems to be the managing director of a venture company.”とすれば「おいあの鈴木のやつはベンチャー企業の常務取締役のようだぞ」の意味になります。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 74

「奇を衒う」は「注目を集めるために故意に奇妙な行動をする」のニュアンスで「deliberately act oddly to get attention」と表すことができます。 (例文) By displaying the shocking simulation, the presenter deliberately acted oddly to get attention from listeners. 衝撃的なシミュレーションを表示することで、司会者は聴衆の注意を引くための奇を衒った行動をとりました。 上記構文は、副詞句(By displaying the shocking simulation)の後に、第一文型(主語[presenter]+動詞[acted])に副詞的用法のto不定詞「to get attention from listeners」を組み合わせて構成します。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 233

「性根が腐っている」は「one's heart is rotten to the core」と表すことができます。 構文は、「~は知っている」を「I know」として、接続詞「that」で従属副詞節を繋げます。従属副詞節は受動態(主語[heart]+be動詞+動詞の過去分詞[rotten:腐っている])に副詞句(芯まで:to the core)を組み合わせて構成します。 後半部分は、「there+be動詞」の構文形式で表します。前述語群の後に主語(no way of salvaging the situation:取り返しのつかないこと)を続けて構成します。 たとえば"I know that your heart is rotten to the core. Someday there'll be no way of salvaging the situation."とすれば「アンタの性根が腐っていることは知っている。いつか取り返しのつかないことになるぞ」の意味になります。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 170

1 How are you getting along in this hot weather? 暑い中、いかがお過ごしでしょうか? 複合動詞「get along with」に「~と上手く付き合う」という意味があります。直訳すると「暑い気候にどのように上手く対処しておられるのでしょう?」になるので、近況伺いのニュアンスを出すことができます。 2 I hope you are enjoying the summer. 夏を楽しんでいらっしゃることを願います。 "I hope you are doing well."で「あなたが元気にしていることを願っています」というように相手を気遣うお見舞いの文章になります。第一文型(主語[I]+動詞[hope])に現在進行形(主語[you]+be動詞+動詞の現在分詞[enjoying])の従属節を組み合わせて構成します。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 159

「衝撃に弱い」は「be sensitive to strong impacts」と表すことができます。「弱い」の形容詞「sensitive」は「vulnerable」に置き換える事が可能です。 構文は、「~してください」の内容なので副詞「please」を間投詞的に文頭に置いて、「注意する」の「be careful」を続けて、従属副詞節に繋げます。 従属副詞節は接続詞「as(~なので)」の後に第二文型(主語[product]+動詞[be動詞]+主語を補足説明する補語[sensitive])に副詞句(強い衝撃に:to strong impacts)を組み合わせて構成します。 たとえば"Please be careful as this product is sensitive to strong impacts."とすれば「この商品は強い衝撃に弱いので注意してください」の意味になります。

続きを読む

質問ランキング