Nana

Nanaさん

Nanaさん

人事部長 を英語で教えて!

2023/07/24 14:00

会社で同僚に「人事部長を怒らせないように気をつけろ」と言いたいです。

Yoko

Yokoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

2024/04/28 00:00

回答

・Human Resources Director
・Head of Human Resources
・Chief People Officer

Be careful not to piss off the Human Resources Director.
人事部長を怒らせないように気をつけて。

人事部長または人事担当ディレクターは、企業の人事戦略を立案・推進し、人材の採用、教育、評価、待遇などの人事政策を担当する役職です。労働法や企業の規定に基づいて従業員の労働環境を整備し、従業員の満足度や生産性の向上を目指します。経営層と密に連携し、組織の成長と目標達成に寄与する人材を確保・育成するための戦略を策定します。シチュエーションとしては、新たな採用計画の立案、従業員のパフォーマンス評価、労働問題の解決、給与や福利厚生の管理などがあります。

Be careful not to upset the Head of Human Resources.
「人事部長を怒らせないように気をつけて。」

Be careful not to upset the Chief People Officer.
人事部長を怒らせないように気をつけてください。

Head of Human Resources(HR)とChief People Officer(CPO)は、企業の人事部門のトップを指す役職ですが、その役割や重視する視点に違いがあります。HRは伝統的に労働法規や報酬、採用、解雇などの労務管理を担当します。一方、CPOは従業員のエンゲージメントや幸せ、成長を最優先に考え、組織文化や従業員の経験を形成します。したがって、ネイティブスピーカーは、労務管理や規則に関連する話題を議論するときは「HR」を、従業員の経験や文化について話すときは「CPO」を使用するでしょう。

Ken

Kenさん

ネイティブキャンプ英会話講師

JapanJapan

2023/08/15 14:55

回答

・human resources director.
・personnel director

「人事部長」は英語では human resources director や personnel director などで表現することができます。

Be careful not to piss off the human resources director.
(人事部長を怒らせないように気をつけろ。)
※ piss off(怒らせる、イライラさせる、など)

We are looking for a new personnel director.
(当社は、新しい人事部長を探しています。)

※ちなみに human resources はよく HR と略されます。

ご参考にしていただければ幸いです。

0 430
役に立った
PV430
シェア
ツイート