プロフィール

英語系資格

海外渡航歴

自己紹介

こんにちは!私の名前はNaoです。現在はブラジルに住んでおり、アメリカでの留学経験を持っています。この経験は、異文化の中での英語教育に対する私のアプローチに深い洞察と多角的な視野を与えました。

アメリカでの留学は、非英語圏の環境で英語を学ぶ際の困難と喜びを実感させ、私の教育スタイルに独自性と柔軟性を加えました。この経験は、異文化間コミュニケーションの重要性を私に深く理解させました。

英検では最上位の資格を取得し、英語に対する私の幅広い理解と適応力を示しています。また、TOEICでは955点の高得点を獲得し、国際ビジネスやアカデミックな英語の分野での私のコミュニケーション能力を証明しています。

皆さんの英語学習において、私は文法、語彙、発音から会話スキルの向上まで、幅広いサポートを提供します。私の国際経験と専門知識を活かし、皆さんの英語学習の旅をサポートし、新しい発見を一緒に楽しみましょう!

Nao

Naoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 105

I've been hospitalized since yesterday due to an injury. 「昨日からけがのために入院しているんだ。」 「Injury」は英語で「怪我」や「損傷」を意味し、物理的なダメージや傷害を受けた状態を指します。スポーツや事故等の文脈でよく使われます。例えば、サッカー選手が試合中に膝を痛めた状況を「He got an injury during the match.(彼は試合中に怪我をした)」のように表現します。また、心理的な傷も含めて使うことは少ないですが、比喩的に使うこともあります。 I've been hospitalized since yesterday due to a wound. 昨日から外傷のために入院しているんだ。 I've been hospitalized since yesterday due to trauma from an injury. 怪我の外傷で昨日から入院しているんだ。 Woundは主に物理的な傷を指し、切り傷や打撲傷など具体的な身体的損傷を指すことが多いです。例えば、事故で足を切った時に「I have a wound on my leg」と言います。一方、Traumaは物理的な傷だけでなく、精神的な傷も含む広範な概念です。重大な事故や災害、虐待などで心に深い傷を負った時に「I have trauma from the accident」と言います。また、医学的な文脈ではTraumaは重篤な身体的損傷を指すこともあります。

続きを読む

Nao

Naoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 349

It's time to go home. I didn't realize it got so late. 家に帰る時間だね。こんなに遅くなるとは思わなかったよ。 「It's time to go home.」は「もう家に帰る時間だよ」という意味で、仕事や学校、遊びなどが終わって帰宅する時間になったときに使います。また、パーティーや集まりが終わりに近づいた時にも使う表現で、自分自身に向けても言えますし、他人に対しても使えます。また、比喩的にも使われ、ある状況や行動を終えるべきだというニュアンスも含むことがあります。 It's getting late. I think it's time to head home. もう遅くなってきたね。そろそろ家に帰る時間だと思うよ。 Well, it's been fun, but it's time to hit the road back home. 「楽しかったよ、でも家に帰る時間だね。」 「It's time to head home」は家に帰る時間がきた、という直訳的な意味です。一方、「It's time to hit the road back home」は英語のイディオム「hit the road」を用いており、直訳すると「家に帰るために道路に出る時間だ」のような意味になります。これは家に帰るために車で移動するというニュアンスを含んでいます。したがって、「It's time to hit the road back home」は、長距離の移動が必要な場合や、自動車で帰る場合により適しています。

続きを読む

Nao

Naoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 196

It's a glorious victory for our local baseball team! これは地元の野球チームにとって栄えある一勝です! 「Glorious victory」は、「壮麗な勝利」または「栄光の勝利」を意味する英語表現です。大勢の前での大規模な競技や戦闘など、重要な勝利を強調するときによく使われます。特に、予想以上の成功、圧倒的な勝利、顕著な成果を上げた時に使用します。例えば、体育の試合で圧倒的なスコア差をつけて勝った場合や、選挙で大差で勝利した場合、戦争で大きな戦果を挙げた場合などに使えます。 Our local baseball team finally had a triumphant victory! 我々の地元の野球チームがついに栄えある一勝をしました! This is a resounding victory for our local baseball team, their first ever win! これは地元の野球チームにとって、初めての栄えある勝利です! Triumphant victoryは、特に厳しいまたは困難な状況を乗り越えて得られた勝利を指すことが多いです。主に個人またはチームが大きな困難を克服したときに使います。一方、Resounding victoryは、勝利が圧倒的で明確であったことを強調します。これは一般的に大きなマージンでの勝利または完全な支配を示すときに使われます。両方とも大きな成功を示すが、triumphantは戦いの困難さ、resoundingは勝利の大きさに重点を置きます。

続きを読む

Nao

Naoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 236

I think I used to eat bread three times a week before. 「以前はパンを週に3回は食べていたと思います。」 この英文は、過去に特定の食べ物を週に3回食べていたことを表しています。具体的な食べ物は文脈から分かるようになっているはずです。使えるシチュエーションとしては、例えば昔の食生活について話すときや、特定の食べ物が好きだったが最近は食べていない、あるいは食事の頻度や習慣が変わったときなどに使えます。 I reckon I used to have bread three times a week back in the day. 「以前は週に3回はパンを食べていたと思いますね。」 Do you frequently eat bread? Well, I guess I used to chow down on it three times a week in the past. 「よくパンを食べますか?」 「まあ、以前は週に3回は食べてたかな。」 I reckonは、特にイギリス英語や南部アメリカ英語でよく使われ、自分の意見や推測を表す際に用いられます。一方、I guessはアメリカ英語で頻繁に使われ、同様に自分の意見や推測を示すために使いますが、多少不確定性を含むことがあります。また、chow down on itは、食事を楽しむ、または大量に食べるという意味を持つ、よりカジュアルで話し言葉的な表現です。したがって、話者の地域、相手との関係、話の文脈によって使い分けられます。

続きを読む

Nao

Naoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 204

It's already over between us. 「彼女とはもう終わりだよ。」 「It's already over.」は「もう終わった」という意味で、何かが終了または完了したことを示します。この表現は、試合やイベントが終了した後、あるいは議論や対立が解決した後に使われます。また、恋愛関係が終わったことを示すのにも使われることがあります。達成感や解放感、あるいは逆に失望や後悔など、様々な感情を伴うことがあります。 It's all done now. 「もう終わったんだ。」 The ship has sailed with her. 「彼女とはもう終わったんだ。」 It's all done nowは、仕事やタスクが完了したことを意味します。具体的な状況、具体的な結果を指す表現です。一方で、The ship has sailedは、チャンスや機会が過ぎ去った、または何かがすでに始まり、それを変えることはもうできないという抽象的な状況を示すイディオムです。

続きを読む