• 18/03/30 (金) 13:29

  • Hi****

会話初級クラスのレッスン内容について
解決しないことがひとつあります。
どなたかお教えいただけたらありがたいです。

「Is she going anywhere during the summer vacation?」
「Where is she going?」

という絵を見て答える質問に対して、

「はい、彼女はどこかに行くつもりです。」
「彼女はインドに行くつもりです。」

と答えるよう求められていましたので
「She is going to go somewhere.」
「She is going to go to India.」
と解答したところ、正解とおっしゃる先生と、間違えているとおっしゃる先生
ふたつに分かれています。
(複数回、同じレッスンを受けてみました)

間違いの指摘は、なぜ「going」のあと「go」と重ねて使うのですか?とのことです。
「〜するつもり」と答える問題ですので
私は「be going to」を「will」と同じ解釈で答えました。
まわりの人に聞いたり、ネットでも調べてみましたが
いろいろな説があり、今ひとつ確証が持てなくて気になります。

長い文章で、申し訳ありません。
どなたか教えていただけたらありがたいです。

コメント:12

並び替え
  • 18/04/03 (火) 17:07

  • Ta*

>「be going to」のあとに「go」という動詞が来る場合に限り
>文法的に誤りになるのかどうか

これはまったく誤りでもなんでもなく、普通の表現だと思います。

私が最初に感じたのは、講師が引っかかったのはそこではなくて、
She is going to India.(インド行きに向けて既に準備が始まっている)
という状態であるものを、あえて
She is going to go to India.(準備こそまだ始めてないが行くことは決まっている)
とちょっと格下げした解答になっている点ではということでしたが、
かえって誤解を生じさせてしまったみたいですみません。
  • 18/04/01 (日) 20:09

  • Hi****

こんばんは トピ主です

数名のみなさまから、とても丁寧でご親切なご回答をお寄せいただき
ほんとうに感謝しています。
おかげさまで、自分なりになんとか理解することができましたし
少し発展した学びのきっかけもいただけました。
ありがとうございました
  • 18/04/01 (日) 20:04

  • Hi****

Ta*さま

ご親切にありがとうございます。
現在進行形は、未来の予定にも使えるということですね
これまでの他のかたからのご回答も含めて考えたところ
私自身が「〜するつもりです」という日本語の設問に対して
「will」か「be going to」以外は使ってはいけないのかと
思い込んでいたことが原因だと思いました。

ただ今回、私がお尋ねしたかったことは
be going to +動詞の文を作る場合
ほかの動詞の場合・・・例えば
「 I'm going to make a cake」は正解なのに
「She is going to go to India.」の場合は不正解、正解と
講師の先生のお考えがふたつに分かれていたので、
「be going to」のあとに「go」という動詞が来る場合に限り
文法的に誤りになるのかどうか
ということを知りたかったのでした。

今回、Ta*さま、また他のみなさまから、いろいろな例を教えていただき
なんとか自分なりに納得できました。
ありがとうございます。
  • 18/04/01 (日) 00:28

  • Ta*

未来に関するbe going to do と進行形を比べると、後者の方がより具体的に準備が進んでいる感じがするので、あえてbe going to doに書き直す必要がないとの判断かと思いました。
  • 18/03/31 (土) 13:02

  • Hi****

Mi**さま

何度もご親切な回答をありがとうございます。
リンク先を見てきました。
will と be going to の違い、とてもわかりやすいです!
日本語による英文法のサイトよりも違いが理解できました。

今回は、初級会話のレッスンで、be going to を習っている最中であること、
そして、レッスンでの日本語の設問に「〜するつもりですか?」
と答えるよう書かれていましたので、
「be going to」を用いて解答したわけでして、まんざら
>聞かれてないことを答えた
ということでもないのかなぁとは思いますが・・・(笑)
和文の質問にはあまり拘らず、英文の質問に忠実に答えればよかったわけですね。

教えていただいたこと、これから勉強してみます。
ありがとうございました。
  • 18/03/31 (土) 01:47

  • Mi**

18/03/30 (金) 18:56 Mi**と同一人物
今回の投稿は文章作成に手間取り何度も削除→投稿しています。

willの用法はかなり幅広いです。
「主語(人・人意外)の意志・固執」を表す表現があり、未来を表す事が有ります。
別の機会に学んだ方がスッキリ頭に入ると考え、今回の説明で省きました。

