英語学習者のQ&Aコミュニティ

は、英語に関する質問に英会話講師や
ネイティブスピーカーが回答する英会話学習のためのQ&Aコミュニティです。

おすすめハッシュタグ

プロフィール

Meg

Megさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 42

小さいものが無数にあるのが生理的に受け付けないのは「trypophobiaトライポフォビア」と言います。私も同じなのでよーくわかります。 ご質問の「きもい、えぐい」ですが「disgusting:おぞましい」や「gross someone out: 〜を不快にさせる」で言い表せますよ。 I just hate those kinds of things with a lot of holes. It's really disgusting!! そう言う穴がいっぱいあるようなもの、大っ嫌い。まじできもい!! Things like honeycombs or lotus roots gross me out. It's a hard no. I'm trypophobia. 蜂の巣とかレンコンとか無理。絶対にNoだね。自分、トライポフォビアなんだよ。 自分の気持ちを例文として載せておきました。参考になれば幸いです。

続きを読む

Meg

Megさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 39

日本語の「ググる」と同じように英語でも「google」が動詞として定着しています。 You have a trouble with your homework? You can google the answer. 宿題が難航してるって?答えをググればいいよ。 Google knows everything. グーグルはなんでも知ってるからね。 I'm not sure if the word really exists... let me google it! そんな単語、本当に存在するのか分からないな…ググらせて! 実際にこんな風に使いますよ。 参考になれば幸いです。

続きを読む

Meg

Megさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 49

お札を小銭にしたい時は「break」でOKです。 Can you break this bill please? このお札を崩してくれない? Alright. How can I break it? いいよ。どういう風に崩せばいい? I need five ones and for quarters. The rest can be whatever. 1ドルが5枚と25セントが4枚必要で、あとはなんでも大丈夫。 もし特定のコインや細かいお札が必要なら、上記のように伝えれば大丈夫です。 少し丁寧に言いたければCan youの代わりにCould youにしたり、I would like to~を使えばいいですが、意識しすぎて言えなくなってしまうよりはまず、多少カジュアルに聞こえても言える言葉で伝えればOKです。 参考になれば幸いです。

続きを読む

Meg

Megさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 34

「to ignore completely=完全に無視する」ですので「ガン無視する」ですね。 I'm not sure if it's intentional or accidental, but he ignores me completely even if I talk to him. I feel a little hurt... (故意になのか偶然なのかわからないけど、私が話しかけても彼はガン無視するんだよね。ちょっと傷つく…) I'm not sure: よくわからない intentional: 意図的な accidental: 偶然の even if...: たとえ...しても 参考になれば幸いです。

続きを読む

Meg

Megさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 69

be covered in ~:〜で覆われている ですので、お風呂がカビだらけなら「The bathroom is covered in mold.」となります。 The bathroom is covered in mold. I should've cleaned it more often. (お風呂場がカビだらけになっちゃった。もっと頻繁に掃除しておくんだった。) Because of the high humidity in Japan, bathrooms can get moldy easily. (日本は多湿なので、お風呂場にカビが生えやすいです。) mold: 名詞で、カビ moldy: 形容詞で、カビの生えた 参考になれば幸いです。

続きを読む