• 19/02/24 (日) 02:49

  • To****

カランのステージを戻ることについて。
ステージ1から始めて11にはいりました。暗記は到底無理なので、先生のリードについてひたすらシャドウイングしています。ここに来て、文が長くなり、句動詞などもたくさん出てきて、復習しても復習しても、単語をなぞっているだけで自分の中に落ちていない感覚があります。そのため、レッスンの回数も数日に1回になりました。ひとつの目標としてステージ12を終えたいという強い思いをい持っています。でも、実際に話せるようになりたいだけなら、そんなにステージを進む必要はないということもネットには書かれていました。先日、ある先生から「カランは競争ではないですよ。途中でステージを戻った生徒さんもいますよ」と言われました。カランはステージを戻ることが可能です。ステージを戻ることについてのお考えや、もしも途中で戻られたかたがいらっしゃいましたら、お話を聞かせていただけたら嬉しいです。他の教材もあわせてレッスンしているので、リスニングも話すことも上達している手応えはあります。

コメント:12

並び替え
  • 19/02/28 (木) 23:11

  • To****

ko**様

 ありがとうございます。

 私は、フリートークをほとんどとらないので、(今までたぶん数回しかとってないです)そこで質問するという発想がありませんでした。
 ステージ6から、該当する問いを探してみました。
 たぶん、意味はわからないままに、カランのオーディオと同じ答えを言って逃れたんだと思います。(汗) 恥ずかし~・・・・・

  勉強になりました。
 ありがとうございました。
  • 19/02/28 (木) 22:07

  • ko**

To************さま

>これは、つまり、予約カランではないレッスン、ということですよね?(カランは質問できないですものね。)

抜粋しておいて違うレッスン…はフリートークが多いです(カラン中も質問しますよ^-^;時間はかけれないですが)

具体例、ひとつだけあげますね、
How many figures are there in the number of your house?(Stsge 6, 471)
この意味がレッスンで聞き自分で調べてもよくわからず、フリートークレッスンで日本人講師に質問しました。以下URLも探してくれ、おかげでスッキリ解決致しました(^^)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10182209375

ご質問からすると、To************さまは講師へ質問は全くされず、自習のみでステージ11まで進まれたのかなぁと…だとしたらすごいと思います、尊敬します(*^-^*)

お互いこれからも頑張りましょう!
  • 19/02/27 (水) 21:06

  • To****

ko**様 
ありがとうございます。
ご一緒に頑張ってる人がいると思うと嬉しいです。元気が出ます。

>抜粋しておいて違うレッスンで聞いたりしています。

これは、つまり、予約カランではないレッスン、ということですよね?(カランは質問できないですものね。)
文法やスピーキングのレッスンで質問してるのですか? フリートークですか?
例えばどんなことを質問されますか?

教えていただけるとありがたいです。
  • 19/02/27 (水) 21:01

  • To****

Mi**様 

もしかして、カラン2周目をされているのですか?尊敬します。憧れます。
私は関西に住んでいるので京急は聞いたことがありませんが、よくわかる例示ですね。笑っちゃいます。
>どこかで文例を貯める必要がどうせあるなら
非常に心強く、励まされる思いです。
ありがとうございます。
  • 19/02/25 (月) 17:09

  • ko**

ご丁寧な返信をいただきありがとうございます。

ステージ11は私から見ると12と同じくらいまだまだ先で「勿体ない‼︎」と思ってしまい…おこがましくすみませんでした^-^;でも、最後まで終わられてからまた戻ると書かれおられるのを見て逆に励まされました、ありがとうございます!

