MARIKO

MARIKOさん

MARIKOさん

日焼けしないように気を付ける を英語で教えて!

2023/06/09 10:00

肌にシミを作りたくないので、「日焼けしないように気を付けている」と言いたいです。これは英語でなんというのですか?

Chiharu

Chiharuさん

ネイティブキャンプ英会話講師

JapanJapan

2024/04/16 00:00

回答

・Be careful not to get sunburned.
・Watch out for sunburn.
・Mind your skin against the sun.

I'm being careful not to get sunburned because I don't want to get spots on my skin.
私は肌にシミを作りたくないので、日焼けしないように気を付けています。

「Be careful not to get sunburned」は日本語で「日焼けに気をつけて」という意味です。太陽の強い日や、ビーチやプールなどで長時間過ごす際などに、日焼けや紫外線から肌を守るための注意喚起として使います。また、日焼けは肌が赤く痛むだけでなく、皮膚がんの原因にもなるため、健康を心配する気持ちを込めて使うこともあります。

I'm trying to avoid getting sunburned because I don't want to create any blemishes on my skin. Watch out for sunburn!
「私は肌にシミを作りたくないから、日焼けを避けるようにしています。日焼けに注意してね!」

I'm always mindful of my skin against the sun because I don't want to get any sunspots.
シミを作りたくないので、常に日焼けに対して気を付けています。

Watch out for sunburnは普通に日焼けに注意するように指示するフレーズで、ビーチやプールなどの屋外のアクティビティでよく使われます。一方、Mind your skin against the sunは、より丁寧な表現で、日差しによる肌への影響全般(シワ、タン、日焼けなど)に対する注意を促すものです。これは、特に肌のケアに気を使っている人や、長時間日光に晒される可能性のある人に対して使われることがあります。

Hiro

Hiroさん

ネイティブキャンプ英会話講師

JapanJapan

2023/06/25 10:26

回答

・I'm careful not to get sunburnt.

先ず単語を確認しましょう。「日焼け」は名詞で「sunburnt」、「日焼けする」は動詞「get」と組み合わせて「get sunburnt」と表現します。

次に構文を考えましょう。「~に気を付けている」を意味する「be careful」を用いて、to不定詞を続ける構文が適切と考えます。「~しないように」は「not」をto不定詞の前に入れます。

上記を踏まえて、例えば"I'm careful not to get sunburnt."とすれば「日焼けしないように気を付けている」の意味になります。

接続詞「because」を使って、アレンジして"I'm careful not to get sunburnt because I hate getting spots."とすれば「シミができるのが嫌なので日焼けには気をつけています」とも表現できます。

0 1,022
役に立った
PV1,022
シェア
ツイート