プロフィール

英語系資格

海外渡航歴

自己紹介

皆さん、こんにちは!私はSayakaと申します。現在、ポルトガルに住んでおり、異なる文化背景を持つ人々と交流しながら、英語指導に尽力しています。異国での生活経験は、私の言語教育の方法に深い洞察をもたらしています。

私の英語学習の道は、アメリカでの留学経験に始まります。そこでの学びは、非母国語話者として英語を習得する上での困難と魅力を深く理解させてくれました。また、異文化との接触は、私の英語指導法に対する理解を深めるのに役立ちました。

英語資格については、英検の最上級レベルを取得しています。この資格は、英語の広範な知識と応用力を持っていることを示しています。さらに、TOEICでは890点というスコアを獲得し、私の英語の聴解能力と読解能力が高いレベルであることを証明しています。

皆さんの英語学習に対して、私は有用なアドバイスとサポートを提供することを楽しみにしています。文法、語彙、発音から会話技術まで、私の国際的な経験と専門知識を生かし、皆さんの英語学習の旅を一緒に進めていきたいと思っています。一緒に英語の世界を探検しましょう!

Sayaka

Sayakaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 120

Unfortunately, I had to abandon a project I really wanted to do. 残念ながら、私が本当にやりたかった企画を断念する必要がありました。 「Unfortunately」は「残念ながら」や「不運にも」などと訳され、ネガティブな結果や予期しない問題が起きたことを表現する英語の接続詞です。何か悪い知らせを伝える、予定や期待が破られたことを伝える、期待外れの結果を報告するといったシチュエーションで使われます。例えば、「残念ながら、雨が降っているのでピクニックは中止です」のように使われます。 Regrettably, I had to abandon the project I wanted to do. 残念ながら、私はやりたかった企画を断念せざるを得ませんでした。 I reluctantly turned down a project that I really wanted to do. 本当にやりたかった企画を仕方なく断った。 Regrettablyは「残念ながら」という意味で、ほとんどの場合、否定的な結果や状況を伝える際に使われます。たとえば、「Regrettably, the event has been cancelled.」(残念ながら、イベントは中止になりました。) 一方、Reluctantlyは「しぶしぶ」「不本意ながら」という意味で、自分が何かを行うのをためらったり、不本意に感じていることを表します。例えば、「I reluctantly agreed to go camping.」(しぶしぶキャンプに行くことに同意した。)

続きを読む

Sayaka

Sayakaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 277

We need to buckle down in today's match or we'll lose. 「今日の試合ではふんどしを締めて取り組まないと負けるぞ。」 「Buckle down」は、「本気で取り組む」「一生懸命に努力する」という意味の英語のスラングです。特に、困難な仕事や課題、試験勉強など、集中力や忍耐力が必要な状況で使われます。例えば、試験前に「Buckle down and study」(本気で勉強に取り組む)と言ったり、大きなプロジェクトが始まるときに「Buckle down and get the job done」(一生懸命に仕事を進める)と使用します。 You need to pull up your socks today, or we're going to lose this match. 「今日はソックスを上げないと、この試合に負けるよ。」 You're going to have to tighten your belt for today's match, or we're going to lose. 「今日の試合ではふんどしを締めないと負けてしまうよ。」 Pull up your socksは、誰かが自己改善や努力を必要とする状況で使われます。誰かが仕事や学業などで成績が悪いときに、その人にもっと努力するようにという意味で使います。「もっと頑張って」という意味合いです。 一方、Tighten your beltは、資金的な制約や困難な状況で使われます。これは、「経済的に厳しい時期だから節約しよう」「出費を抑えよう」という意味です。

続きを読む

Sayaka

Sayakaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 125

It's starting to get chilly, so go ahead and get out your winter gear. 「そろそろ肌寒くなってきたから、冬用のものを出しておきなさい。」 「Winter items」は「冬のアイテム」を指します。これには、冬服(コート、マフラー、手袋、ニット帽など)、冬のインテリア(暖房器具、こたつ、電気毛布など)、冬の食材や料理(鍋、おでん、みかんなど)、冬のレジャーアイテム(スキーやスノーボードの道具、スケート靴など)など、冬に特に必要となる、または冬に特に楽しむことのできるさまざまな商品や物品を指します。寒い季節に向けて準備したり、冬季限定で楽しむアイテムを選ぶシチュエーションなどで使えます。 It's starting to get chilly, so please take out the winter goods. 「そろそろ肌寒くなってきたから、冬物を出しておいて。」 It's starting to get chilly, so you should bring out your winter essentials. 「肌寒くなってきたから、冬物を出しておきなさい。」 Winter goodsは冬に関連する全ての商品を指す一般的な表現で、例えば冬服、暖房器具、雪かき用具などが含まれます。対してWinter essentialsは冬に欠かせない必需品を指し、生活を快適に過ごすために絶対に必要なアイテムを指します。例えば、厚手のコートや手袋、帽子、暖房器具などが含まれます。Winter goodsは広範で一般的なアイテムを指し、Winter essentialsはより具体的で必要不可欠なアイテムを指します。

続きを読む

Sayaka

Sayakaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 109

I'm going to take you to a really good point from here. これから君をとてもいい場所に連れて行くよ。 Good pointは「その通りだ」「いい指摘だ」という意味で、相手が示した意見や提案が適切であると認める時に使います。ディスカッションや議論の中で、相手の意見が自分の考えを改めるきっかけになったり、新たな視点を提供してくれた時に「Good point」と言います。また、誰かのアイデアや提案を評価する時にも使えます。 I'm going to take you to a nice spot. 「君をいい場所に連れて行ってあげるよ。」 I've got a great catch for us to visit next. 「次に私たちが訪れる素晴らしい場所を見つけたよ。」 Nice spotとGreat catchはどちらも他人の行動を称える表現ですが、使われる状況が異なります。Nice spotは主に他人が何かを見つけたり、気づいたりした時に使います。例えば、隠れたレストランを見つけた時や、エラーを発見した時などです。一方、Great catchはスポーツなどで良いプレイをした時や、他人の間違いを修正した時に使います。例えば、野球で難しいボールを捕球した時や、文書のタイポを見つけた時などです。

続きを読む

Sayaka

Sayakaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 152

The snack for today is fried squid, honey. 「今日のおつまみはイカフライよ、ダーリン。」 「Fried Squid」は、イカを揚げた料理のことを指します。主に西洋料理で見られ、特に地中海料理やアジア料理ではポピュラーなメニューです。日本でも、イカフライやいか天ぷらなどとして親しまれています。ニュアンスとしては、サクサクとした食感とイカ特有の風味が楽しめる点が特徴。使えるシチュエーションとしては、食事のメインディッシュや、タパス、アペリティフとしてお酒のおつまみにするなど様々です。また、パーティーや集まりの場で手軽に提供できる一品としても最適です。 The snack for today is fried squid rings, honey. 「今日のおつまみはイカフライよ、ダーリン。」 Today's snack is calamari fritters, dear. 「今日のおつまみはイカフライよ、あなた。」 Squid RingsとCalamari Frittersは、どちらもイカを主成分とした料理ですが、調理法や形状、食感が異なります。 Squid Ringsはイカの体をリング状に切り、揚げたものを指します。日常的には、あっさりとした食事や軽食として楽しむ場面で使われます。 一方、Calamari Frittersはイカを細かく刻み、生地と混ぜて揚げたものです。フリッターは一般的に味が濃いため、おつまみやヘビーな食事として楽しむ場面で使われます。これらの違いを理解することで、食事の雰囲気や好みに合わせて適切な表現を選ぶことができます。

続きを読む