takimoto

takimotoさん

takimotoさん

あなたの存在が重い を英語で教えて!

2023/04/03 10:00

彼氏は束縛がひどく強く、一緒にいるとしんどい存在なので、「ごめん、だけど、あなたの存在が重い」と言いたいです。

Genta

Gentaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

JapanJapan

2024/03/08 00:00

回答

・You're a burden to me.
・You're weighing me down.
・You're stifling me.

I'm sorry, but you're a burden to me.
ごめん、でも、あなたの存在が重荷なのよ。

「You're a burden to me」は、「あなたは私にとっての重荷だ」や「あなたは私に迷惑をかけている」という意味です。人が他人に対してストレスや困難、負担を感じている時に使用されます。感情的にネガティブで、相手を非難するニュアンスが強いため、友人や家族などの近しい人々に対して慎重に使用する必要があります。また、職場や学校でのパフォーマンスが他人に影響を与えている場合にも使われることがあります。

I'm sorry, but you're weighing me down.
「ごめん、でも君の存在が重荷なんだ。」

I'm sorry, but you're stifling me.
ごめん、でも、あなたの存在が重いんだ。

"You're weighing me down"は一般的に物理的または精神的な負担を指す。例えば、他人の問題や責任があなた自身の生活に重荷となっている場合に使います。一方、"You're stifling me"は自由や創造性が抑制されている感覚を表す。例えば、あなたの意見やアイデアが他人によって無視され、表現の自由が奪われていると感じる場合に使います。どちらも負の感情を伝えますが、"weighing me down"は負担や重荷を、"stifling me"は制約や抑圧を強調します。

sho

shoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

JapanJapan

2023/04/06 17:24

回答

・suffocating to me

彼氏は束縛がひどく強く、一緒にいるとしんどい存在なので、「ごめん、だけど、あなたの存在が重い」を英語で言いますと

I'm sorry, but your presence is suffocating to me.

ここでの「suffocating」は、「息苦しくなるほど」という意味で、
彼氏の束縛が過剰で息苦しくなることを表しています。

また、「presence」は、「存在」という意味で、
彼氏の存在が自分にとって負担になっていることを表現しています。

参考になりますと幸いでございます。
ぜひ使ってみてください。

0 356
役に立った
PV356
シェア
ツイート