【使用頻度が高い!】8つの英語スラング表現

711b6731a1c0f67b824d598a0a4fd754_s

皆さん、こんにちはKenです♪
今回は、頻繁に使用する8種類の英語のスラングをご紹介します!

スラングは英語を話す際、頻繁に使う表現です。
皆さんも聞いたことあるものがいくつかあるかもしれません。
ただ、使う場面には注意しましょう!

1. flaky – 信用できない、ドタキャンをする

EX: Why is Ken so flaky? He will lose his job soon if he doesn’t do better soon.
(Kenはなんでこんなに信用できないんだろう! もっとうまくやらなきゃ、そのうち仕事をクビになるよ。)

2. a pit-stop – (ドライブ中に)短時間の休憩をすること

EX: I am hungry, let’s make a pit-stop at this restaurant.
(お腹すいちゃったから、このレストランで少し休憩しようよ。)

3. make a racket – 大騒ぎすること

EX: Wow, the neighbors are making a lot of racket.
(Wow, お隣さんたち大騒ぎしているね。)

4. eating away at – 悩ませる

EX: All this anticipation is really eating away at me.
(この期待がホントに私を悩ませているんですよ。)

5. no sweat – 心配無用

EX: Yeah, no sweat, I’ll get that finished tomorrow.
うん。心配ないよ。明日終わらせるから。

6. big mouth – おしゃべり、口の軽い人

EX: I can’t believe he said that, what a big mouth!
(彼がそれを言ったなんて信じられない!なんておしゃべりなの!)

7. bummer – がっかりすること、嫌なこと

EX: It’s a real bummer he didn’t make in to that college. He really wanted to go.
(彼があの大学に入れなかったは、ホントに残念だね。すごく行きたがってたから。)

8. hit the sack – 寝る

EX: I need to hit the sack, I have work tomorrow.
(寝ないといけないわ、明日仕事だから。)

以上、使用頻度が高い8つのスラング表現でした。
皆さんも、外国人の友達とカジュアルな場面で話をする場合は、このような表現を使ってみましょう。

それではまた♪

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.