eri

eriさん

eriさん

その日は他の友達から誘われているの を英語で教えて!

2020/02/13 00:00

クリスマスパーティーの誘いを受けたのですが、すでに他の人から誘われていけないので「その日は他の友達から誘われているの」と言いたいです。

JOSHUA TIONG

JOSHUA TIONGさん

ネイティブキャンプ英会話講師

MalaysiaMalaysia

2023/09/21 00:00

回答

・I already have other plans for that day.
・I've already made prior commitments for that day.

I'm sorry but I can't make it to your Christmas party because I already have other plans for that day.
申し訳ないのですが、その日はすでに他の予定があるため、あなたのクリスマスパーティーには参加できません。

「I already have other plans for that day」は、その日にすでに予定があるという意味です。立ち入りすぎず、しかしはっきりと自分の予定や意図を伝えるために使われる表現です。すでにスケジュールが埋まっていて、新たな予定を入れられないとき、またはその日の予定を変更したくないときに使います。例えば、友人から飲み会の誘いを受けたけどすでに別の予定がある時などに「その日はすでに他の予定がある」と返答することで、断りの意を相手に伝えることができます。

I'm sorry, but I've already made prior commitments for that day.
申し訳ありませんが、その日はすでに他の予定が入っているんです。

「I already have other plans for that day」は日常的に使われ、友達との食事や映画鑑賞など、公私のどちらの予定でも使えます。「I've already made prior commitments for that day」は一般的によりフォーマルな状況で使われ、公式な会議やビジネスアポイントメントなどの既存の約束を指す場合に使用されます。後者はより堅めで、プロフェッショナルな議題を暗示しています。

Jay

Jayさん

ネイティブキャンプ英会話講師

JapanJapan

2020/03/25 02:27

回答

・I already have a plan.
・Thank you for asking but
・I'm sorry but

一番無難に伝える言い方は「I already have a plan」のみです。
英語ではこう言うシチュエーションで「他の友達から誘われた」と言うとあまり良い響きにはならず、そう言う言い方も基本的にしません。英語では、その相手が本当に自分の「友達」の場合「My 'other' friend」と言う事はあまりありません。otherを使うことにより誘ってくれた相手とわざわざ距離を取っているような響きになるからです。そこまで親しい相手ではなければmy friendと普通に言っても構いませんので「My friend already asked me」で大丈夫です。しかし相手との距離感関係なく、よく日常で使われる表現は「I already have a plan」になり一番無難に言う事ができます。

ですがこれ一言では素っ気ない感じはありますので友達でも誰でも「Thank you but ~ (ありがとう、でも)」と前に添える事を強くお勧めします。またこれに変わる言い方として「I'm sorry but~ (申し訳ないんだけど)」や「Thank you for asking me but~ (誘ってくれてありがとう、でも〜)」や「Thank you for inviting me but (お誘い頂いてありがとうございます、でも〜)」などがあります。inviting meの方がもっと丁寧に聞こえますのであまり親しくない方や距離がある人にお勧めします。

またI already have a planと言った後に

**but I hope we can hang out soon :でもまたすぐ遊べるといいな。 
- hang out: (人と)遊ぶ

**but have a great one:でも良いパーティーにしてね - have a good oneは万能で何にでも使えます。もちろんpartyと言っても問題ないです。

また否定の表現を和らげる言い方としてよく使うのが「I don't think I can -」です。直訳すると「〜出来るとは思わない」で否定分を少し曖昧にして伝える事が出来ます。I canの後を変えれば基本的に何にでも使えます。

-I don't think I can come 行けそうにない
- I don't think I can do it やれそうにない
- I don't think I can eat it. 食べれそうにない

などなどです。

最後にご質問のシチュエーションで想定されるやり取りとして、よくあるやり取りは

A: Hey, are you free this Saturday? I'm having a Christmas party at my place.

(ねえ、今週土曜日暇?うちでクリスマスパーティーやるんだけど。)

B: Oh I'm sorry but I already have a plan this weekend.. but thanks for asking!

(ごめん今週末もう予定があるんだ、、 でも誘ってくれてありがとう!)

A: Oh that's not a problem. Let's hang out soon! (全然大丈夫だよ、またすぐ遊ぼう)

B: Definitely! (絶対ね。)

などです。

- Definitelyは絶対に、確実に、と言う意味でよく会話で使います、他には同じ意味でtotallyやabsolutelyなどもあります。

ぜひ使って見てください!

0 595
役に立った
PV595
シェア
ツイート