プロフィール

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 99

「(薬味等を)添える」は他動詞「garnish」で表します。 構文は、前半部分は命令文で動詞原形「garnish」を文頭に置いて目的語(a slice of lemon)を続けます。 後半部分は接続詞「and」の後に第二文型(主語[it]+動詞[be動詞]+主語を補足説明する補語[ready])で構成します。 たとえば"Garnish a slice of lemon and it's ready."とすれば「レモンのスライス(=輪切り)を添えて完成です」の意味になりニュアンスが通じます。 また「添える」を他動詞「accompany」で表し"Accompany a slice of lemon and it's ready."としても前段と同じ意味になります。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 73

「~の10倍の値段する」は「cost 10 times more than」として比較対象を続けて表現します。 構文は、「私の靴より10倍」と比較する内容なので「10 times more than mine」という副詞句で表します。これを第一文型(主語[shoes]+動詞[cost])に組み合わせて構成します。 たとえば"His shoes cost 10 times more than mine."とすれば「彼の靴は私の靴の10倍の値段です」の意味になります。 また「~times as 形容詞 as」の構文形式で"His shoes cost 10 times as expensive as mine."としても前段と同じ意味になります。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 72

「ちょっと退屈」は「a little bored」の語の組み合わせで表現します。 構文は、現在進行形(主語[I]+be動詞+動詞の現在分詞[feeling]+主語を補足説明する補語[a little bored])で第二文型的に構成します。 たとえば"I'm feeling a little bored."とすれば「少し退屈を感じています」の意味になりニュアンスが通じます。 また主語を「it」に代えて、「退屈な」は「うんざり」の意味の形容詞「tedious」を使い"It is becoming a little tedious."とすると「少しうんざりしてきました」の意味になり此方もニュアンスが通じます。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 91

「無心になる」は「心が自由になる」のニュアンスで「feel free」の語の組み合わせで表現します。 構文は、前半部分が従属副詞節で接続詞「when」の後に主語(I)、述語動詞(eat)、目的語となる名詞節(好きなもの:what I like)を続けて第三文型的に構成します。 後半部分が主節で、第二文型(主語[I]+動詞[feel]+主語を補足説明する補語[free])で構成します。 たとえば“When I eat what I like, I feel free.”とすれば「好きなものを食べると、心が自由になるんです」の意味になりニュアンスが通じます。 また「無心になる」を「没頭する」の複合動詞「be absorbed in」と意訳して“When I eat what I like, I can be absorbed in it.”とすると「好きなものを食べるとそれに没頭できる」の意味になり此方もニュアンスが通じます。

続きを読む

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 64

「食べ終わる」は「finish eating」の語の組み合わせで表現します。 構文は、「~しちゃいそうだよ」を熟語動詞で「be about to」と表し、主語(everyone)の後に置きます。「be about to」の後は動詞原形(finish)、目的語の動名詞(eating)が続きます。 たとえば"Everyone is about to finish eating."とすれば「みんなもう食べ終わっちゃうよ」の意味になりニュアンスが通じます。 また「~の頃だよ」を「about time」と表し"It's about time everyone finished eating."とすると「そろそろみんな食べ終わる頃だよ」の意味になり此方もニュアンスが通じます。

続きを読む

質問ランキング