プロフィール

英語系資格

海外渡航歴

自己紹介

皆さん、こんにちは!私の名前はmiyashumです。私は現在、エストニアに住んでおり、イタリアでの留学経験を持っています。この異文化環境での生活経験は、私の英語教育方法に多様な視角をもたらしています。

イタリアでの留学体験は、非英語圏での英語習得の貴重な洞察を提供し、私の教育アプローチに大きな影響を与えました。異文化との交流は、私の教育スタイルに独自性と柔軟性をもたらしています。

英検では最上級の資格を取得し、これは私の英語に対する深い理解と応用能力を示しています。また、IELTSでスコア7.5を獲得し、アカデミックおよび国際的なコミュニケーションスキルが高いことを証明しています。

皆さんの英語学習に対して、私は文法、語彙、発音の改善から実用的な会話技術の向上に至るまで、幅広くサポートします。私の国際経験と専門知識を生かし、皆さんの英語学習をサポートし、新しい発見を一緒に楽しむことを楽しみにしています!

miyashum

miyashumさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 443

That plan is fraught with danger, due to the risks involved. その計画は関連するリスクのため、危険をはらんでいます。 「Fraught with danger」という表現は、直訳すると「危険で満ち溢れている」となり、非常に危険な状況や困難が多い状況を指す英語表現です。このフレーズは、特に冒険やリスクを伴う活動、難局や困難な状況、危険な旅行や冒険が控えている場合などに使います。例えば、戦場や難破船、危険な冒険などが「fraught with danger」であると言えます。 That plan is riddled with danger. その計画は危険をはらんでいます。 That plan is teeming with danger. その計画は危険をはらんでいる。 Riddled with dangerは物事が多数の危険に満ちていることを表し、その危険が全体に広がっていることを強調します。例えば、危険な地域や状況に使われます。 一方、Teeming with dangerも同様に物事が危険で満ちていることを示しますが、こちらは危険が生じている状況が活発であることを強調します。例えば、危険な生物が多い森などに使われます。 どちらも似た意味ですが、riddledは危険が広範囲に分散していること、teemingは危険が集中していることを強調します。

続きを読む

miyashum

miyashumさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 264

I'm sorry, but we cannot accept payment in foreign currency. 申し訳ありませんが、外貨でのお支払いは受け付けておりません。 「Payment in foreign currency」は「外貨での支払い」という意味で、主に海外で商品やサービスを購入する際、または海外からの購入者が自国の通貨で支払う場合などに使われます。また、国際的な取引やビジネスの際にも用いられます。旅行先で現地の通貨で支払ったり、海外の顧客から外貨で受け取ったりするシチュエーションを想像すると分かりやすいでしょう。この用語は、通常、金融、ビジネス、コマースの文脈で使用されます。 I'm sorry, but we cannot accept payment in foreign funds. 申し訳ありませんが、外貨でのお支払いはお受けできません。 I'm afraid we cannot accept payment in foreign exchange. 申し訳ありませんが、外貨でのお支払いは受け付けておりません。 Payment in foreign fundsは通常、特定の外国通貨で支払いを行うことを指します。たとえば、米国人がユーロで支払う場合などです。一方、Payment in foreign exchangeは外国為替市場で取引される通貨での支払いを指します。主に為替レートが関与する国際的な取引で使われます。つまり、Payment in foreign fundsは特定の通貨での支払い、Payment in foreign exchangeは為替レートを考慮した支払いというニュアンスがあります。

続きを読む

miyashum

miyashumさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 257

That looks just like the dog I used to have at home. 「それ、家で飼ってた犬にそっくりだよ。」 「Looks like the dog I used to have at home.」は「私が以前飼っていた犬に似ているね」という意味です。このフレーズは、目の前にいる犬が自分が昔飼っていた犬に似ているときに使います。また、その犬を見て、昔のペットの思い出が蘇るときにも使えます。感慨深い気持ちや、少しばかりの寂しさを込めて言うことが多いでしょう。 Seeing that dog on our walk reminds me of the dog I had back home. 散歩中に見たその犬は、私が昔家で飼っていた犬を思い出させてくれます。 That dog over there seems a lot like the dog I used to keep at home. 「あそこにいる犬、家で飼ってた犬にすごく似てるね。」 「Reminds me of the dog I had back home」は感情的なつながりを強調し、過去の思い出や情緒を引き立てます。一方、「Seems a lot like the dog I used to keep at home」は比較的客観的で、現在の犬と過去の犡の間に具体的な類似点があることを示しています。使い分けは主に話者の感情的なつながりや観察の具体性によるものです。

続きを読む

miyashum

miyashumさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 188

You're really bad at lying, aren't you? 「君、本当に嘘が下手だね。」 「Bad at lying」は、「うそをつくのが下手」という意味です。これは、人がうそをつくときに緊張し、うまく話せず、または身体的な反応(顔色が変わる、視線をそらすなど)によって嘘を見抜かれやすい状態を指します。この表現は、友人間の会話や、小説、映画、ドラマのキャラクターの特徴を描写する際などに使われます。 You really can't tell a lie, can you? 「本当に嘘がつけないね?」 You're not a good fibber, are you? 君、嘘つき下手だね。 Can't tell a lieは、自分が嘘をつくことができない、または嘘をつかないという意味で使われます。「真実を話す」ことへの強い倫理的コミットメントを示す表現です。一方、Not a good fibberは、嘘をうまくつけない、つまり嘘が下手であることを示します。この表現は、嘘をつく能力自体はあるが、それが下手であるというニュアンスを含んでいます。

続きを読む

miyashum

miyashumさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 114

Wearing safety shoes is a must when you're working in a contaminated area. 汚染地域で作業をする際には、安全靴を履くことが絶対必要です。 安全靴(Safety shoes)は、主に工場や建設現場など労働者が使用する足元を保護するための靴です。つま先には鉄板や強化プラスチックが入っており、落下物から足を守ります。また、滑り止め効果もあり、作業中の転倒事故防止にも寄与します。一部の職場では安全靴の着用が義務付けられており、また、足元の安全を確保するために個人でも使用されます。 I'm working in a contaminated area, so steel-toe boots are a must. 私は汚染地域で働いているので、安全靴は必須です。 Working in a contaminated area, protective footwear is a must. 汚染地域で働いているので、保護靴は必須です。 Steel-toe bootsは特定の作業用ブーツの一種で、その名前が示す通り、つま先部分に鋼鉄が入っていて足を保護します。一方、Protective footwearはより一般的な言葉で、作業環境により足を保護するための靴全般を指します。これには鋼鉄入りブーツだけでなく、滑り止めソールや防水機能を備えた靴も含まれます。従って、特定の靴を指すときは「steel-toe boots」、広範なカテゴリを指すときは「protective footwear」を使用します。

続きを読む