プロフィール

英語系資格

海外渡航歴

自己紹介

こんにちは、私の名前はIto Shunです。現在はイタリアに住んでおり、カナダでの留学経験があります。異文化環境での生活は、私の英語教育アプローチに広範な視野をもたらしています。

カナダでの留学体験は、非母国語話者としての英語学習の価値を私に深く理解させ、私の教育スタイルに多様性を加えました。この経験は、異文化間コミュニケーションの重要性を私に教え、私の教育方法に影響を与えました。

英検では、私は最上位の資格を保有しており、これは私の英語の広範な知識と応用能力を示しています。国際的な背景を持つ私は、英語教育に対する深い理解と情熱を持ち合わせています。

皆さんの英語学習において、私は文法、語彙、発音の向上から会話技術の強化まで、幅広いサポートを提供します。私の国際経験と専門知識を活用し、皆さんの英語学習の旅をサポートし、一緒に英語を学び、新しい発見を楽しむことを楽しみにしています!

Schwa

Schwaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 4,146

Would you like to join me if you're interested? もしよかったら一緒に行かない? Would you like to join me?は、相手を何かに誘うときに使われる丁寧な表現です。例えば、食事やイベント、散歩などに一緒に行きたいときに使えます。このフレーズは相手に対して参加の意志を尋ねるもので、押し付けがましくなく、相手の意向を尊重したいというニュアンスが含まれています。ビジネスシーンやカジュアルな場面のどちらでも使えるため、非常に便利です。日本語では「一緒にどうですか?」や「ご一緒しませんか?」といった表現に近いです。 How about coming along if you're free? もしよかったら一緒に行かない? Care to tag along? もしよかったら一緒に行かない? How about coming along?はカジュアルで、友人や家族に対して使われることが多いです。提案や招待のニュアンスが強く、相手が気軽に参加を検討できる雰囲気があります。一方、「Care to tag along?」はもう少し丁寧で控えめな表現で、相手に対して遠慮がちに参加を促す場合に使用されます。例えば、ビジネスシーンやあまり親しくない人に対して使うことが多いです。どちらも「一緒に来ない?」という意味ですが、状況や関係性に応じて使い分けられます。

続きを読む

Schwa

Schwaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 7,531

It must be meant to be that we found out we're from the same hometown. 私たちが同じ地元だと分かったのは、縁があるんだな〜と思いました。 「Meant to be」は、「運命づけられた」や「そうなる運命だった」といったニュアンスを持ちます。このフレーズは、特定の出来事や人との出会いが偶然ではなく、あらかじめ決まっていたかのように感じられるときに使われます。例えば、長い間探していた仕事が見つかった時や、運命的な恋人との出会いに対して使えます。また、困難な状況が最終的に良い結果をもたらした時にも、「これは運命だった」と感じる際にこのフレーズが適しています。 I guess we were destined to cross paths, finding out we're from the same hometown. 僕たちが同じ地元出身だと分かって、縁があるんだな〜と思いました。 It feels like it was written in the stars that we would meet, especially since we're from the same hometown. 私たちが会うのは運命だったんだね、特に同じ地元出身だってわかったから。 Destined to cross pathsは、ある出来事や出会いが避けられない運命の一部であると感じる場合に使われます。例えば、長い間離れていた友人と偶然再会する状況です。"Written in the stars"は、恋愛や特別な関係が運命によって決められたと感じるロマンチックなシチュエーションに使われます。たとえば、出会った瞬間に「この人だ」と感じた場合に使います。どちらも運命を示唆しますが、前者は広範な出会いや出来事に、後者は特に恋愛や深い絆に関連します。

続きを読む

Schwa

Schwaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 4,580

Sorry for not explaining well. 説明が下手で申し訳ありません。 「Sorry for not explaining well.」は、自分の説明が不十分だったり、分かりづらかったりしたことに対して謝罪するフレーズです。例えば、プレゼンテーションや会議、メールのやり取りなどで、自分の説明が相手に伝わらなかったと感じたときに使います。シチュエーションとしては、相手が混乱している様子を見て、自分の説明が原因であると認識した場合に適しています。このフレーズを使うことで、相手に対する配慮と誠実さを示すことができます。 Sorry for the confusion. 混乱させてしまってすみません。 My apologies for any misunderstanding. 言葉足らずで申し訳ありません。 「Sorry for the confusion.」は、混乱や誤解を招いた際に使われるカジュアルな謝罪表現です。例えば、友人との会話やカジュアルなメールで使います。一方、「My apologies for any misunderstanding.」は、よりフォーマルで公式な場面で使われる謝罪表現です。例えば、ビジネスのメールや会議で誤解を招いた場合に用いられます。ニュアンスとして、前者は軽い謝罪であり、後者は丁寧で正式な謝罪を示します。

続きを読む

Schwa

Schwaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 4,347

You’re always on my mind. あなたのこと、いつも心にかけているよ。 I'm always thinking of you.は「いつもあなたのことを考えています」という意味で、相手への深い思いやりや愛情を伝える表現です。恋人や家族、友人など大切な人に対して使うことが多いです。長期間会えない時や、特別な出来事があった時、またはシンプルに日常の中で感謝や愛情を示したい時に使うと効果的です。このフレーズは相手に安心感や心のつながりを感じさせることができます。 You're always on my mind. 君のこと、いつも考えているよ。 You’re constantly in my thoughts. あなたのこと、いつも思っているよ。 You're always on my mind. は感情的でロマンチックなニュアンスが強く、恋人や親しい人に対して使うことが多いです。例えば、愛情を伝えたい時や、相手が自分にとって特別な存在であることを示したい時に使います。一方、"You’re constantly in my thoughts." はもう少しフォーマルで、友人や家族、同僚などに対しても使えるフレーズです。心配や気遣いを示す場面でよく使われ、感情的な表現よりも思いやりやサポートの意を込めたニュアンスが強いです。

続きを読む

Schwa

Schwaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 5,930

Take it easy, and remember to have fun! 気楽に行こうぜ、楽しむことも大事だからね! 「Take it easy.」は「気楽に行こう」「無理しないで」「リラックスして」という意味を持ちます。日常生活のさまざまな場面で使われるフレーズです。例えば、友人がストレスを感じている時に励ますために「Take it easy.」と言ったり、別れ際に「では、またね。Take it easy.」と使ったりします。困難な状況に直面している人に対して、心の負担を軽減させるための優しい言葉としても使えます。 No worries, enjoying the process is important too, take it easy! 心配しないで、楽しむことも大事だし、気楽に行こうぜ! Keep it chill, and remember to have fun too! 楽しむことも大事だよ、気楽に行こうぜ! No worriesは誰かが謝罪したり、感謝を示したりした際に使われることが多く、「問題ないよ」「気にしないで」という意味で使います。例えば、友達が遅れてきて「ごめん」と言った時に「No worries」と返します。一方、"Keep it chill"はリラックスした状態を保つように促す表現で、緊張している人やストレスを感じている人に対して「落ち着いて」「リラックスして」という意味で使います。例えば、試験前に緊張している友達に「Keep it chill」と言うことがあります。

続きを読む