質問

BO*

このNative Campは総合的に見てやはり一番素晴らしいと思います。 英語を通していろいろ性格が違った先生と交流が出来るのは楽しい限りです。 24時間いつでも英語で話せるのは最高ですよね。

質問日時 17/09/22 (金) 12:46

カテゴリ

  • 43

  • 19

BO*

No.0019

回答日時 17/10/22 (日) 11:07

人間は機械ではないので先生側も生徒側にもそのときの体調やら気持で感情も変わるよね。。なるべく楽しく英語を話すようにしておりますよ。。

  • 1

Ke***

No.0018

回答日時 17/10/19 (木) 13:37

Ke********さんのおっしゃる通りこれは大切だと僕も思います。

時折枯れた声の先生に出会うと正直休みなよ、と心ん中で思いますし、途中でやめるわけにもいかずレッスンに集中できません。

給料が減る先生もおられるかもしれませんが、より良いレッスンが保証される上でも休みは必須です。

  • 10

Ke*

No.0017

回答日時 17/10/19 (木) 12:00

いつからか明確でないですが、2週間に2日は休日を取らなければならなくなったそうです。
働くうえで適時休む事は不可欠です。講師さんたちの健康の為にもレッスンの質を維持するためにも適宜十分休養を取って欲しいと思います。

  • 13

Ke*

No.0016

回答日時 17/10/05 (木) 04:32

講師さんの個人的な事情を考えてもきりがないのですが、給料が高くなく水シャワーと冷房のない部屋で生活費をぎりぎりまで削って、仕事を休まず精いっぱいレッスンしてくれる講師さんたちが多くいて私たちの廉価なレッスン料の受け放題が成り立っているということにもたまに目を向けてあげたらと思います。

  • 31

BO*

No.0015

回答日時 17/09/29 (金) 12:35

Free Talkingでいろいろな話題を自由に英語で話せることは本当に幸せを感じます❗️

  • 12

Yo***

No.0014

回答日時 17/09/29 (金) 11:10

>ほんと、若いころにこんなサービスがあったら、今頃英語でこんな苦労しなかった。。。

あっても苦労したと思いますけどね(笑)
英語をそれなりに物にしようと思うとやはり時間がかかりますし、上級者(CEFR C2)ともなると6,000時間ぐらいはかかりますんで(10年1万時間勉強してもそこに届かない人も普通にいます)。

ライティング、リーディング、発音、文法、ボキャビルなど、やるべきことを考えると、少なくとも英会話の5倍ぐらいの時間は自習が必要ですし、多くの人は自習で挫折します。
オンライン英会話なんて2000年代半ばからありますが、月会費を払いっぱなしで結局進展がない人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、自習でカバー不可能な「会話」が、予約不要で24時間任意の時間に受けられるというネイティブキャンプのサービスは凄いと思います。

回数受け放題なんてのには大して魅力を感じませんが(その分だけ自習のリソースが食われるので)、いつでもどこでも任意のタイミングで会話や国際交流ができるのは本当に凄いと思いますし、よくこんなの実現出来たなと思います。
週末にだけ集中してやるのも自由、ちょっとした隙間時間に10分だけ会話するのも自由。
なかなかないですね、こんなのは。

  • 14

HI*****

No.0013

回答日時 17/09/28 (木) 01:30

ほんと、若いころにこんなサービスがあったら、今頃英語でこんな苦労しなかった。。。

  • 15

yo***

No.0012

回答日時 17/09/27 (水) 20:40

もし自分の学生時代に NC のようなサービスがあったらどれだけよかったかと思いますね。

  • 20

Ke*

No.0011

回答日時 17/09/26 (火) 01:13

私もいくつかのオンライン英会話の経験がありますがネイティブキャンプが一番長く続いています。したがってトピ主さんにほぼ同意ですが、ひとつ気にになることがあります。 

それは一週間に一日も休まず10日間以上ぶっ続けで働いている講師さんが幾人もいるということです。私のお気に入りのある講師さんはレギュラーで新人ですが他所でも経験があり英語の実力抜群でコミュニケーション能力も高くいつも楽しく充実したレッスンになりますが、午後に受けると特ににこやかながらも息が切れて力の入らないお疲れの感じが伝わって来ます。指摘するとそれを認めます。たまには休んだらどうか、一週間に一日でもと言うと笑うばかりです。

聞くところによるとレギュラー講師でも一か月に8回(不確実だけど多数)は休んでいいらしいのです。だから講師さんが自発的に余計に稼ぐためにあえて休まず出ているのが実情のようです。休んでもいい日に出ると割り増し日給になるらしく、また逆に出る予定にしている日に休むとペナルティーというか無遅刻無欠勤のインセンティブが出ないのだとか。

驚異の無休連続出勤の講師さんは自分の意志でそうしているのですが、会社がこれを容認するのには疑問を感じます。日本でも無休連続出勤労働、過剰残業が社会問題になっている昨今です。フィリピンの労働関係法令は存じませんが、講師さんの意志にかかわらず一週間にせめて一日は労働不可にして半ば強制的に休暇を取らせるべきではないでしょうか。

  • 44

TA**

No.0010

回答日時 17/09/25 (月) 03:18

27いいね、も付いておきながら今まで誰も気付いていなかったとは。。

そして、意図して『キャップ』でトピ作成なさっていらっしゃったのなら、そのハイセンスさに私は脱帽です。”正しく” 突っ込んで頂けたようですし。 ん? ”正しく”って言えるのかな?

ツとン って迷彩文字なんですね。

Set aside.

Native Camp, Foever!

  • 6

投稿が制限されています

申し訳ございませんが、
ネイティブキャンプ広場利用ルール 第2条の禁止事項に該当する
投稿が行われたため、当掲示板への投稿が制限されています。