プロフィール

英語系資格

海外渡航歴

自己紹介

皆さん、こんにちは!私の名前はAnn_Bankerです。私は現在、ブラジルに住んでおり、イギリスでの充実した留学経験を経て、英語教育に情熱を傾けています。異文化の中での生活は、私の英語教育に新たな視野をもたらしました。

イギリスでの留学は、英語を第二言語として習得する際の独特な挑戦を体験させ、私の教育方法に多様性をもたらしました。留学中に得た経験は、私の教育スタイルに大きな影響を与えています。

英検では最上位の資格を取得しており、これは私の英語の広範な理解と適用力を証明しています。また、IELTSではスコア8.0を達成し、アカデミックな英語の分野での高い能力を示しています。

皆さんの英語学習において、私は文法、語彙、発音の改善から会話スキルの向上まで、幅広いサポートを提供します。私の国際経験と専門知識を活かして、皆さんの英語学習の旅をサポートし、新しい発見を一緒に楽しむことを期待しています!

Ann_Banker

Ann_Bankerさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 209

I hope that these efforts can overcome the crisis of population decline in rural areas. この取り組みが過疎地の危機を克服できることを期待しています。 「Overcome a crisis」は「危機を乗り越える」という意味です。この表現は、経済的困難、健康問題、自然災害など、困難または挑戦的な状況が発生した際に使われます。個人、組織、または国家が直面する困難な状況を解決し、事態を改善するための努力や行動を指します。危機管理のスキルが必要とされる場面や、困難を乗り越えた後の成功体験を語る際などに使える表現です。 I am hoping that our efforts can conquer the crisis of revitalizing the depopulated area. 過疎地の復興に向けた私たちの取り組みがこの危機を克服できることを期待しています。 We hope to weather the storm with our efforts to revitalize this depopulated area. この過疎地の復興に向けた取り組みで、私たちはこの危機を乗り越えることを期待しています。 Conquer a crisisは一般的に大きな問題や困難な状況を解決し、その障害を克服することを意味します。積極的な行動を通じて問題を解決する強い意志を示す表現です。 一方、Weather a stormは困難な状況を耐え忍ぶことを意味します。直接的に問題を解決するというよりは、困難な状況を乗り越えるために耐える、我慢するというニュアンスがあります。

続きを読む

Ann_Banker

Ann_Bankerさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 190

My kids have left the nest and all I do is work; I'm living a life in shades of gray. 子供たちは巣立ち、私がやることは仕事だけ。私の人生は灰色の陰影でできています。 「Life in shades of gray」は、人生が単純な黒と白、つまり良いか悪いかという二元論ではなく、多くの場合、様々な灰色のニュアンス(中間的な状況や感情)を含むことを表す表現です。使えるシチュエーションは、人生の複雑さや曖昧さを説明する時や、物事が単純に良いか悪いとだけ分けられないことを人に伝えたい時などです。例えば、「彼の行動を単純に良いか悪いかで判断するのは難しい。人生は灰色のニュアンスで満ちているからだ」というように使います。 Now that the kids have flown the nest and I'm just working all the time, I feel like I'm living life in a gray area. 子供たちも巣立って、ずっと仕事ばかりしているので、まるで「灰色の人生」を生きているように感じます。 My kids have moved out and I'm just working all the time. It's like I'm living life in the gray zone. 私の子供たちは家を出て、私はずっと仕事ばかりしています。まるで、灰色の人生を生きているようです。 Life in a gray areaは一般的に規則や法律が明確でない状況を指し、個々の行動や選択が倫理的にはっきりと正しいか間違っているかを決定するのが難しい状況を指すことが多いです。 Life in the gray zoneはより広い範囲で解釈され、曖昧さ、不確実性、または混乱の中で生活することを指すことが多いです。これは人生の特定の期間(困難な適応期間など)や、はっきりと定義されていない人間関係などを指すことがあります。

続きを読む

Ann_Banker

Ann_Bankerさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 516

What time is the flight tomorrow? 明日の飛行機は何時ですか? 「What time is the flight?」は「飛行機は何時に出発しますか?」という意味です。旅行の予定を立てたり、飛行機のチケットを予約したり、他の人を空港に送る予定があるときなどに使われます。また、出発時間を再確認したいときにも使用します。具体的な出発時間が知りたいときにこのフレーズを使います。 When does your flight leave tomorrow? 「明日の飛行機、何時に出発するの?」 What time does the plane take off tomorrow? 「明日の飛行機、何時に出発するの?」 「When does the flight leave?」は、特定の飛行機がいつ出発するのかを尋ねる一般的な表現です。一方、「What time does the plane take off?」は、飛行機が離陸する時間について具体的に尋ねています。両者はほぼ同じ意味ですが、「What time does the plane take off?」の方がより具体的な時間を求めているように捉えられます。また、前者は予約やスケジュール確認などの公式な状況でよく使われ、後者は友人とのカジュアルな会話などでよく使われます。

続きを読む

Ann_Banker

Ann_Bankerさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 145

I suspect they might have a hidden agenda, considering the deal is going through despite the unfavorable conditions. 不利な条件にもかかわらず取引が進行していることを考えると、彼らには隠された目的があるかもしれないと疑っています。 「Hidden agenda」は、他人には公には明かさない、秘密の目的や計画を指す英語表現です。ニュアンスとしては、何かを隠している、裏に何かがあるという感じです。主に、人々が自分の利益のために秘密裏に行動する、政治的な話題やビジネスの交渉、会議などで使われます。例えば、交渉者が自分の真の意図を隠して他の人を誤認させるような場合に「彼にはHidden agendaがある」と表現します。 They seem too eager to close the deal despite the unfavorable terms. I suspect there's an ulterior motive. 彼らは不利な条件にもかかわらず取引成立に急いでいるようです。何か裏の目的があるのかもしれません。 There might be a hidden agenda here. 「ここには隠された目的があるかもしれません。」 Ulterior motiveは人々が自分の本当の目的を隠して行動することを指します。その目的は通常、他人に伝えると受け入れられないか、批判される可能性があるので隠しています。例えば、友人を助けると言いつつ、その背後で何か利益を得ようとする場合などです。 一方、Covert intentionは、より広く、隠された意図を指します。これは必ずしも悪意があるわけではなく、たとえばサプライズパーティーの計画など、善意の意図も含むことがあります。しかし、これは主に公式な文脈や、特に戦略や政策に関連する隠された意図を指すのに使われます。

続きを読む

Ann_Banker

Ann_Bankerさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 146

It's getting worse, isn't it? Their relationship seems to be deteriorating even more. 「彼らの関係はますます悪化しているね、悪くなってきているよね?」 「It's getting worse, isn't it?」は「ますます悪くなってきているよね?」という意味で、既に悪い状況がさらに悪化していることを確認する際に用いられます。ニュアンスとしては相手にも同じ認識を求める一方で、少し悲観的な感情が含まれています。使えるシチュエーションとしては、天候の悪化、健康状態の悪化、経済状況の悪化など、様々な否定的な状況が進行している場合などです。 Things are going downhill with those two, aren't they? 「あの二人の関係、悪化してるよね?」 Things are going south between them, aren't they? 「彼らの間には事態が悪化しているよね?」 両方のフレーズは否定的な状況を指すが、「Things are going downhill」は徐々に悪化している状況を、「Things are going south」は急速に悪化している状況を示す傾向があります。「Going downhill」は物事が以前より劣っているか、あるいは期待通りに進んでいないことを示すのに対し、「Going south」は予期しない悪化や失敗を示すので、より深刻な事態を指すことが多いです。

続きを読む