波、すごくありますよね、わかります…
それに覚えられないし、口動かないし…。
カランの主旨に反しますが、速く話す事はもう諦めているかもしれません^-^;

>ko**様は通常のレッスンでもカランに関することを学習していらっしゃるのですね。そういうやり方を始めて知りました。

いえいえ、カランはカランで受けながら他の教材も受けそれぞれのポイントにフォーカスしていますよ(^-^) ただ、カランでは奇妙に感じる文も出てくるし、間違えて意味を捉えていてもその事に気づかない恐れもあるので、少しでも疑問があればレッスン中はもちろん、インターネットで調べたり、抜粋しておいて違うレッスンで聞いたりしています。
  • 19/02/25 (月) 08:06

  • Mi**

ステージ12ですが、イギリス寄りですがニャースやイギリスドラマ、ビジネスメールで見るふつうの表現、単語ばかりです。
1周目はこの程度も分からなくて講師の説明聞くのもしんどかったなぁーとしみじみします。大変でした。

リスニングの力は、音素を聴き分ける力と共に、自分の中に文例が蓄積されることで上がりますよね。変な例ですが、京急の「ダーシェリース」は、他の人はさっぱりですが、毎日乗ってる人は「ダー」が、「ドア」と分かり、最後まで聞かずとも「ドア閉まります」とわかるわけです。
英語の聴き取りも同じですよね。

どこかで文例を貯める必要がどうせあるなら、このまま続けてみられてはいかがでしょう。

せっかく身についた習慣を捨てる事は非常にもったいない事です。みなこの習慣がつかなくて苦労しているので。
  • 19/02/24 (日) 22:12

  • To****

ko**様 ありがとうございます。

励ましていただいて嬉しいです。
波があるので、今は、伸び悩みの時期かもしれません。
知らない単語もたくさん出てくるので、覚えきれないのです。
何度も音声を聞いたり、音読したしますが、難しいです。

ko**様は通常のレッスンでもカランに関することを学習していらっしゃるのですね。
そういうやり方を始めて知りました。
参考にさせていただきます。
  • 19/02/24 (日) 22:02

  • To****

Sh******様  ありがとうございます。

>「楽しくないこと」「辛いこと」は続けるのが難しいですよね。

おっしゃるとおりです。
ここに来るまでにも、辛くて全く進まない時期が時々ありました。
他のことをやっているうちに、基礎体力がついて、またカランにも向かうことができる
ようになったという感じです。
いろいろ悩みますが、やめる勇気もないのです。

すこし休憩も必要かもしれませんね。
  • 19/02/24 (日) 21:58

  • To****

Mi**様 ありがとうございます。

>同じステージ何周かしています。

そういうかたもいらっしゃるのですね。
他の教材(文法や発音、スピーキングなど)は、一つのテキストを何度も異なる先生で
練習しています。効果ありますよね。
カランはうまくできてもできなくても次に進んでしまうので、満足できないときも
ありました。12が終わったら、もう一度戻ることは決めています。
そこまでの道のりが遠いです。

「競争じゃないよ」と言われて、はっとしました。何を焦ってたんだろうと。
 戻るという選択もあるということを心においておきます。
  • 19/02/24 (日) 19:21

  • ko**

個人的には戻るにしても休むにしても、せっかくステージ11まで進んでおられるのなら、ペースを落としながらでもまずは最後まで完了しては…と思ってしまいます。

ただ見方を変えると、11まで行ってもまだまだ先は長い、ということですね ^-^; でも長いからこそ

>ひとつの目標としてステージ12を終えたいという強い思いを持っています。

と書かれているように、遠い大きなゴールの前に沢山のそれより小さい目標とその達成感がある方が、モチベーションもキープできるような…。

私はスランプの時は先に進まず同じ所を復習させてもらったり、また覚える事は無理でも、理解だけはできるよう、疑問あれば講師(複数人の時も)に内容を確認したり関連の文法を復習したりしています。そうしながらも、しばらく休んで他のレッスンにする事も ありました ^-^;

少し逸れますが、ちょうど昨日、ある講師からステージが進むと語彙は難しくなるけど、構文はあまり変わらないと聞き、繰り返し練習する事で重要な構文を染み込ませ、その中で新しい語彙や句動詞での言い換えを学んでいくんだなと、少し楽しみというか、期待のようなものを持ったところです。トピ主さんも手応えを感じられているとの事(私はトピ主さんより更に道は長いですが)頑張りましょう(^^)!

投稿が制限されています

申し訳ございませんが、
ネイティブキャンプ広場利用ルール 第2条の禁止事項に該当する
投稿が行われたため、当掲示板への投稿が制限されています。