プロフィール

英語系資格

海外渡航歴

自己紹介

こんにちは!私の名前はNAKOです。現在、モロッコに住んでおり、カナダでの留学経験があります。異文化の中での生活は、私の英語教育へのアプローチに豊かな視野をもたらしています。

カナダでの留学は、非母語としての英語学習の価値と楽しさを私に教えてくれました。異文化間でのコミュニケーションは、私の教育方法に深い理解と柔軟性を加えています。

英検では最上位の資格を取得しており、これは英語の広範な知識と適応力を示しています。また、TOEICでは930点のスコアを獲得し、国際的なビジネスやアカデミックな環境での私の英語コミュニケーション能力を証明しています。

皆さんの英語学習に対して、私は文法、語彙、発音の改善から会話スキルの向上に至るまで、幅広いサポートを提供します。私の国際経験と専門知識を活かして、皆さんの英語学習を全面的にサポートし、新しい発見を一緒に楽しみましょう!

NAKO

NAKOさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 133

Do you understand the explanation? ご理解いただけたでしょうか。 「Do you understand?」は、相手が自分の言っていることを理解しているか確認する際に使われる英語表現です。ニュアンスとしては、単に情報の理解を求める場合もあれば、相手が指示や命令をちゃんと受け止めたかどうかを確認する場合もあります。シチュエーションとしては、教師が生徒に説明後に確認する場面や、上司が部下に指示を出した後に確認する場面などが考えられます。使い方によっては、「本当にわかっているのか?」という強いトーンになることもあります。 Does that make sense? ご理解いただけたでしょうか? Does everything make sense? Is that clear? ご理解いただけたでしょうか? Does that make sense?は、相手が説明を理解できたかどうかを確認したいときに使います。たとえば、新しい概念や手順を説明した後に使います。一方、Is that clear?は、特に指示や命令が明確であるかどうかを確認したいときに使います。例えば、作業の指示を出した後に使うことが多いです。Does that make sense?の方が柔らかく、相手の理解を助ける意図が強い一方、Is that clear?はやや強いトーンで、指示が正しく伝わったかを確認するニュアンスがあります。

続きを読む

NAKO

NAKOさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 48

You're talking nonsense. 出鱈目を言ってはいけません。 「Nonsense」は「ばかげたこと」、「ナンセンス」と訳されます。他人の発言や行動が全く理にかなってない時や、無意味で理解不能な時に使用されます。例えば、友人が非常識な提案をした時に「That's nonsense!(それはナンセンスだ!)」と言うことで、その提案がばかげていることを強調できます。また、冗談や無駄話に対しても使います。ビジネスシーンでは、無駄な会話や無益な議論を避けるために「No nonsense(無駄話はなしで)」と使われることもあります。 That's ridiculous; don't make things up. それは出鱈目だよ、でっち上げないで。 That's hogwash! Don't say such nonsense. それは出鱈目です!そんな馬鹿げたことを言わないでください。 「Ridiculous」は「ばかげている」「信じられないほど変」という意味で、非現実的な状況やアイデアに対して使います。例えば、「That idea is ridiculous!(そのアイデアはばかげている!)」。 一方、「Hogwash」は「でたらめ」「ナンセンス」という意味で、特に信じがたい話や嘘に対して使います。たとえば、「That's just hogwash!(それはただのナンセンスだ!)」。 両者ともネガティブな評価を示しますが、「hogwash」は特に信憑性のない話に対して使うことが多いです。

続きを読む

NAKO

NAKOさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 55

You're using a blowgun? You must be a ninja! 吹き矢を使うとは忍者か! Blowgunは、「吹き矢」とも訳されることが多く、狩猟やスポーツ、さらには一部の文化や伝統的な儀式で使われる道具です。長い管を通して息を吹き込み、小さな矢を飛ばすことが特徴です。使用者の技術と集中力が試されるため、狩猟やターゲット練習で使用されることが一般的です。また、静かに獲物を捕える手段としても知られています。近年では、スポーツとしての人気も増しており、競技会なども行われることがあります。 You're using a blowpipe, are you a ninja or something? 吹き矢を使うとは忍者か! Using a dart gun, huh? Are you a ninja or something? 吹き矢を使うとは忍者か! Blowpipe と Dart gun は異なる状況で使い分けられます。Blowpipe は通常、原住民や狩猟に関連する文脈で使われ、長い筒を吹いて矢を飛ばす道具を指します。一方、Dart gun は現代的で、麻酔銃やトレーニング用の器具として動物学や警察の文脈で使用されます。ネイティブスピーカーは、伝統的な手法を強調したいときに Blowpipe を使い、技術的または科学的な場面では Dart gun を選ぶ傾向があります。

続きを読む

NAKO

NAKOさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 72

He jumped the gun and went to the business meeting. 彼は商談に勇み足で行ったよ。 「Jumping the gun」は、物事を早まって始める、または適切なタイミングを待たずに行動を起こすことを意味します。元々は陸上競技でスタートのピストルが鳴る前に走り出すことを指します。この表現は、計画や準備が整っていないうちに何かを始めてしまう場合に使われます。例えば、プロジェクトの詳細が決まる前に発表したり、関係がまだ深まっていないのに重要な提案をしたりする場合に、「Jumping the gun」と言うことがあります。 He made an overeager mistake and went to the business meeting early. 彼は勇み足で商談に行ってしまいました。 He's getting ahead of himself and went to the business meeting early. 彼は勇み足で商談に行きました。 Overeager mistakeは、早合点や焦りから結果的にミスを犯す状況に使います。例えば、準備不足でプレゼンを急いで始めた結果、重要なポイントを見逃す場合です。一方、getting ahead of oneselfは、計画や準備がまだ整っていないのに、先のステップを進めてしまうことを指します。例えば、新しいプロジェクトの詳細が未確定なのに、もう成功を祝う準備をする場合です。どちらも焦りが関係しますが、前者は具体的なミス、後者は順序を誤ることに焦点があります。

続きを読む

NAKO

NAKOさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 125

This is the retired emperor. これは上皇だね。 「Retired Emperor」は、直訳すると「引退した皇帝」を意味し、過去に絶大な権力や影響力を持っていたが、今はその座を降りた人物を指します。特に、政治やビジネスの世界で一時代を築いたリーダーやトップの人物に使われることが多いです。例えば、かつての大企業のCEOや、長期にわたり政界を牛耳っていた元首相などに対して使われます。この表現には、過去の栄光を称えつつも、現在は影響力を持たないというニュアンスがあります。 This is Emperor Emeritus on the screen. これは画面に映っているのが上皇だね。 That's the former Emperor. この方が上皇だね。 「Emperor Emeritus」と「Former Emperor」はどちらも「上皇」を意味しますが、使用シチュエーションが異なります。「Emperor Emeritus」はよりフォーマルで、公式文書や儀式で使われることが多いです。一方、「Former Emperor」は日常会話やカジュアルな文脈で用いられます。例えば、ニュース記事では「Emperor Emeritus」が使われ、友人との会話では「Former Emperor」が使われることが一般的です。ニュアンスとして、「Emperor Emeritus」は尊敬の意を強調し、「Former Emperor」は単に過去の皇帝を指す表現です。

続きを読む