しかし、「will=話者の単なる予測」のみの意味と覚えていると、
あとで混乱するかも。ご指摘ありがとうございます^^

主語がI(私)なら「話者」と「主語」が一致。
I'll be back.
I will pass the exam.
文脈によりますが「私(主語)」が強い意志を持っていると解釈可能です。

これがyou、heとなると未来かもしれないけど「意志」の意味が強いです。
例)If you will do it again,do it at your own risk.
 (あなたがどうしてもやるなら、自分でリスクを取りなさい。)
例)He will have his own way.
 (彼は自分の我を通そうとする。)

「話者」の意志で「私以外の主語」にやらせるなら、全く別の表現です。
現代英語だとletなどを使い、強い表現だとmakeがあります。
例)I will let him go.(私は彼を行かせるつもりです。)→彼の希望を叶えたいというIの意志
例)I will make him study.(私は彼に勉強させるつもりです。)

初心者の方なら、出てきた表現を少しづつ覚えた方が混乱が少ないです。
「willには主語の強い意志未来を示す場合が有る」と頭に隅に置けば十分です。
今回の説明が理解出来なくても、気に病まなくて良いですよ~。

前のコメントにも残しましたが、未来を表す表現は個人によって使い方に凄く差が有ります。
「話者の主観」でかなり表現が変わるので。
ネイティブに習っていた時ですら、私は凄く悩んだ記憶が有ります。
一緒に頑張りましょうね^^
  • 18/03/30 (金) 19:11

  • Hi****

Mi*さま

何度もご丁寧な回答を、ありがとうございます。
納得できることばかりです。
すごくわかりやすいです。
まさに、こういうことを知りたかったのです。
初心者は少し割り切って考えたほうが良さそうですね
ほんとうに感謝いたします。
  • 18/03/30 (金) 19:04

  • Hi****

Mi*さま

ご回答をありがとうございます。
その時その時の状況に応じて、使い分けることができるのですね。

そうなると、今回の質問の場合、①と②、
いずれの状況にも解釈できるので
正解とする先生、誤答とする先生がいらしゃるわけですね。
自分の解答でも、全くの誤りではなかったとわかり、少しホッとしました。
教えてくださり、ありがとうございます。
  • 18/03/30 (金) 18:56

  • Mi**

英文法解説(金子書房)によると
be going to goの使い方は可否が有るそうです。
「可否が問題となるのはgoの連続に抵抗を感じるからであろう。
<<米>>では別に抵抗無しにbe going toが使われている。」(一部抜粋)

文章を美しく書く勉強をしている方々は同じ単語の繰り返しを避ける傾向が有ります。
言葉使いに敏感な先生は避けた方が無難として説明したのでしょうね。
先生達も簡単な英語で説明しようとしても、難しかったかもしれません。

be going、be going to、willには未来を表す用法が有ります。
かなり複雑で難しい文法項目で、使い方に個人差があります。
簡単な事だけ頭に入れて全てを理解するのは諦めた方が良いです。

be going 避けられない近い未来の予定。

be going to
 事前に予兆が有る未来、前もって考えていた意図。
 通例では近い未来を指すが、比較的遠い未来にも使える。

will  話者の単なる予測、近い未来でも遠い未来でも良い。

イギリスのBBCの英語学習サイトによると、以下の例文は全て正しいです。
I will go to the market at 4.
I am going to go the market at 4
I am going the market at 4.
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/radio/specials/1535_questionanswer/page9.shtmlより引用)
  • 18/03/30 (金) 18:45

  • Hi****

m.******さま
早々にご回答をありがとうございます。
近い将来のことならば、「be going to」「will」を入れなくても
現在進行形で通じるということなのですね。
教えてくださりありがとうございます。

投稿が制限されています

申し訳ございませんが、
ネイティブキャンプ広場利用ルール 第2条の禁止事項に該当する
投稿が行われたため、当掲示板への投稿が制限されています。