• 19/08/06 (火) 10:09

  • Da*****

メッセージのコメントが同じようなお世辞の内容。
フォーマットで先生が思うレベル、良いところ、悪いところをコメント頂いた方が良いかと思います。

コメント:7

並び替え
  • 19/08/13 (火) 20:43

  • Mi**

ネイティブキャンプでは「メッセージは送れないことも有ります」という注意書きが有ります。
また、レッスンに関しては最後の5分で復習(出来なかったことの指摘)をするのが本来の基本ルールです。https://nativecamp.net/usage/lesson_flow
つまり、メッセージで最後の5分間ですべきことを講師に強要するの時間外労働の強制です。在宅講師の場合は特に無償奉仕の強要なので絶対に止めて欲しいです。

勿論、講師の工夫だったり、生徒からの希望が有ったりで基本ルールを無視したレッスンをするのは全く問題が無いです。
また、メッセージをくれる講師のレッスンしか予約しないのもご自由にどうぞと考えます。私自身はレッスンの質そのものが重要ですが。

けれども、最後の5分は復習時間に当てて講師が26分以内で仕事を完結させることが前提で格安の月謝が成り立っているはずです。
講師への負担を増やし、それに応じて報酬を増やすのであれば月謝の値上げが必要になるのでありませんか?私は現状のルールで月謝が安い方が良いです。
  • 19/08/08 (木) 08:52

  • Mi**

>時間が無くて可哀想なのは論点ではありません。何が双方ベストかと言うことです。
>それであれば先生は楽、生徒は実力を把握できる方法がベストと考えます。

講師を酷使してレッスンそのものに支障が出るのであれば本末転倒です。
また、フォーマットを利用しての評価は具体性に欠けます。例えば発音・文法の評価が低かったとしても具体的にどの発音が悪かったかはチャットボックスに書き残す習慣のある講師を選択し、見直す方が解りやすいでしょう。

最初からチャットボックスを効果的に利用する講師を選ぶことが双方にとってベストな方法と考えます。
私自身はメッセージに学習効果は全く期待していません。レッスンそのものが重要です。
  • 19/08/08 (木) 04:58

  • Da*****

時間が無くて可哀想なのは論点ではありません。何が双方ベストかと言うことです。
それであれば先生は楽、生徒は実力を把握できる方法がベストと考えます。
例えばカテゴリー(文法、単語、発音…)毎に10点満点で評価してもらう。それがレッスン中に採点できれば良いのではないでしょうか。基準がバラついても、それは先生が感じた事として、生徒は受け入れる必要はありますが。
  • 19/08/07 (水) 08:26

  • Mi**

始めた頃は必要だったのですが、今は授業中に解決できるので読まなくなりました。
授業の復習としては、チャットボックスの履歴を見れば、いいことですし。

馴染みの先生には、書かなくていいと言っています。きちんと休憩して授業に備えて欲しいからです。

メッセージボックスの需要は人によってそれぞれなので、生徒側でメッセージの有無も含めて先生選びの参考にしたら良いのではないでしょうか。

少なくとも私が選んでいる先生がたに強制されないことを希望します。
  • 19/08/07 (水) 07:55

  • Sh******

先の自分の意見てすが、もちろん、先生たちがチェック(レ)を入れるなどかんたんにできるフォームをNC が用意するという意味です。あと、今のメッセージに対する非常に安い手当もNC に改善していただきたいですね。
  • 19/08/06 (火) 22:16

  • Mi**

先生方の休憩時間って最短で4分です。在宅だとサービス残業になると思われます。
余りにも手間がかかるのは可哀相です。
苦手なことをタイプしてチャットボックスに残してくれるタイプの講師を選べば解決しませんか?
  • 19/08/06 (火) 21:55

  • Sh******

いいですね。NCがフォーマットつくって、発音OKとか子音vの発音できてないとか、文法とてもよい。とか、定型の評価があってもいいかも。(但し、先生によつて評価がいろいろとかの問題も発生するかもですが。)

投稿が制限されています

申し訳ございませんが、
ネイティブキャンプ広場利用ルール 第2条の禁止事項に該当する
投稿が行われたため、当掲示板への投稿が制限されています。