• 20/02/02 (日) 13:02

  • RI**

フリートークの時に食べ物の話や趣味の話をなるべく避けたいです。なぜなら毎回同じで飽きてしまったのと、食べ物の話をしてもI like~ Idon’t like~といった単純な表現しか使わないので、あまり練習にならないからです。フリートークのトピックを何にするか最初に聞いてくれる先生だといいのですが、そうじゃないと毎回、趣味、食べ物、英語を勉強する目的や旅行の話などになります。25分を有意義な時間にするために皆さんはどうしてますか?

コメント:13

並び替え
  • 20/02/18 (火) 23:02

  • RI**

No****さん

早速VOAもアプリ取得してみました!
ありがとうございます^^
リーディングはそこそこ大丈夫なのですが、スピーキングになると途端にできなくなります。
諦めずに頑張っていきたいと思います!
ここの広場はいつもチェックしていますので、またNo****さんをお見かけしたら参考にさせて頂きたいと思います^^
  • 20/02/18 (火) 00:42

  • No****

いえいえ!

もし、NHK WORLD(Radio on demand) が難しすぎると感じられた場合は VOA(ヴォイス・オブ・アメリカ)が NEWSとDictationのアプリをそれぞれ配信しているので、是非チェックしてみてください。こちらはスクリプト付きだったはずです。

また、単語に抜けがありすぎる(=記事内容を理解できない)場合も、別に単語帳で語彙を補填しておきましょう。速読英単語やDUO、鉄壁など、受験参考書用のものが一冊あれば十分です。

いずれにしても、継続できるやり方でどんどんと回数をこなしていきましょう。
つまらない/気乗りのしないやり方で挫折してしまうのが一番よくありません。

ここでのやりとりはすべて忘れて、題材も何もないただの自由会話でも全く構わないのです。
何百と繰り返せばその分確実にものになっていきます。

これからのRI***さんの成功をお祈りしています
  • 20/02/17 (月) 22:38

  • RI**

No****さん
ご回答ありがとうございます。
早速NHK WORLDのアプリを取りました。
実践してみますね!
また、良い勉強法があれば是非参考にさせてください!
  • 20/02/17 (月) 16:20

  • No****

>例のようなフレーズは長くて覚えるのが難しそう

ご安心ください。丸暗記など誰もできません。もちろん僕にもできません。
ちょっとの手間を惜しまないのであれば、適当な記事をプリントして練習すると決めた箇所を予めハイライトしておくのはいかがでしょうか。

ちょっとの準備ですが、耳コピで数フレーズしか覚えないよりかはずっと効率よく学習が進むはずです。

とにもかくにもコピペで構わないので、違う先生を相手に何度もなんども同じ話をして、手元の紙を見ずに済むようになるまで訓練しましょう。お好みでアレンジも加えて、表現が自分のものになるまで練習します。

なお、階段は自然に"上っている"ものです。階段を勝手に設定しないでください。
何が言いたいかというと、最初の段階からどんどんアレンジを始めてしまってもいいのです。
基礎をしっかり積み上げて…原稿を覚えきってから…なんて肩肘張る必要はありません。
自由会話なので、どんどん脱線して楽しみましょう!

ただ、発音も分からないまま文字だけを闇雲に追いかけるのだけはNG。
ニュースの音声には必ず耳を通しておきましょう。

先に挙げたNHK WORLDに関していえば、読み上げる原稿と記事本文が異なっているもの、だいたいは似たようなことを喋っているのでアウトプット用のスクリプトとして使用できます。
  • 20/02/14 (金) 23:11

  • RI**

No****さん
ご丁寧に説明頂きありがとうございます。
私も最近コロナウイルスの話、よくブリートーキングでしてました。
いつも特にこのフレーズ使おうなど考えず、ただその時思いついたことを文法もぐちゃぐちゃのまま話していました。
No****さんの場合は使いたいフレーズを事前に頭に入れてからフリートーキングに望んでいらっしゃるのでしょうか。
例のようなフレーズは長くて覚えるのが難しそうですが、それも訓練でできるようになりますか?
とても参考になります。
ありがとうございます。
  • 20/02/14 (金) 14:49

