プロフィール

英語系資格

海外渡航歴

自己紹介

こんにちは、私の名前はkosei0511です。私はイギリスでの留学経験を持っており、その期間は私の英語習得にとって非常に重要なものでした。

私はCPE(Cambridge English: Proficiency)の資格を保有しており、これは英語の高度な運用能力を示す資格です。この資格は、留学中に培った広範囲な語彙力と高度なコミュニケーションスキルの証です。

英語習得の近道については、留学中に実践的なアプローチを取りました。特に、ネイティブスピーカーとの日常的な会話、地元のイベントへの参加、英語でのレポート作成やプレゼンテーションは、リアルな環境での言語習得に非常に効果的でした。また、映画や音楽、文学作品を通じて、英語の文化的側面を理解することも重視しました。

私は、皆さんが英語を効率よく習得し、異文化を理解するサポートをしたいと思っています。一緒に学び、英語を楽しみながら習得しましょう!

kosei0511

kosei0511さん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 73

1. struggle struggleは「〔課題や困難などに〕取り組む、悪戦苦闘する」という意味で用いられ、「不振にあえぐ」というニュアンスを出すことができる動詞です。 The team has been struggling recently. 「チームは最近、不振にあえいでいます。」 現在完了進行形(have been -ing)の形にすることで、「以前から今に至るまでずっと~している」というニュアンスを出すことができます。recentlyは「最近、ここのところ」といった意味で用いられる副詞です。 2. be in a slump in a slumpで「中だるみ状態で、不振で、不調で、〔景気が〕低迷して」といった意味を表す言い回しになります。 I've been in a slump for weeks now. 「私はここ数週間、不振にあえいでいます。」 for weeksで「ここ数週間にわたって」という意味の表現になります。

続きを読む

kosei0511

kosei0511さん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 94

1. lack excitement lack ...は「~に欠ける、欠如している」を意味する動詞です。excitementは「楽しさ、面白さ」をあらわs名詞です。 例文 They all lack excitement. 「どれも面白味に欠けますね。」 allをつけることで、「それらすべて~、どれも~」というニュアンスを出すことができます。 2. lack a certain spark certain ...は「明白な、疑う余地がない」等を意味する形容詞です。sparkはここでは「〔刺激となる、興味を引く〕活気、元気、生気=面白味」として用いることができる表現です。 例文 All the suggestions seem to lack a certain spark. 「どの提案も何かしらの面白味に欠けるようです。」 suggestionは「提案」を表し、allをつけることで「どの~も面白みに欠ける」というニュアンスを出すことができます。

続きを読む

kosei0511

kosei0511さん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 96

1. The tasks remain the same. taskは「仕事、やるべきこと」を表す名詞です。remain ...は「~のままである」を意味し、その後にthe same「同じの」を置くことで、「変わらない、同じのままだ」というニュアンスの言い回しになります。 例文 The tasks remain the same, so let's stay calm. 「やるべきことは変わらないから落ち着いて。」 stay calmは「落ち着く、焦らない」といった意味の表現です。 2. Our responsibilities haven't changed. responsibilityは「責任、やるべきこと」を表す名詞です。 例文 Our responsibilities haven't changed, so let's keep calm. 「私たちの責任は変わっていないので、落ち着いていこう。」 keep calmで「落ち着く」を表す動詞表現となります。

続きを読む

kosei0511

kosei0511さん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 72

「元の鞘に納まる」の直訳は英語としてはやや不自然になりますので、これに相当する表現をいくつかご紹介します! 1. go back to where they started 「自分たちの始めたところに戻る=元の鞘に収まる」というニュアンスの言い回しになります。 例文 Despite exploring other options, they went back to where they started. 「他の選択肢を模索したものの、結局元の鞘に収まりました。」 despite ...は「~にもかかわらず、~ものの」を表す前置詞で、explore ...は「~を検討する、模索する」といった意味を表します。optionはここでは「選択肢」を意味する名詞です。 2. return to their original plan 「当初のプランに戻る=元の鞘に収まる」といったニュアンスの表現になります。 例文 They tried different approaches, but in the end, they returned to their original plan. 「彼らはいくつかのアプローチを試みましたが、結局元の計画に戻りました。」 approachで「アプローチ、方法」等を表す表現になります。in the endは「最終的には」を意味する言い回しになります。

続きを読む

kosei0511

kosei0511さん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 97

1. be not going to last forever lastは「続く、継続する」を意味する動詞です。foreverは「永遠に、未来永劫」を表す副詞として用いられます。 例文 This situation isn't going to last forever. 「この状況は未来永劫続くわけではありません。」 situationは「状況、状態」を表す名詞で、この英文ではthis ...で主語として用いられています。 2. can't go on indefinitely go onは「(終わりなく)続く」といった意味の言い回しになります。indefinitelyは「無期限に、無制限に、いつまでも、永久に」という意味の副詞です。 例文 We need to find a solution because this can't go on indefinitely. 「この状態が未来永劫続くわけではないので、解決策を見つける必要があります。」 solutionは「解決策、解答」といった意味を表します。

続きを読む