  • No****

経験上、自然な会話の流れの中で話題を無理に意図する方向にもっていくと少し不自然なことになります。

お勧めなのは挨拶の段階で練習した表現を使ってしまうことです。
これは、僕が時事ネタを勉強材料としてお勧めしたこととも関係します。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20200214_15/
仮に、このニュースを教材に使用したとして、レッスンの初めに

Teacher: How are u?
Me: Well, I'm just concerned about the coronavirus. I mean, 【a woman infected with the new coronavirus has died. She was in her 80s and lived in Kanagawa prefecture, located just outside Tokyo. Her death marks the first virus-related death in the country.】
Me: So I'm worried.

などとすれば、単純なコピペで大量のフレーズが一挙に学習できます。
あるいは、このやりとりに続けて

Me: How is the situation where you live? What's going on?

などと問うことで、先生側に話題を提供してもらうこともかなうでしょう。

こうすることで、飛躍的な英語力の向上が望めます。

あるいは、ーこれは英語力に自信のない方にお勧めの方法ですがー先生に一方的に話してもらうという手もあります。

先の会話でいえば

Teacher: How are u?
Me: Well, I'm just concerned about the coronavirus.
Me: How is the situation where you live btw?

【】部分を丸々カットしても、普通に会話は成立します。

あとは分からない単語や表現が出てくるたびに

Me: Sorry? / You've lost me / What's 〇〇? / What does 〇〇 mean?

などとして質問を繰り返せばよいわけです。
  • 20/02/09 (日) 22:54

  • RI**

No****さん
ご回答ありがとうございます。
使いたい単語をメモしていく方法いいですね。
実際に会話をする時にその単語を使うような話題に持っていくのは難しくないですか?
事前にこの単語を使って何か会話がしたいと話しておけばいいでしょうか。
  • 20/02/07 (金) 21:58

  • No****

僕の経験をお話しすれば、何も意識せずとも回数をこなしていけば自ずと会話の幅は(相当程度まで)広がっていきます。

ただ、練習したい単語(イディオム)を予め紙の上にまとめておいて、自由会話でアウトプットするようにすれば更に楽しく効率の良い学習が出来ますよ!

僕の場合はNHK WORLDなどで仕込んだ表現をそのままそっくり使ってみることが多くて、これなら時事ネタにも強くなれる上、万国共通の会話の引き出しになり得ます。

もちろんご自身の英語力と相談して話題を選ぶのも大切なことですが、背伸びしてみたっていいんです。

先に挙げたニュースの例で言えば、聴く(読む)のはほんの1, 2分だけでも十分。使いたい単語/表現を引っこ抜いたらコピペ上等くらいの気構えで講師の前で【どんどん使ってしまいましょう】。

回数を重ねるごとにその言葉(及び話題)は確実に自らの血肉となって、いざというときにパッと頭に浮かぶようになりますよ。

「お決まりの/いつもの/お馴染みの」言葉や話題を木が年輪を重ねるようにぐるぐる増やしていくのがオススメ(自然?)です。
  • 20/02/03 (月) 23:04

  • RI**

毎日3レッスンも取られているとのこと、すごいです。私も最近受ける回数をなるべく増やすようにしています。
やはり自分主体でこれが話したい!と伝えるしかないですよね。
私もカランとフリートークを両方続けています。私としてはカランよりフリートークの方が新しい語句を覚えられたりして、身になってる気がしています。カランは続けている割に眠くなったり、リピートするだけでほんとに身になるのかな?と不安になったりします。それでも続けてますが(^^;)
皆さんアドバイスありがとうございました。
  • 20/02/03 (月) 13:41

  • Sa*****

お互いを知らない者どうしのフリートークはいわゆる無難な話をするのはやむを得ないと思います。

トピックトークを選択してはいかがですか?
トピックトークは、いくつか質問されますがかなり自由に話せる度の高い教材だと思います。

投稿が制限されています

申し訳ございませんが、
ネイティブキャンプ広場利用ルール 第2条の禁止事項に該当する
投稿が行われたため、当掲示板への投稿が制限されています。